キャラクター

キャラクター

Force of Nature

Fifilca Filca

Ramuh [Meteor]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

対象キャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

異聞アロアロ島零式を終えて

公開
今更ですが!



4/29に異聞アロアロ島零式をクリアしておりました!アチーブは撮り忘れちゃってェ……あと外部参照だと画像綺麗ね……
異聞Nと零式の累計で12日、のべ30時間弱でのクリアになります。
めっちゃ時間かかってるのは細かいミスがなかなか減らなかったからですね……。
その後の周回も何日かかかりまして、5/15に4周目を達成して無事固定活動終了となりました。


成し遂げてやったぜ……


今回も絶テマから引き続き賢者での参戦でしたが、私でもなんとかクリアできて安心しました。
ただ、DPS陣が軽減について具体的に要望に応じてくれたこと、タンクが直ぐ意思疎通できる身内戦士で軽減打ち合わせがしやすかった点は大きかったと思います。
(特に無敵受け可否についてすぐ情報を採り入れられたことや、防御バフの在庫不足を直ぐ教えてくれるのはありがたかった)
ヒールワークは綺麗に構築できたと思うので、ギミック対応能力の至らなさが今回の反省点です。
ともあれクリアしたうえに目標も達成できて一安心です。今回はイェーってよりかは安堵の息が漏れる。
もっと周回するのだふぃふぃるか。武器はたくさんあるぞ。


★攻略概要
○パーティ構成
 召機


カッパ(固定主)とゆかいな仲間たち


身内戦士とVC無し固定へ参加。全員が天獄零式4層踏破済み、MW最終を装備。
(DPS陣はヒラが本業のようでした。ヒラ枠くれて本当にありがとうございます……)
攻略処理はgame8基本で若干改変が含まれている、クリア時点での主流構成。
ただしブロワーの泡追い(DPSが担当)と散開ペア(戦機と賢召で固定)のみ独自処理。
自身のジョブについてはピュア火力の高さと直近の経験値から賢者を採用。
軽減の豊富さとHP戻しの強さが両立されているのもよかったです。

○進行
週3で各日2.5hほどの活動。21時開始だったのがあれやこれやで2030着→開始が常態化しました。
異聞Nは3日ほど、約7時間でクリアしました。
なので異聞零式の初クリアまでには差し引いて20時間強かかったもよう。
PT全体での主なミス要因は2ボスのアナライズがトップ。
次いで爆雷戦術:面およびダーツ&ウィール2種(ミサイルと炎)という印象でした。
異聞零式攻略期間のうち2時間ほどはアナライズ〜爆雷戦術:面の練習会が繰り広げられましたほどです。
それでもミスするんだからざまぁねえな我。


★印象的だったことと攻略のポイント
クリックして表示クリックして隠す
・迅速魔は攻撃に使う物
蘇生に使えないのでいっそ気兼ねなく攻撃に使えます。
特に運動会が多い1ボスはトキシコンだけでは足りないこともあるので重宝しました。
(普段の高難易度は誰がいつ死ぬかも分からんので使う癖がない)

・雑魚戦後は走りながらペプシスで戻せる
スプリントしながらEプロ→ペプシス→Eプロでボス部屋直行できる滑らかさは賢者ならではと思います。
絶テマといいペプシスをここまで活かす日が来るとは思いませんでした。

・ボス戦中のオートアタックは介護不要(零式も)
身内戦士や野良ナイトさん達を見た印象です。ほかのタンクだとどうなんだろう?
なお雑魚戦はやべーやつが多くさすがにケアに回ることになります。モンクとか2雑魚軍団とか。

・雑魚にも120sアビを出し惜しみをしない
雑魚とは思えないクソ痛全体アタックがぽこじゃか飛んでくるのでどんどん使います。
例えばアロアロモンク(1雑魚最後のタコ)。
DoT1人目着弾前にケーラコレとピュシスⅡとパンハイマ、3人目にはハイマ、タンク強攻撃後にイックソコレでぶわーっと戻す。
するとちょうど1ボスのバブルブロワーぐらいにパンハイマが帰ってくる。
2回目着弾の人だけ都合凹むのでそこをEディアでケアする。
あるいはアロアロキーパー(2雑魚の2体目&4体目)。
ケーラコレとイックソコレは必ず使うとして、2体目はピュシスⅡ&パンハイマ、4体目はホーリズム&ゾーエ&プネウマ。
2ボスの開幕全体、アナライズ、爆雷戦術:面にそれぞれアビが戻るよう配分。
この2種類の雑魚は本当に痛いヤバイ。

