キャラクター

キャラクター

Blue Justice

Aji Nira

Ridill (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 1

第57回PLL 吉田P/Dの方針 2/2 【ツール編】

公開
※暇だったので文字起こし
 途中の相槌等を削ってる部分があります
 読みやすい文章にしようとすると自分の主観が混ざりそうだったのでほぼ発言そのまま



前半はこちら
第57回PLL 吉田P/Dの方針 1/2 【MOD編】


白=吉田氏
緑=モルボル氏


「でもう1個ツールの話なんですけど。
 えーと、まぁ最近、まぁ特にですね、もう漆黒の手前から漆黒にかけて、
 ま爆発的に世界中でプレイヤーの方が増えたっていうのもあって、
 こうツールっていう定義が、ものすごくバラバラ」
「うん」
「なんか『ひっくるめてツール』みたいな感じになってきているので、
 ちょっと1回踏み込んでお話しておこうかなと思ってます」
「はい」
「で、まず大前提ですけど、えーこれも良く引用されますけど、
 あのー『外部ツールの使用は禁止です』と書いてありますので。
 規約に」
「はい」
「えーもし、何かしらの外部ツールを『使ってもいいですか?』と我々は聞かれると、『ダメです』」
「はい」
「『NGです、ご使用にならないでください』、あの最悪、
 えープレイをしていただいているアカウントがえー利用停止とかね。
 そういったペナルティを受ける可能性があるので、
 えー『ご使用にならないでください』というのがえー我々の回答になります。
 ただ、このツールっていう一言がちょっと、えーとまぁ僕らエンジニアというか、
 側からするとですよ、例えば、あのDiscordって今あるじゃないですか」
「うん」
「ボイスチャットツールですよね?」
「ボイスチャットツール」
「まボイスチャットアプリケーションと言ってもいいですけど、
 『じゃツールとアプリケーションってなんだ』と言われると、明確な定義はないんですよ」
「うん」
「じゃあ、えーとXIVをプレイしながら、あー、先にパーソナルコンピューター、
 みなさんのパーソナルコンピューターに何がインストールされているかは、
 僕らは検閲する権利もなければ、ま調べる権利もないし、
 『これはインストールするな』っていう権利もないんですよ」
「そうですね」
「なぜならパーソナルコンピューターだから」
「あなたの」
「あなたの方ですから。
 でー、そこに例えばFFXIVがインストールされていて、Discordもインストールされている、
 っていう場合に、あのー『使っていいですか?』って聞かれると『うーん…』ってなるんですよ」
「うん」
「まなんかXIV別に悪影響あるわけじゃないし。
 データの改ざんされてるわけでもないし。
 ただもうさっきの理屈で言うと、『外部ツール』って思う人もいれば、
 『いや別にチャット、ボイスチャットしてるだけじゃん?』って。
 じゃあこれ、じゃあ今はPCの話をしましたけど、僕とモルボルがXIVを一緒にプレイしながら、
 電、スマートフォンを置いてここに。
 スマートフォンを置いて、あのお互いえーと、何も、スピーカーモードにして(笑)」
「ふふっ(笑)」
「『今日は会社のあれがさあ!』って」
「できますね」
「これ外部ツールなの?」
「うんそうですね、なんでしょうね、電話です」
「例えばXIVプレイしながらDiscordで遠くにいる友だちとか、
 彼女さんとかね、あの親御さんとあのー電話をしているように、
 『ありですか?』って聞かれると『別にそれはありなんじゃないですか?』って」
「そうですね」
「だから、いわゆるその広義の意味っていうのと狭義の意味?っていう、
 狭いのとはかなりニュアンスが難しい」
「はい」
「で、その理屈で言うと、ま今ACTって呼ばれるツールがひとくくりでACTと呼ばれてます。
 あのACTってなんの略かっていうとAdvanced Combat Trackerなんですけど。
 えとこれの超ベース機能、ただインストールしただけの状態って、
 えーとバトルをしているとチャットウィンドウにバトルログが流れるじゃないですか。
 あの、『モルボルはホニャララに何ダメージを与えた』みたいな。
 あの数字を、ただ足し算してるんですよ、バーって」
「うん」
「までも、改ざんはしてない、改造もしない、メモリの中も別に何ハックしてない、
 えーこう、『電卓なんですよね』って言われると」
「まぁね」
「まぁでもね、外部ツールって言われたら外部ツールなんだから、ダメですよ使ったら」
「うん」
「じゃあ仮に、ここに電卓置いてます」
「はい」
「片手でXIVしながら、すげー勢いで」
「超人が出ましたね」
「いない、ありえないけどね(笑)」
「うん(笑)」
「『どうなんすか?』って、『電卓は外部ツールですか?』って聞かれると、
