ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークとは?

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」は、実際のマップとキャラクターを表示して、お手持ちのPCで「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」Windows®版及び「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」Windows®版(以下製品版)を動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。 また、実際の製品版と同等のキャラクタークリエイションを体験していただくことができます。

高精細なフルハイビジョン映像
画素数1280×720に加え、フルハイビジョンディスプレイの1920×1080をサポート。描き込まれたエオルゼアの世界を、より緻密な映像で楽しむことができます。

DirectX® 9とDirectX® 11の2つのバージョンを収録
お使いのPCの環境に合わせて、通常の DirectX® 9 バージョンと、より美麗なグラフィック表現が可能な DirectX® 11 バージョンの随時切り替えが可能です。
※DirectX® 11 バージョンの起動には DirectX® 9 バージョンと異なる必須環境があります。詳しくは後述の動作環境の項目をご覧ください。

新たなる種族アウラ
「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」より登場する新たな種族アウラも含めた全種族のキャラクタークリエイションが可能です。作成したキャラクターの外見データを保存して、製品版でのキャラクタークリエイションから呼び出し、引き続き編集して実際のキャラクターの作成に利用可能です。

5.1chサラウンドにも対応
音声は5.1chサラウンドに対応。映像とともに立体的かつ臨場感あるサウンドで、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」の世界を体感することができます。

マルチリンガル対応
日本語・英語・ドイツ語・フランス語に対応しています。

製品版をプレイする際、常駐ソフトや機器の組み合わせなどによって正常に動作しない場合があります。製品版をご購入いただく前に、まずはこのベンチマークソフトで動作を確認することをお勧めします。

≪ご注意≫
このソフトは体験版ではありません。製品版をプレイすることはできませんので、あらかじめご了承ください。
ダウンロードにあたっては、所定の注意事項をよくお読みになり、同意の上でご利用ください。
ページの先頭へ戻る

利用の準備

1. zipファイルをダウンロード
「同意する」を押すと、ファイルのダウンロードができます。

2. zipファイルを展開
ダウンロードしたファイルを任意の場所に展開します。
※OS標準のzipファイル展開をご利用ください。

3. exeファイルを実行
展開・保存したベンチマークソフト「ffxiv-heavensward-bench.exe」を実行します。
※表示する言語を選択し、使用許諾契約書をよくお読みになり、同意の上でご利用ください。


ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク概要
対応OS Windows® Vista / 7 / 8 / 8.1 (日本語版)
※DirectX® 9.0c (June2010) 以上がインストールされていること
※画面のサイズが横1024縦720ドット以上あること
※※このベンチマークソフトにはMac®版はございません。Mac OS®上では動作いたしません。※※
ダウンロードファイル名 ffxiv-heavensward-bench.zip
ファイルサイズ 約1.6GB
DirectX® 9.0c (June2010) がインストールされていない場合はこちらからダウンロードの上、インストールしてください。
※DirectX® 11バージョンを動作させるためには、Windows® 7 以降の64bit版Windows® OSが必要です。またDirectX® 11 のインストールの他に、お使いのPCのグラフィックカードとそのドライバーソフトがDirectX® 11 に対応している必要があります。詳しくはお使いのグラフィックカードの説明書をお読みください。DirectX® 11のダウンロードも上のリンクからお探しいただけます。

≪SLI(Scalable Link Interface)およびCF(CrossFire)の対応について≫
本ベンチマークは、NVIDIA社 SLI(Scalable Link Interface)(対応ドライバーバージョン350.12 WHQL以降)および、AMD社CrossFire(対応ドライバー Revision Number 13.9以降)に対応しています。



ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークのダウンロードページ
このソフトは、製品版の動作を保証するものではありません
このソフトを使用した際の表示がプレイの目安を満たしていても、お手持ちのPCの機器構成や常駐ソフトの組み合わせなどによって、製品版が正常に動作しない場合があります。
このソフトは、製品版の動作を保証するものではないことを、あらかじめご了承ください。
また、このソフトの動作速度と製品版の動作速度は、必ずしも一致するものではありません。参考としてご使用ください。

