キャラクター

キャラクター

Shannon Hartley

the Azure and Omega

Asura (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

エデン零式再生4層 ダイヤモンドダスト ヒールワーク解説

公開
再生4層、ヒーラーにとっての最初の難関はダイヤモンドダストフェーズ(以後DD)だと思います。
ヒールだけでなくギミックの安定化もなかなか難しいフェーズです。
消化段階でもワイプの多くはDDかライオンです。

DDフェーズでのヒールを安定させる為には
開幕のジャンクション~DDまでのヒール安定化が不可欠です。
なぜなら、ここでどのようなヒールをするかでDD中のヒールリソースの分配がほぼ決定するからです。

DDが安定すれば4層前半の中盤以降の練習が捗ります。
野良においてはDDが安定するかどうかが4層の全てといっても過言ではありません。
ヒーラーにとっては相方ヒーラーとのお見合いフェーズともいえます。

この記事ではタイタンフェーズが始まるまでのTLとおすすめヒールの紹介。
その考え方と、相方が薄かった場合のカバーのポイントとその方法を紹介します。
主に全体ヒールに対する考察ですので、AAについては省略します。


■ カウント中
 カウント13秒前からできる限り厚いバリアを張ります。

<学者>
 15秒前セラフィム召喚
 コンソレ
 鼓舞展開

<ノクタ占>
 ダイアにしておく
 ニュートラルセクト、ホロスコープ
 アスヘリ
 ノクタに変更
 アスヘリ
 ※こうすることで300+300の600バリアを付与できます。

<ダイア占>
 ニュートラルセクト、ホロスコープ
 アスヘリ
 ※ダイアの場合はノクタアスヘリは不要、鼓舞を上書きしてしまう為

<占共通>
 ホロスコープはなるべく早く使ってリキャをまわしておきます。(15秒より前が理想)
 4秒前の表示でアーサリースターを置きましょう。(マレフィキウム後に自動発動)



■ 開幕~天罰の波動まで

:開幕のディアでアサイズを入れましょう。
  これは大事なことで、温存する必要はありません。
  アサイズをリキャで回すと、4回目が135秒後に帰ってきます。
  これは、DDのノックバックダメージの直後です。
  DDのノックバックと氷突進の間にアサイズを打てるかどうかが大事なポイントになります。


0:17 マレフィキウム

:まだ焦る時ではありません、相方のヒールを信じてグレアを打ちましょう。
  アサイラムはまだ置いてはいけません

:仕込んでおいたアーサリースターとホロスコープヘリオスが発動します。
  事前の厚いバリアと2つのヒールでほぼ全回復になっているはずです。

:ここで囁きを使って戻そうと思っていますね?ちょっと待ってください
  囁きをオーバーヒールさせないタイミングで使うことを考えてみてください。
  つまり、HPが戻りきってHOTの回復が0にならない事が重要です。
  ヒール面だけで言うのであれば理想は次のような使い方です
  ・囁きのHOTで次のダメージ(0:44)を耐えれるラインまで戻る
  ・次のダメージ(0:44)を受けた後もHOTが残っている
  先に言うと、次の囁きはDD着弾後(1:48)に回します。
  ただし実際には転化のタイミングとの兼ね合いがあるため
  自分のプレイスタイルと相談してください。


0:30 ジャンクション:シヴァorタイタン
★POINT
 ジャンクションの攻撃(散開or頭割)は2回あり
 その2回の間隔は0:44と0:57で約13秒です。
 つまり0:43に入れた陣は0:58まで持つし
 (実際は最終付与から5秒なので0:43設置なら1:00~1:03まで持続)
 20秒軽減が持続するテンパランスや運命の輪(ノクタ)は両方カバーできます。
 ※テンパをこのタイミングでロス無く使うのは難しいですが、食い込ませたとしても強い使い方です。


0:35~0:40 悦楽の手の詠唱
《ジャンクション攻撃への事前軽減》
:運命の輪を入れましょう。
  悦楽の手の安置で固まっているはずです。
  たまに漏れる位置にいる遠隔もいるので注意。
  漏れた場合はディグや交差を入れればいいです。
  これは、ノクタ、ダイア問わずに入れて構いません。
  ノクタの場合は20秒の軽減で2回分の攻撃を軽減しますし
  ダイアの場合は1回目の軽減とダメージの後に走るHOTが軽減に値します。
  つまり、1回の10%軽減が回復威力200相当だとするなら、2回の軽減で400です。
  ということは、0:40のタイミングで付与するダイアの輪は1回の軽減が可能で200
  ダメージの後に2Tick以上の回復が発生すれば、合計400以上になるわけです。

:悦楽の手の詠唱完了に合わせて陣
  上手くいけば、2回のジャンクション攻撃の軽減と高いHOT回復が期待できます。
  この陣は、はなつにラムウが含まれる場合、効力が弱まりますが
  士気を打つよりはマシです。
  士気は回復効果225のバリアしかありませんが、陣の場合は軽減だけで回復威力200相当
  その後にHOTが1Tickでも入れば士気よりも高い回復アクションだといえます。
  理想は2回分の攻撃軽減と、300~400のHOT回復が入ることです。
  COME ON TITAN!!