 『もうわけわからないよ、聞くなよ』みたいな(笑)」
「まぁまぁまぁ(笑)」
「まぁ僕エンジニアだからわかるんですけど、例えばリアルタイムにやらない、
 バトルが全部終わった時に、Logデータってファイルで残ってるじゃないですか」
「はい」
「Logデータ開いて、Logに書かれてるテキストデータをコピーします、でExcelにペーストします。
 で僕開発者なのでExcelのマクロすごいたくさん持ってるし作るんですよ。
 で最初の内は足し算をするんですけど、数値だけ」
「はい」
「今度マクロをで組んでスタイルシートのようにして、
 Logファイル食わせたら勝手に計算してくれるようにするんですよ、だって楽だもん」
「そうですね」
「ってなってくと、もはや『Excelは外部ツールなんですか?』みたいな不毛で、
 僕は認めはしない、ダメなものはダメなので」
「はい」
「その基礎機能だとしても外部ツールなので、えーと使わないでください。
 で、その使ってることが発覚するしないに関わらず、一気に我々が急にもう、
 『全員アカウントサスペンドにします!』ってなってもそれはリスクなので、
 そこをご理解いただきたいなと、思います。
 なので、ダメです、使わないでください。
 ただ、恐ろしく、まぁこういう言い方をするのもどうかとグレーはグレーです、かなり」
「うん」
「いいですね?
 でパーソナルコンピューターの中に何がインストールされているかは僕らはわかりません。
 でー例えば、僕が一番嫌なのは、あの通報があってみたいな不毛な戦いになるのが嫌なんですよ」
「そうですね」
「あのー、『あの人は使ってます』、なんでこう、
 『僕だけペナルティを受けてなんであいつはいいんですか』みたいな。
 ゲームはそういうものじゃないと思うんで、
 あのーまぁ『吉田はダメだって言ってるんだから使わなきゃいいんじゃない?』
 っていう風にして欲しいんですよ。
 で僕あのよく『線引きして欲しい』ってお声も頂くんですけど、
 果てがないんです、さっき言ったように」
「そうですね」
「なので、であとね、『だったらいっそ全部禁止しろ』って言うんですよ、
 まぁ今ちょっとコメントでもあったんですけど、『全部ってなんですか』ってね。
 さっき言ったようにお使いのPCに何が入ってるのかはわからないので」
「そうですね、わからないしわかろうとすることも意味がない」
「意味がない、できないですし、それこそ『個人情報の覗き見か?』って話になっちゃうので。
 じゃあマウスも使えないし、『マウスに5つボタンついてるのはツールじゃないのか』
 って言われちゃうと」
「そうですね」
「どうにもならない、で、まこの話をすると『じゃあもうなんか公式で実装しろよ』って出るんすよ、
 だから実装しないって言ってるじゃないですか、これは」
「ふふふ、そうそう」
「それとこれとは別問題ですよね。
 はい、別問題です、絶対に荒れるので」
「うん」
「間違いなく荒れるんです。
 あの『そんなことはない、自己研鑽だ』っておっしゃる方いるんですけど、
 パーティー募集に出ますよ。
 『この数字を証明できる人のみ参加してください』」
「うん」
「絶対やらないです」
「これも一貫して同じことを言ってますけど、公式にはやりません」
「だってとあるゲームでですけど、あのダンジョンに入った瞬間にスコア出るゲームとかあるんすよ?
 これ、ホントに。
 でそれがドクロになってたりするわけです、数字出るだけだったらまだいいでしょ?
 いいけど、この数字をアイコンに置換えるっていうのがあって、
 ドクロ、もうその時点でキックされるわけですよ」
「そうですねもう道は決まってますよね」
「だって久しぶりに復帰したんですよ僕、
 そりゃアイテムレベルもそんなに上がってないししょうがないやん。
 だけど、そうなっちゃうんですよ。
 これはあの性善説とか性悪説じゃなくて、どうしてもやっぱり人って効率を求め始めるので。
 あの、そんなゲーム楽しくないんですよ僕。
 だからさっきも言いましたけど、そのツールはダメです、
 でまぁこっそり使ってる人がいたとします、仮にね、
 こっそり使ってる人がいました、でこの人、
 自己研鑽だと思って自分で自己リスクでやってるのかもしれないですけど、
 たまたまそこに他人の数値も出ていて、これもなんか貼り付けましたネットに、
 そう『なんとなく頭に来た』みたいに。
 これ、なんかツールを使ってる使ってない以前の問題に、で、あのハラスメントですからね。
 『この人の火力が非常に低かったので大変でした』みたいな、
 それはもうハラスメントでペナルティですからね。
「そうそう、あのここのポイントが結構大事で、
 で最初に吉田さんがおっしゃったMODのくだりと実は議論ちょっと似ていて、
 えっとパブリックの場所でエロをばらまいたらその時点でダメだしMODが云々じゃない」