使用許諾契約書をよくお読みになり、同意の上でご利用ください
お手持ちのPCの機器構成、常駐ソフトの組み合わせなどによって、このソフトが正常に動作しない場合があります。
このソフトは、全てのPCで動作することを保証しておりませんので、あらかじめご了承ください。



ページの先頭へ戻る

ベンチマークソフトの利用方法

ベンチマークソフトの起動
ffxiv-heavensward-bench.exe を起動すると、最初にスプラッシュ画面が表示され、続いて使用許諾契約書が表示されます。
お使いのPCがベンチマークソフトを実行するために必要な環境を満たしていない場合、その旨のメッセージが表示されベンチマークソフトが終了することがあります。
メッセージの内容を見て画面サイズ等の環境設定を調整したり、PCが前項にて説明している実行に必要な環境を満たしているかどうか再確認してください。

使用許諾契約書
1. 使用許諾契約書はウィンドウ右上の言語切り替えメニューから、表示言語を切り替えることができます。
切り替えた言語設定は引き続き表示されるベンチマークランチャー画面やスコア表記などの言語切り替えに引き継がれます。
2. 使用許諾契約書の内容をよくお読みになり、同意いただける場合のみ【同意する】ボタンをクリックしてください。
3. 使用許諾契約書は起動時に毎回表示される初期設定となっています。このボックスをチェックして同意することにより、次回起動時から使用許諾契約書を表示せず、直接ランチャー画面を表示することもできます。

ランチャー
使用許諾契約書に同意すると、各種設定とベンチマーク計測を行うことができるランチャーが表示されます。


1. ランチャー画面とベンチマーク計測画面の表示言語を切り替えることができます。使用許諾契約書の表示の際に設定した言語設定と共有しています。スコアレポートや結果をシェアする際のテキストもここで設定した言語で出力されます。
2. 使用許諾契約書を表示します。ベンチマークソフト起動時に「表示しない」設定にした場合でも契約内容を確認できるように用意されています。
3. 