・1ボスは開幕からケーラコレを入れると3連続リキャ撃ちで軽減できる
タイダルロア→バブルネットフィーディング→ハイドロ○○全部軽減できる。たぶん。
バブルネットフィーディング詠唱中の使用ではGCDがすこし噛んでましたが、個人的にはちょっと得した気分です。

・アロアロウッドゴーレムのバインドをジャスト解除してはならない
2雑魚の1体目と3体目を担当しているほうです。
バインドを付与した対象へ直線攻撃を放つため、その詠唱中にエスナをかけるアレです。
このとき着弾後直ぐにバインドを解除するとなんと直線範囲を打たなくなります。
タンクへのオートアタック再開が早まり、異聞はまだしも異聞零式では負担が増えるので多少ずらす意識をしたほうがいいです。ちゃんとタイムライン通りに仕事しろ

・2ボスのタンク強攻撃に無敵を使うと美味しい
1回目か2回目に無敵を使うと次の詠唱までのオートアタックも含めて全て受けきれます。
どちらも次が爆雷戦術(オートアタック停止)なので落ち着いて戻せるのがありがたい。
ちなみに野良攻略した際のナイトさんはリキャストの都合もあり2雑魚で使う人が多かったです。
(何体目で使うかはまちまちですが2か4を見かけました)

・3ボスのタンク強攻撃も一応無敵受けできる
こっちはダーツ&ウィール中も殴ってくるので心持ち早めの処置をしたほうがいいですが。
最終的には最後のギミック失敗時の保険に残したいということでここでの無敵は取りやめました。

・アナライズ処理はつらい(個人の感想です)
あまりにもつらかった。
動画解説見ても解説を理解できなかったため自分で図示してパターン分けして覚えました。
リアルタイムで回転判断できるなら結構ですが、判断要素が多いのでここだけはしっかり予習した方がいいと思います……。
確認要素をフィールド自分の向き自分の頭上敵頭上自分のデバフ敵のデバフ六ヵ所に散りばめるのは本当に止めてくださいしんでしまいます。もうしんだ。
クリックして表示クリックして隠す

スマホのエクセルアプリで作られた生まれて初めてのカンペ


1.自分の安置を確認する
2.最初に攻撃を放つ球が、ボスを見たときに安置の方角に来る位置へ向かう
(2.5.走りながらケーラコレとパンハイマをばらまく。2回目アナライズはEプロで代用)
3.ボスのデバフの回転角倍数を確認する
4.ボスの魔紋砲の安置が来るほうへ移動する
5.2でいた位置と対面方向へ向かう
6.自分のデバフの回転角倍数と回転方向を確認し、回転後に安置がボスのほうを向くような方向を向く




★攻略した感想
○良かった点
クリックして表示クリックして隠す
・IDのような構成は極や零式と異なるやり応えを感じた
雑魚戦での周りに気を配りつつの処理は他に無い要素で面白かったです。
物理的に奥へ進んでいる感じも好みでした。自分の力で道を切り開いていく雰囲気といいますか……。
個人的には一番大きいポイントでもあります。

・ギミック難易度や密度は高くない
極ぐらい(個人の体感)かつ4人なので空気読み失敗でお見合い死することは8人コンテンツに比べればあまりありません。
総じて手応えはありつつも軽めに楽しめます。

・(Nのみ)全員がレイズを使える
攻略段階のヒラの心理的負担が幾何か軽いのでこれはありがたい要素でした。

・(Nのみ)ヒール難易度はほどほど
極より少しキツい程度なので気軽に高難易度ヒラを楽しめました。
相方との被りを気にしなくていいのはいっそ気が楽かもしれません。
その感覚のまま零式に行くと泣きながら矯正することになる点はちょっと手間でしたが……。
(全員がMW+天獄編零式装備まで揃えた環境なのでたまたま緩かったのかもしれない)


○微妙だった点
クリックして表示クリックして隠す
・1雑魚の竜巻が邪魔
位置取りを考えさせるギミック自体は面白いと思いますが、実際の攻撃範囲が分かりづらいためストレスを感じます。
もう少し見やすいギミックだとよかったです。