「ない」
「って言ってるのと実は同じで、たまたま画面に見えた数字でもって、
 よその人を、攻撃に使ったり貶めたりする。
 そこがダメで、それはハラスメントですよって言ってるので、
 あのペナルティを受けるという構図ですから。
 ポイン、問題は実はそういうとこですよって」

「まぁ、考えたらわかると思うんですけどね。
 はい、であとはそのね、『動画でこの人使ってます!』というご報告をいただくんですけど、
 ぶっちゃけわかんないんですよ、まぁそう見えますよ、動作上は」
「そうですね」
「でも、これCPUの温度を出してる、
 『見た目をこんな感じにしてるだけで僕自分のPCの温度出してるだけです』みたいに言われると、
 もはや『どうすりゃいいんだよ!』って、『PC回収して調査させろ』ってわけにもいかんし。
「そうですね」
「でさっきも言ったようにやっぱりその単純にPC側に送られてくる情報を、まぁ電卓叩いてると、
 サーバーに何かがあるわけじゃないから追跡もできないんですよね僕ら。
 でXIVクライアントになんかスパイウェアみたいなの仕込んで、
 その人がなんのアプリを立ち上げてるかみたいな調査やったら僕らが訴えられるので、はい」
「そう、だから、そうなんですよ、みなさんまぁ、なんだろう。
 禁止を声高に言う方々にはなかなか理解していただけないですけど、
 画面の端になんかちょっと『それっぽいのが映ったろ!』といったので、
 そうだとみなさんが思うのは実は自由ですけど、
 我々その運営者がそれを元に何かしようと思った時に、
 『なんかそれっぽいもの見えましたねー』ではさすがになにもできない、ことでもありますから。
 そうなってくると、それを本当に何かしようと思うと、
 『え、覗き見るんですか?』って話になったりするとそうはいかない、と」

