キャラクター

キャラクター

  • 0

先輩ライオンさんとミスタードーナツへ行ってみた世界線、

公開
こんばんは、僕はララオス冒険者です、

金属足装備でカカトに3センチの厚底と、頭のてっぺんに寝癖の様な草髪が3センチ生えているから、そこらのララフェルよりも6センチも身長が高いです。

ところで、先日は先輩ライオンさんと、地球という星のミスタードーナツというスイーツ店に行きました。

今は1990年、ミスタードーナツはどれも100円と安価だ!

二人共、甘くて美味しそうな沢山のドーナツを前に目をキラキラ輝かせて心がトキメく。

ララフェル冒険者の自分はトングでオールドファッションを2個つまみトレーに乗せた。

お会計は…金属硬貨??キャッシレスではないのか、地球という星は文明が遅れている。

先輩ライオンさんはというと、トングは………あれ!?  ロスガルの尻尾をドーナツリングの穴にに差し込んでドーナツをつまんでいた、しかも10個、器用に動くネコ科の尻尾、凄い技だ!先輩は大きな猫だったようだ。

しかしそんな光景を観たミスタードーナツ店長さんは驚いて調理室から飛び出てきた!!!

尻尾でドーナツをつまむのは流石にいけなかった。

いあ、何かが違う、

店長さんは先輩ライオンさんとドーナツが重なるその光景を観て、とても感動というか何かを閃いたようだった。

こうして地球という星のミスタードーナツというお店にライオンをモチーフにした【ポン・デ・リング】という新型のドーナツは誕生したのだった。

ひらめきの功労者として僕と先輩ライオンさんは料金支払いは免除された、

サービスでもらったドーナツを両手に僕等はテレポでエオルゼアに帰還してドーナツを美味しく頂いた。



よかった、地球のお金を持って来なかったんだよね、実は。

おしまい。

コメント(0)
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数