0:44 アイスストーン(散開)or 大地の重圧(頭割)
 おおよそ軽減がまともなら9万~10万程度のダメージ
 最大HPが12万の昨今において、次のジャンクション攻撃を耐えるのに必要なヒールは
 おおよそ6万~8万=回復威力1200~1600

:ラプチャー、アサイズ、テンパランス(回復威力換算で約700~900)
  これは自分の場合ですが、テンパランスはここで使います。
  DDに温存するのも良いと思います。
  自分がここでテンパランスをする理由は、タイタンフェーズの軽減とヒールブーストの為です。
  軽減量とヒールバフの恩恵はタイタンフェーズのほうが大きいと思っている為です。
  また、1回しか軽減出来ないという点では、30秒のディアで使っても良いでしょう
  そちらの場合は1回目の軽減と45秒のラプチャーに20%の上乗せが可能です。

:星天対抗、ホロスコープ(回復威力換算で約700~)
  カウント中に使用したホロスコープが戻っているはずです。
  相方が薄いと思ったら次のような段階でヒールを厚くしましょう
  1. 素のホロスコープを足す +200
  2. ホロスコープを入れてアスヘリを足すがホロスコープヘリオスは温存 +200~450
  3. ホロスコープを入れてアスヘリを足してホロスコープヘリオスも割る +600~850

:(秘策)不屈、フェイブレ(600~)
  数値上弱く見えますが、ディレイ囁きの残りHOTや陣の残りHOTがあるはずです。
  ただし、次の安置パターンによっては陣の効力を発揮できない場合があります。
  そのときはおとなしく士気を足して安定を取ります。
  秘策は、40秒の陣を置くタイミングで一緒に使ってバフを付けておくのも良いでしょう
  そうすれば、DD中のノックバック前には戻ってきます。

 各ジョブが回復威力700相当の回復を行い
 軽減状況が健全であれば、GCDヒールはここまで不要です。
 しかし、軽減が弱かったり相方のヒールワークが弱ければ
 2回目のジャンクション攻撃の前にヒールを足すかどうかの判断が必要です。
 ですが、この間わずか13秒で安置への移動もあり忙しいんですよねぇ・・・


0:57 アイスストーン(散開)or 大地の重圧(頭割)

 ジャンクション攻撃終了後

:1分のディアでアサイラムを置きましょう
  ここのアサイラムは最強です。
  次のマレフィキウムまでにほぼ完走します。
  アサイラムのヒールバフは
  召のフェニックスのHOT
  占の仕込んでおいたホロスコープや1分のアーサリースター
  学の陣のHOT
  およびバリアヒール
  に作用します

:2回目のアーサリースターの設置は少しずらす
  2回目のアーサリーは1分のコンバガ更新以降にずらします。
  そうすることで、1:22のマレフィキウムの前後どちらにも対応できるようにします。
  マレフィキウムまでにHPが戻るのであればマレフィキウムの後に割ります。



■ 天罰の波動~DD着弾まで

1:10 天罰の波動
1:12 天罰の波動


:無敵受けが多いと思うのでベネで終了です。
  自分の場合はラプチャーで全体を戻しつつベネを打ちます。

:PTに白が居ない場合のリビデ戻し
  天罰の波動1回目でウォーキングデッドになると思うのでディグ
  天罰の波動2回目でもう一回ディグ
  アーサリースターのステラエクスプロージョン
  仕込んでおいたホロスコープヘリオス
  星天交差
  これだけあれば一人でも戻せます。
  シナストリーでベネフィラを打つくらいなら
  0:45のホロスコープにアスヘリを入れて育てておきましょう

:タンクの強攻撃に関してはやる事はないでしょう
  0:40に陣をおいている場合、1:10にはリキャストが明けるはずです。
  その場合リキャ即で置けば、1:22のマレフィキウムの軽減が出来ます。
  マレフィキウムに士気を打つくらいなら、ここで陣を置くことをオススメします。
  相方のヒールによっては陣のHOTが刺さります。
  4Tick400以上の回復、10%の軽減、士気をはるかに凌駕します。
  陣のHOTが無駄になりそうでもリキャで置くことを推奨します。
  理由はリキャで置かないと、DD着弾に戻ってこない為です。