「で次に、これまだちょっともうちょっとだけすみません続くんですけど。
 今言ってるそのACTって、プラグインを入れるっていう機能があって、拡張できるんですね」
「はい」
「でこの拡張ってそのACT本体の機能ではなくて、さらに第三者が何か追加機能を作ってるんですよ。
 で、これはゲームバランスを壊したりとかメモリの中身を覗いておかしなことをやったりとか、
 えー、けっこう僕らからしたらより悪質なものがあります。
 で、これらに関しては、えーとより深刻なので、これらは証拠が見つかり次第、
 えーまぁペナルティが発生するリスクが非常に高いと思ってください、もう。
 あと我々の方としても、あのー対策を実はもう4.xぐらいから始めてたんですけど、
 あのー、一部ま皆さんにはヒントになっちゃうから言ってないんですけど、
 一部コンテンツでアクション、あのサーバーから送られてくるアクションを暗号化して、
 そう簡単にトリガーにできないようなことをやってます。
 でまぁツールというかプラグインを作ってる人たちがどう反応するのかとかをちょっと見ていて、
 まぁ色々手法はさらに変えていくので、えーと、止めていただきたいです。
 僕らゲームバランス難易度に対してリワードを設定しているので、えーと止めていただきたいです。
 で、これもですね、えーとま2つあって」
「はい」
「1つは、えーとね、わかりやすい例を言いますよ。
 絶アレキのワールドファーストレースをやってる時に、
 あのマーカーが、いきなりこうバトル中に、
 ポジションにバッて一気に置かれるのを見た方いると思うんですけど」
「ちょっと話題になりましたね」
「あの存在、僕もあれで初めて知ったんですよ、『あ、こんなツールまであるんだ』と思って。
 で、ただあれ、えーと今普通にみなさんもバトル中、マーカー置き直しってできるじゃないですか」
「はい」
「で、その置き直すっていうのって、えっと例えばモルボルが今置き直そうとした場合、
 モルボルのPCとかから、『この座標にこのマーカーを置いてください』
 ってのがサーバーに連絡が来て、サーバーが『わかりましたー』って置くんですけど、
 それを、なんていうの、超高速にやってる、決めた場所に」
「超人の領域のやつですね」
「だからサーバー側では一応正しいパケット・命令として送られてきてるんですけど、
 あれでもXIVのクライアントに『この命令をサーバーへ送れ』っていう風に、
 こう、なんていうんですか、命令を仲介してるんですね」
「はい」
「なのでパケット的には正しいので捕まえにくい、というか捕まえられないんですけど、
 やってることは酷いので、えーと止めていただきたい、
 で、えっともう対処しちゃおうと思ってます」
「はい」
「で、これ1個1個の機能を潰していくと、もう本当にいたちごっこになるんですね。
 また次のツールが出てくるだけ、これ」
「たしかにそうですね」
「で、次のツールを僕らもダウンロードして、中身を見て。
 何やってんだこれって、で、そんなことにずっとプログラマーのコストを使ってると、
 『もうコンテンツ実装しろよ!いいから!』ってなるんですよ」
「そうですね」
「なので、これはもう対策をします、もう根本的に。
 これは一例なので、あとで実機があるのでどういうことをしたかはこれから実機を使って説明します」
「お願いします」
「最後に、最後に、その前にもう1個だけ」
「もう1つ」
「えーとあのこれも絶アレキサンダーなんですけど、アレキの不可視の攻撃、
 つまりあの攻撃範囲が見えない、っていうものを、
 強引に、はい、なに、表示するっていうツールが最近出てたんですよ。
 で、これね結構あの人によって、『深刻だぞ!これは!全てのアクションが!』」
「見えちゃう」
「『見えるじゃないか!』ってなってるんですけど、違うんですよあれ。
 強引にあの技だけグラフィックデータ作って、『このアクションが来たらこれを表示する』って」
「あっ」
「『マジかよ…この技だけのために作ってあるここ』みたいな」
「へぇー」
「あの、だからプログラムを改変してるとか、ハッキングしてなんか可視命令を、
 あ、不可視命令を可視にしてるとかそういうことじゃないんですよ」
「なるほど」
「もうびっくりして」
「じゃあ頑張って半透明の扇型を書いて」
「そうです」
「重ねてってことをやってる…すごい…すごい努力ですね、感心してる場合じゃないけど」
「そうだから当たり判定にちょうど合う…何やってんだろう…。
 だから、深刻かって言われると、そのXIVのゲーム性が全部脅かされるようなツールじゃない。
 結構もう根性で作られてるみたいな」
「はいはいはい」
「だから例えば今回あのー覚醒編じゃないや共鳴編が出て、
 『あれがあるから何でも見えるようになるか?』って言うとそういうことじゃない」
「はい」
「なんか5週間とかするともしかしたらその技毎に、でもあれはもう最悪で、
 もうデータ改変なのである意味、その技だけだけどね。
 なので、もう真っ黒なのでもうあれは使っているのを確認したらもう即ペナルティにします。
 だから、一口にツールって言っても、その、自分がまぁ便利に、便利になるもの」
「はい」
「も、と、中身を見て『ここをちょっとこうして欲しいな』、こう、なんだ。
 製作をする時にさ、ボタンを5回押すのをさ、連射ボタンで押してるようなことをやるツールと、
 今言ったようにあまりにもゲームバランスを壊すほど便利にしてしまったり、
 ゲームの難易度を壊すようなもう特定の技を避けやすくするみたいなやつはありえないので、
 もうそれらはとにかくできないようにしていくし、
 そういうものをあの使ったり広めようとしてるのを見つけたらペナルティが課されると、
 あのより強くお伝えしておくので。
 まぁここらへんはね、あのーできるだけこうみんなに楽しく遊んでもらいたいので、
 めちゃくちゃするまで触れないで置こうと思っていたんですが、そろそろちゃんと1回あの明確に、
 まぁある程度明確にお話しておいたほうがいいかなということで、お伝えします。
 まぁなかなかあのオンラインゲームの運営でここまで踏み込まないとは普通思うんですけど、
 いいですか? すいません」
「そうですね、で今コメントにありましたけど、
 えーと『いたちごっこはどうせ終わらないんじゃないですか』
 というコメントがありましたが終わらないです」