計測時のグラフィック設定・ディスプレイ設定・サウンド設定・その他ベンチマークの設定を変更する画面を表示します。
グラフィックの設定は「最高品質/高品質(デスクトップPCとノートPC向け)/標準品質(デスクトップPCとノートPC向け)」の5種から選択可能です。
DirectX® 11バージョンでは、「最高品質(DirectX® 9相当)」のプリセットがさらに追加されます。この設定は、DirectX® 9バージョンでの最高品質に相当する映像表現をDirectX® 11バージョンで再現したものです。
描画設定や影の表現など、より詳細な設定を変更可能です。グラフィック設定をプリセットから一部でも変更すると、選択中プリセット名はカスタムという名称に変更されます。
各種カスタマイズしたグラフィック設定を「マイセット」としてDirectX®バージョン別に3パターンまで保存可能です。保存したマイセットはプリセットメニューから選択できるようになります。保存時にコメントを書いておくと、プリセットから選択する際に左の説明文に表示されます。
初期化ボタンで初期化を行うと、カスタム状態の設定はプリセットに戻り、保存した各マイセットはすべて消去されます。
ディスプレイ設定における画面解像度は「1024×768/1280×720/1920×1080」の3サイズを基本として選択できます。また使用するPCの環境に応じて、選択可能な画面解像度が( )つきでドロップダウンメニュー内に表示されます。
高い描画品質や大きな画面解像度を選ぶほど、PCへの負荷が増加します。ベンチマークの計測結果を見ながら、お使いの環境での最適な設定を見つけてみましょう。
4. ベンチマークソフトを起動しているPCのWindows®のバージョン・CPU・GPUの種類が確認できます。また、これから計測するベンチマークの画面サイズ・グラフィック設定・表示モードがここに表示されます。
5. 通常はベンチマーク計測が終了するとランチャーに戻ってきますが、このボックスをチェックすると計測映像をループ再生します。
ループ再生を中断するには、マウスでウィンドウの【×】ボタンをクリックするかキーボードの【Esc】キーを押します。なお「ループ再生する」をチェックした場合、PCへの負荷軽減のために最高フレームレートが60fpsに制限され、スコア計測は行われません。
6. DirectX® 9 と DirectX® 11のどちらのバージョンで計測するかを切り替えます。
お使いのPCがDirectX® 11バージョンの動作環境を満たしていない場合、このメニューは操作できません。
グラフィック設定とディスプレイ設定はそれぞれのバージョンごとに別々に保存しておりますので、現在の設定を確認の上計測をスタートしてください。
7. クリックするとベンチマーク映像を再生して計測をスタートします。
映像の再生時間は約9分です。
8. ベンチマークソフトを終了する場合は、ウィンドウの【×】ボタンをクリックすると、終了の確認ダイアログが表示されます。【OK】をクリックすることでベンチマークソフトを終了します。
9. 
ベンチマーク計測の終了後、この場所に計測結果と日時が表示されます。
10. 
ベンチマーク計測の終了後、表示された計測結果をファイナルファンタジーXIVの公式ユーザーサイトLodestoneや各SNS(Twitter/Facebook/Google+/mixi)に投稿できます。ボタンをクリックすると、Windows®システムで設定されたウェブブラウザが起動し、投稿テキストの編集画面が表示されます。Lodestone/Twitter/mixiでは予めテキストが入力された状態になりますが、Facebook/Google+では自動的にクリップボードに転送されるテキストをご自分でペーストするか、ランチャー上に表示されるウィンドウからコピーしてください。
それぞれのSNSのアカウントは利用者ご自身で取得してください。選択したSNSへログインしないと投稿を行うことはできません。
11. 
計測終了後、PCのスペックを含む計測結果について、レポートテキストを出力できます。テキストは ffxiv-heavensward-bench.exe のあるフォルダにテキストファイルとして保存されます。
12. 「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」の公式サイトバナーです。バナー画像をクリックすると公式サイトをWindows®システムで設定されたウェブブラウザにて表示します。
13. 「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」の購入サイトバナーです。バナー画像をクリックすると購入サイトをWindows®システムで設定されたウェブブラウザにて表示します。
14. NVIDIA GAME WORKS バナーです。クリックするとNVIDIAの公式サイトをWindows®システムで設定されたウェブブラウザにて表示します。
15. ベンチマーク映像に登場させるキャラクターを保存したデータから割り当てたり、キャラクタークリエイションを呼び出すための、キャスティング画面を表示します。

ページの先頭へ戻る


スコア計測画面
スコア計測中は画面上にスコアパネルが表示され、またフレームレートグラフが表示されます。
1. 現在計測中のベンチマークの設定が表示されます。スコアは描画負荷に応じた値でカウントアップしていきます。
2. フレームレートの推移を表すグラフです。このグラフが高ければより高速な描画が行えていることになります。
3. ベンチマークソフトを起動しているPCのWindows®のバージョン・CPU・GPUの種類です。


リザルト画面
計測が終了すると結果が表示されます。
1. 最終的なスコアです。
2. ベンチマークの映像を再生するためのデータをディスクから読み込むのにかかった合計タイムです。
3. スコアに応じて8段階の評価が表示されます。スコアと評価の対応について詳しくはこのページの下部にある「計測スコアとプレイの目安について」の項目をごらんください。


