キャラクター

キャラクター

Ray Shimotsuki

the Blue

Pandaemonium (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

【パッチ5.2】赤魔道士個人的スキル回し【概要編】

公開
1.はじめに
前回のスキル回し解説日記を書いたパッチ5.05時点からパッチ5.2までの間に、赤魔にはいくつかの修正がありました。それに伴い、スキル回しも変わってきています。そのため、パッチ5.2で新たな零式が始まったことですし、現在の私のスキル回しを改めて解説しようかなと思い、筆をとりました。

ただ、タイトルにある通り、本日記の内容はスキル回しの概要編であり、結果と簡単な説明しか書いてありません。本日記に書いてあるスキル回しで「なんでそうなったの?」と思われそうなところで説明が長くあるところは、詳細説明編にその詳細を書きましたので、興味がある方はそちらを参照していただければと思います。
(なんでこうなったかと言うと、書きたいことをつらつらと書いていった結果、文量がとんでもないことになっていったのですよね…。反省_(:3」∠)_)

【注意!!】
この日記の内容は、あくまで私個人が考えているスキル回しであり、間違っている可能性もあれば、もっと良いスキル回しもあるかもしれません。そのあたりをご了承の上、この日記を読んでいただければと思います。また、赤魔の火力詰めの話が主になるので、日記内容は中級~上級者向けになります。


2.基本のスキル回し
まず、赤魔をする上で基本のスキル回しについてです。赤魔はprocの都合上、火力を突き詰めるためにはその場その場で「最適」を選択し続けるアドリブ力がとても重要です。

では、その「最適」とは何か。
本日記では、「ウェポンスキルの最適」、「インスタントスキルの最適」の2つの切り口で、赤魔の最適なスキル回しを説明していきます。

※なお、文量が長めの部分は隠しています。

2-1.ウェポンスキルの最適
クリックして表示クリックして隠す

大前提にあることは「ジョルラの使用回数を最小限にする」ということです。(当たり前ですが、GCDを腐らせないのはもちろん前提中の前提です。)
そして、ジョルラの使用回数を最小限にするために(私個人的に)必要なことが、以下の5点です。

・(開幕を除いて)ヴァルサンダーとヴァルエアロを詠唱しない
・ヴァルストーンとヴァルファイアはprocしたら必ず使う
・procがないときは迅速魔を積極的に使う
・アクセラレーションを基本的にリキャストごとに使う
・ヴァルホーリーとヴァルフレアのprocチャンスを必ず活かす

1つ目と2つ目については特に解説不要でしょう。3つ目はと4つ目については、「2-2.インスタントスキルの最適」で説明します。

5つ目については少し説明します。
ヴァルホーリーとヴァルフレアは、適切に使用すれば、procを発動させることができます。
では、ここでいう「適切に使用する」とは何かをどういうことかを、以下の画像で示します。



ポイントは、本来ならここでは「WMがBMより少ないときにヴァルホーリーを選び、その逆ならヴァルフレアを選ぶ」というセオリーが存在しますが、必ずしもそれにのっからないことです。
上記のセオリーにのっかれば確定procをもらえますが、元々procしていた場合は意味がありませんし、それによってマナが溢れてしまっては火力やスキル回しに大きな影響がでます。
上の画像を見てイマイチピンとこない方は、具体的な状況例を以下に示しますので、そちらを見ていただくと、少しイメージがしやすいかもしれません。



(もっと詳細な説明がほしいという方は、詳細説明編をご覧ください。)



2-2.インスタントスキルの最適
インスタントスキルの最適についてですが、ここでは全体通して共通して言えることがあまりない一方で、個別に言及すべきことが多いです。そのため、共通して言えることを述べてから、各スキルをグループ毎に、あるいは個別に説明します。

2-2-1.共通して言えること
ここで言えることは以下の2点だけです。
・インスタントスキルが発動可能状態になったら、できる限り早めに発動する
・ただし、GCD間に挟むスキルの数は多くて2個(でないとGCDに食い込む)

以上です。
ただ、1つ目の中で「できる限り」と書いてあることには注意が必要です。インスタントスキルの中には、脳死で即発動すべきでないものもあります。詳細は以降の項目をご覧ください。