「終わらないですよ、いたちごっこって言葉は終わらないからいたちごっこなんです。
 まぁなので、で、じゃあさっきのマーカーを例にとって、どうするかをちょっとお見せします」
「はい」

(マーカー自動設置機能の実機解説)

「なので、まちょっとまとめるとですね、そのまぁツール、
 個別のツールに対していたちごっこをするというよりは、
 もうそもそも、あのそういうことができない作りに、あの変える部分は変える、
 ただし、利便性が落ちるということを避けるために、
 むしろ利便性をこう上げられるアイデアを我々も出しながら、
 えっとそういったことをしなくても、
 あの、遊べるようにしていくっていうことを目指していきたい」
「はい」
「そうすると、こういたちごっこにもならないし、あのーこう、
 『あれを使ってます』とか『これはいいんですかダメなんですか』
 ってなりにくくなると思ってるので、
 あのーまそういう方向で頑張っていこうかなと思ってます。
 まなかなかちょっとほんとこういう話題触れにくいし、
 正直いうと僕もあんまり触れたくはないです。
 あの、やっぱりどうしてもこう言葉尻を、その、だけを取られる場合もあるので、
 ただ、あの、こういうことを理解される方が一人でも多く増えていった方が、
 結果健全に楽しくゲームを遊べると思っているので。
 すみません長くなりましたが、僕らの望みはとにかく、あのー、
 まだるっこしいことを考えずに楽しくゲームを遊んでもらえることだし、
 僕らもやっぱり楽しく作っていきたいっていうのがあるので、
 まこれからもですね、楽しく一緒にXIVをさらにね、
 拡大して、みなさんと一緒にいければと思ってます。
 是非、あのこういう方針でいきますんでよろしくお願いします。」
「はい、でMODを使おうが使うまいが、ツールを使おうが使うまいが、
 FFXIVを使って他人を攻撃したらダメですよということは変わりません。」


コメント(1)

Albel Abend

Valefor (Gaia)

文字起こしお疲れ様です。
Modツール利用者はこの文章、あるいはPLL本編開始1時間を何十回と読み返してもらいたい。
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数