  ★注意点:囁きは使わない!★
  囁きはDD着弾後に使います!絶対に使ってはいけません。


1:22 マレフィキウム

:ディア、アサイズ
  1:30頃にアサイズが戻るはずなので、ディアの更新とあわせてアサイズ
  DDまでにHPが戻ってなければヒールを足しますが、メディカラのHOTを走らせる猶予はないはずなので
  どうせ1手足すならDD直前まで様子を見ながら、ケアルガで良いでしょう。

:マレフィキウムの後にアーサリーを割れるかどうかでヒールワークが変わってきます。
  実はマレフィキウムの前にアーサリーを割らなければならない状況なら
  その前にホロスコープを育てる為にアスヘリを打ったほうが良い・・・と
  実は複雑な事情があります

  結論を言うなら、マレフィキウムの後にアーサリーが割れる
  DD着弾までにHPが殆ど戻るのであれば、特に何もする事はありません。

  DDの軽減が弱い場合、ノクタであればアスヘリを入れましょう。
  後述しますが、ノクタもダイアもDD着弾に輪がありHPが満タンでPT軽減がまともなら
  DD着弾自体に事前バリアは無くてもよいです。
  ただし野良などで安定を取るなら入れましょう、という感じです。

まだです。まだ囁きを使ってはいけません。
  マレフィキウムの戻しには不屈を使いまいましょう。
  陣は軽減で使っているはずです。
  次に不屈が必要なタイミングから逆算します。
  ずばり、DDのノックバック前後(2:18)なので1:48からは不屈が使えません。
  つまりDD着弾~は使えないということです。

  ・DDまでにHPが戻る
  ・陣を置く
  ・PT軽減がまとも

  この3つの条件がそろえばDD着弾に士気は不要です。
  占の時と同様に、PT軽減に不安があれば士気を足します。
  つまり、回復アクションの優先度としてここは不屈>士気となります。



■ DD着弾~マレフィキウムまで

《DD着弾前の軽減》
:運命の輪(ノクタ/ダイア)
  +ノクタアスヘリ(戻りが弱い/PT軽減が薄ければ)
:野戦治療の陣
  +士気高揚の策(戻りが弱い/PT軽減が薄ければ)
:お祈り


1:48 ダイヤモンドダスト

:頭割の安置に滑る前にメディカラを入れます。
  1:50~2:05程度までHOTが走ります。
  つまりDD+頭割のダメージに対してHOTが作用します。
  相方のヒールやPT軽減によってはケアルガを入れてHPを戻します。
  信じられないかもしれませんがケアルガを2回入れないと戻らないPTが存在します。

:ノクタの場合ここでニュートラルを使います。
  ニュートラルを使う場合できるだけ後の方で使いましょう。(氷柱後のアスヘリに乗せたい為)
  0:45のホロスコープを使えていれば、ここで使用しアスヘリで育てます。
  頭割の安置に滑る前にアスヘリを入れます。
  ダイアの場合は星天対抗も入れて良いでしょう。
  ただ、忙しいので2:10位でも良い。(そっちも忙しいが...)
  メディカラ同様1:50~2:05程度までHOTが走ります。
  つまりDD+頭割のダメージに対してHOTが作用します。
  ★POINT
  1:50着弾のアスヘリでホロスコープが育った場合
  ホロスコープヘリオスの自動起動は2:20です。
  つまり、2:22激突(氷の突進)の前にどんぴしゃです。
  ただし、カウント15だと仕込が難しい...

:DDのダメージにカウンターで士気を入れます。
  頭割の安置に滑る前に光の囁きを入れます。
  メディカラ同様1:50~2:11程度までHOTが走ります。
  つまりDD+頭割のダメージに対してHOTが作用します。

 このDDのダメージに対してHOTを付与するという事がとても強いのです。
 氷を滑って分断されてしまうとヒールが届かなくなる為です。
 ヒール不足が原因で死ぬ要因の一つが、DD着弾~頭割~氷柱までの戻しが弱く、
 氷柱のダメージで死ぬか、その次の落氷衝撃(ノックバック)までにHPを戻せず、
 ダメージで死ぬかです。

 この2つの問題に対して、DD着弾後からHOTを入れておくことで対応します。
 もしこれでも弱い場合は、4人にしか入らないヒールを必死に増やすか
 氷柱後に中央でヒールを増やすかになります。


2:00 アイスフロー(頭割)

 分断されている為、ここで範囲ヒールを増やしても、片側しかケアできない
 出来ればここでヒールを増やす必要が無い状況を作るのが理想

2:06 氷柱(散開)

 このダメージで死ぬ状況だけは避けたい
 もし死ぬのであれば、DD着弾後に確実にHP満タンまで戻す。
 ちなみに、この氷柱のダメージは物理なのでヒーラーとキャスが落ちやすい。
 氷柱後、中央を経由して安置へ