・(Nのみ)全滅リスタートで不便なタイミングがある
2雑魚で全滅した場合はスタート地点から走らされます。
IDのようにボス地点からの転送が欲しかったです。

・(零式のみ)難易度増加要素の負担がタンヒラに偏っている印象を受けた
ギミック追加や変更はなく被ダメが増えただけなのでタンヒラの手間だけが増えたように感じました。
強いて言うなら一部雑魚の詠唱速度上昇と、各ボスの一部ギミックを飛ばせない点ぐらい?
後者はノーマルだとその前に倒せるが零式は飛ばせないギミックがあり、実質増加したに等しい感じでした。(特に3ボスの2回目の惑わしの光)
追記:執筆時には失念してましたがDPSも討伐時間のズレによる調整の手間がありますね……。

・(零式のみ)報酬武器がアロアロ島というコンテンツとあまり脈絡が無いように感じる
これだけは完全に個人の愚痴です……。
報酬は元の良さを活かしたエフェクトが秀逸で違いなく素晴らしいです。
ですが他コンテンツを経由する手間とデザインの都合からアロアロ島らしさは皆無だったなと……。
傍から見てると異聞シラディハ水道零式のシルキーイヤリングとかいい塩梅に思えたのですが、地味すぎて目玉にならなかったんですかね。
なおほかにも実装に関して思う点はありましたが既にフォーラムにて意見したので割愛。


○その他毒にも薬にもならない感想
・竜巻死すべし慈悲はない
微妙だった点も参照。範囲が分かりづらいうえにスリップストリームと見間違えやすいんじゃボケ!!
(1敗)(竜巻!?って退避したら本物の竜巻に突っ込んだ)

・アナライズも許してない
これは単に私の脳が並行処理下手クソでストッパーと化していたからです。大変申し訳なかった。

・敵の火力やHP以外にノーマルと零式で微妙に違うところがある気がする……
アロアロモンクのノックバック距離とアロアロウッドゴーレムの手打ち詠唱速度。
ノックバックは変わってない気もするが手打ちはあからさますぎて笑った。

・虚空を殴ってタンクを瀕死に追い込むな
悠長に見る余裕のある2雑魚とか特に「腕ブーン→遠距離のタンクがグシャアッ」がよく見えて理不尽すぎる。
なんなら「詠唱終わったからもういいよね?」とモーションとりながらAAをかますやつもいる。
お前のことだぞアロアロウッドゴーレム最後までちゃんと手打ちしろ武士の名折れだぞ。それは手討ち

・BGMはカッコイイ
すごいいいよね。ほかの異聞もカッコいいみたいなので、異聞全体としてアレンジが秀逸なもよう。


★総括
異聞は面白かったです。ほかのコンテンツと異なる感覚であり、やりごたえと達成感はあり、かつ少人数でも挑める。
アロアロ島だけの感想になりますが、零式レイドは重たいけど極以外にも挑戦してみたい人達にはいいぐらいのギミック難易度だと思いました。でもアナライズだけはry
私自身はこの雰囲気ならほかのアナザーダンジョンにも挑戦してみたいなと感じています。
気になる人はぜひ挑戦してみてほしいです。

いっぽうで異聞零式は報酬に釣られただけで、達成感があったかというと素直には頷きづらいです。
零式や絶でさえ存在した途中の凡ミスの挽回の余地=蘇生手段が無いのはひたすらに面倒でした。
異聞零式にも蘇生手段は残して、蘇生不使用達成時のみ専用の称号が得られる……ぐらいにすれば異聞零式自体の挑戦者はいくらか増えるんじゃないでしょうか。
アロアロ島零式自体は光る武器を嬉しく思う人なら頑張っていいんじゃないかな……絶ほど楽しい感じはなかったですけど……。
ノーマルが存在するから異聞零式そのものに新鮮さとやりがいがないんですよね……。

でもまあ、



綺麗な武器が手に入ったのは確かな喜びではあります!!
固定の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました!!


余談
フレンドにRE+武器を自慢していたら通りすがりの人に武器を褒めてもらいました!
嬉しすぎてスクショ撮り忘れてログも画像も何も無いですが……カナシイ……。
あのとき褒めてくださった同鯖のララ2名様、本当にありがとうございます!
取りに行こうぜ……苦しもうぜ……
コメント(0)
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数