キャスティング
「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」は、ベンチマークの計測だけではなく、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のキャラクタークリエイションを体験していただけます。このキャラクタークリエイションにて作成したキャラクターの外見データはお使いのPCの特定フォルダにファイルとして保存することができ、製品版でのキャラクター作成時に、保存したデータを読み込んだ上で引き続き編集可能です。
また、ベンチマーク計測映像中、竜騎士のジョブになっているミッドランダー男性のキャラクターを、ベンチマーク内蔵のキャラクタークリエイションで作成・保存したキャラクターと入れ替えて再生をすることができます。この機能をキャスティングといいます。
キャラクタークリエイションにあたり、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のサーバーへの接続やスクウェア・エニックスアカウントの認証など、オンライン接続の必要はなく、すべてオフラインにて体験していただけます。
キャラクタークリエイションで保存したデータは、ベンチマークの設定ファイルや計測スコアの保存先とは異なり、 “My Games\FINAL FANTASY XIV – A Realm Reborn (Benchmark)” フォルダにファイルが作られます。
製品版にてアウラのキャラクターを利用するためには、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」または「ファイナルファンタジーXIV オンライン」のパッケージインストールと、インストールしたパッケージに対応したプラットフォームでの「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」プレイ権が必要です。また、本ベンチマークソフトで保存した外見データは、同一PCにインストールしたWindows®版の製品版からのみ利用可能です。

1. ベンチマーク映像に登場する竜騎士役のミッドランダー男性のキャラクターを、ベンチマークソフトから保存した外見データのキャラクターと入れ替えます。元のミッドランダー男性に割り当て直すこともできます。
2. 竜騎士に自分の保存したキャラクターを割り当てた場合、その外見データの保存時に付けたコメントがここに表示されます。
3. キャラクタークリエイションを開始します。
4. ベンチマーク映像に登場する竜騎士役のキャラクターの装備を、用意された19種の装備に変更できます。

※ オリジナル配役のミッドランダー男性に対しては装備が変更できず、装備メニューは無効となります。

5. ベンチマーク映像のキャスティング設定を保存してランチャーに戻ります。
6. 設定を変更せずランチャーに戻ります。

キャラクタークリエイション
キャラクタークリエイションを開始すると、すでに保存してあるキャラクター外見データがある場合、読み込んで続きを編集するか、新規にキャラクター作成をするかを選択できます。読み込み対象データは、本ソフトウェア「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」で保存したデータだけでなく、以前公開されていた「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」で保存したデータや、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のβバージョンや製品版、ならびに「ファイナルファンタジーXIV」バージョン1.0での保存データに対応しています。

キャラクタークリエイションは、種族及び性別の選択>部族の選択>外見(LOOKS)のカスタマイズ、と進めていきます。途中でいつでも前のステップに戻ることができます。外見まで決定すると、この外見データを保存するかどうかダイアログが出てきます。保存を選ぶと保存先を決めるウィンドウが現れます。外見データの保存は全部で40体まで可能です。

計測スコアとプレイの目安について
ベンチマーク計測をスタートすると、計測動画が指定された設定のディスプレイまたはウィンドウで再生されます。映像の再生が終了するとスコアが確定します。スコアとは、お手持ちのPCで製品版を動作させた場合の性能の指標となる数値です。スコアの数値について下記に解説しますので参考にしてください。
この指標はあくまでも参考値であり、必ずしも製品版の動作を保証するものではありません。
2013年にリリースされている"新生エオルゼアキャラクター編"ベンチマークソフトでは、フレームレート(fps)を重視したスコア結果が表示されるアルゴリズムになっていましたが、最新となる本ベンチマークソフトでは、スコア表示のアルゴリズムを変更し、お使いのPCの全パフォーマンスからスコア結果を出すようになっているため、より正確なスコアが表示されるようになっております。ご使用になっているPCの性能をテストする際には、ぜひ今回リリースされました、本ベンチマークソフトをお使いください。

【7000~】 非常に快適 非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
【5000~6999】 とても快適 とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても、とても快適に動作すると思われます。
【3500~4999】 快適 快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
【2500~3499】 やや快適 標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
【2000~2499】 普通 標準的な動作が見込めます。
【1500~1999】 設定変更を推奨 ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はグラフィック設定の調整をお勧めいたします。
【1000~1499】 設定変更が必要 ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定の調整が必要で、調整により改善される可能性があります。
【1000 未満】 動作困難 動作に必要な性能を満たしていません。

ページの先頭へ戻る