:中央で1発グレアを打ってからインゲンを使って安置へ
  もし、HPの減りが大きければグレアをメディカラに変更
  中央の予兆が消えたら、中央に入りながらラプチャー+堅実魔+迅速魔(次はメディカラ)
  ここでインゲン+ラプチャーを落氷衝撃の前に入れて確実にHPを戻します。
  ★POINT
  インゲンは安置に入る直前のGCDで入れる(自分はミゼリ+インゲン)
  タイミング的には2:10~12の間
  こうすることで、インゲンが2:20まで持続するので
  落氷衝撃(2:18)に対するカウンターヒールまでインゲンが乗ります。

:ダイアの場合、ここでニュートラルを使用
  ライスピを使いながら中央により、アスヘリでバリア付与とディビネーション
  ノクタの場合、DD着弾後に入れたニュートラルが切れる寸前なので
  中央に駆け込みアスヘリをまず入れましょう。
  アスヘリと一緒に星天対抗を入れます。
  これは、ノクタ/ダイア共通で、理由は後に書きます。
  アーサリーもここで置きます。
  アーサリーはマレフィキウム前の戻しで使います。

:中央で士気、コンソレ
  DD中に秘策を使うのであれば、士気に使うのが良いと思います。
  理由は消費MPが0になるので、どうせ使うなら不屈よりお得です。
  0:40で秘策を使っていれば、2:10位に戻ってきます。
   ルインラ、セラフィム、秘策で中央による
   中央で士気
   ルインラ、コンソレで安置に移動とか
  秘策のリキャがちょっと不安だけど
  間に合わなければ、次の不屈で使いましょう

★POINT
 大事なのは、落氷衝撃までにHPを満タンまで戻すつもりでヒールすることです。
 HP満タン+バリア付与の状況で落氷衝撃を受けられるかどうか
 これによって、続く差込ヒールの難易度が変わってきます。
 落氷衝撃の後に差し込むから大丈夫だろう、と思っていると
 落氷衝撃のダメージで死人が出ることが結構あります。
 ヒーラー本人はヒールする気満々だったのに準備を怠ってしまったんですね。
 残念ながら、ここのヒールポイントは、落氷衝撃の前にしっかり戻すことです。


2:18 落氷衝撃(ノックバック)

 落氷衝撃の後は、たった4秒の間に瞬間的に凹んだHPを戻す必要があります。
 使えるGCDは1つのみと思ったほうが良いです。
 詠唱ヒールは無理だと思ったほうがいいです。
 ヒールをして自分も氷の線を延ばす必要があるためですね。
 そこで取れる手段は
 ・InstantのGCDヒール(迅速)
 ・アビリティ
 のみで、特に即時発動するアビリティが重要です。

:仕込んでおいたインゲンと迅速メディカラ+アサイズ
  直前のラプチャーで堅実+迅速
  からのメディカラとアサイズの差込
  落氷衝撃の前にしっかり戻すムーブと差し込むムーブを一気にこなしながら
  2GCDのInstantを利用して氷の線を延ばせます。
  個人的に20mヒールの利点を生かした漏れずらくて動きやすくロスが出づらい

:ライスピ中、アスヘリとホロスコの起動を落氷衝撃の後に差し込みます。

:不屈とコンソレを落氷衝撃の後に差し込みます。
  ここの不屈に秘策を使っても良いと思います。
  迅速があれば士気を足すことも出来ます。


2:22 激突(氷の突進)

:丁度リリーが溜まるのでラプチャーを使って中央によりましょう。
  ギリギリなので相方が不安でヒールを足すかもしれませんw
  2:30にアサイラムが上がるはずですので即置きましょう。
  ラプチャー、アサイラム
  相方のヒールに漏れていたら自分にテトラという最終奥義もあります。
  ここの移動、ほんとしんどい。

:仕込んでおいたアーサリースターで戻します。
  戻しが弱かったらアスヘリを足しましょう。

:陣を置いて士気、フェイブレをするくらいしか出来ない
  3分の大地の怒りにはもう一度陣が置けるので、早めに置いてHOTを走らせましょう
  なるべく早く置くことで、大地の怒り前にも早置きHOTで戻しに使えます。


2:36 マレフィキウム


この後、タイタンフェーズになります。
タイタンフェーズはとりあえずヒールを足しておけば安定します。
中盤以降はヒールで難しい場面はないでしょう。
TLを覚えてしまえば判りやすいつくりになっていると思います。
ライオンフェーズもメザーアイ前後の戻しに注意するくらいです。

まずはDD安定が何よりも大事です!

毎度長文で申し訳ないですが、誰かの役に立てたら幸いです。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数