2-2-2.フレッシュとコントルシクスト
「2-2-1.共通して言えること」で書いてあることとほぼ同じです。強いて言うなら、フレッシュとコントルシクストが発動可能状態になったら、脳死で最速でガンガン使ってよい、ということです。
フレッシュとコントルシクストは、赤魔にとってはかなりのダメージソースです。
力こそパワーです。

2-2-3.エンボルデン
エンボルデンは、赤魔のアイデンティティの一つとも言える、強力なPT火力向上バフです。
PTメンのバフに合わせて使用して、相乗効果を得るのが吉でしょう。
(なお、そうすると自分のバーストタイミングとは非常に合い辛いのは宿命です。号泣)

2-2-4.迅速魔
基本は、ヴァルストーンとヴァルファイアがprocしていないときに使用しましょう。
それにより「2-1.ウェポンスキルの最適」で述べたジョルラ回数最小化に繋がります。
アクセラレーションと併用できれば、より一層の効果が見込めます。
ただし、移動用のスキルとしても有用なので、ギミック次第ではあえて取っておくことも十分アリです。

2-2-5.アクセラレーション
クリックして表示クリックして隠す
パッチ5.1で大きな修正が入り、重要度が爆上がりしたスキルです。
どんな修正があったかというと、以下の通りです。

・確定proc数が、1回から3回になり、多くなった。
・効果時間が、10秒から20秒になり、長くなった。
・リキャスト時間が、35秒から55秒になり、長くなった。

これらの違いは、相互に関係しあうため、この違いが特に重要ということはありません。どれも重要です。もう少し踏み込んだ言い方をすると、この仕様変更によって、アクセラレーションの使用基準に絶対の基準がなくなり、臨機応変に適切な判断を求められるようになりました
そして、その「臨機応変に適切な判断」ができるかか否かで、火力に大きな差がでます。

ただ、臨機応変にとはいっても、具体的にどういう風に使えばよいのか?
それに対する私の回答を、以下の画像で示します。



戦闘中の使用タイミングに関しての説明は、極めて長くなったので、興味がある方は詳細説明編をご覧ください。
とりあえず概要編である本日記で、私が声を大にして言いたいことは、開幕において、アクセラレーションは15秒前に使用が絶対正義、ということです。

5.1以前の仕様に引っ張られて、零式勢でも10秒前に使っている方が依然として多いように感じます。いいですか?今やアクセラレーションの効果時間は20秒です。10秒の時代は終わったのです。


2-2-6.マナフィケーション
クリックして表示クリックして隠す
赤魔にとって極めて重要なスキルで、火力を大きく左右するスキルです。
簡単にマナフィケーションというスキルをおさらいすると、以下の通りです。

・マナフィケーションの追加効果:バランスゲージの蓄積量を現在の2倍にする。
・マナフィケーションの追加効果1:コル・ア・コルとデプラスマンおよびアンガジェマンのリキャストをリセットする。
・マナフィケーションの追加効果2:自身の与魔法ダメージを10秒間5%上昇させる。
・マナフィケーションのリキャスト時間:110秒

重要な点が目白押しで全てにコメントをしだすと長くなるので、概要編である本日記では、使用タイミングの結論だけ言います。
結論としては、以下の2点です。

・エンボルデンと合わせられないなら、50:50に極めて近い状態(少しなら超えてもよい)にマナを調整できた段階で、発動
・エンボルデンやPTバーストと合わせられそうなら、マナが40:40に近い状態もしくは60:60程度の状態でも、強引に発動

基本的には、マナを2倍にするという効果を最大限に活かすために、マナが50:50に極力近い状態で使用するのがセオリーです。しかし、与魔法ダメージ10秒間5%アップとPTバースト効果を、エンコンボにぶつけられるメリットは非常に大きいです。
なので、バフタイミングに合いそうか否かを、判断の分け目にするとよいのかなと思います。


2-2-7.コルコル・デプラスマン・アンガジェマン
クリックして表示クリックして隠す
地味ではありますが火力貢献度がそこそこありますし、火力を極限まで詰めるというフェーズにおいては決してぞんざいに扱ってよいスキルではないです。何より、5.05と5.2とで、これらのスキルの仕様に変わりはありませんが、使い方に関して私の考えが変わりました。

ただし注意です。本項の内容は、人によって意見がかなり異なると思いますので、あくまで私個人の考えであって、それが唯一絶対の正解ではない、ということをご了承ください。

まず始めに、基本であり極めて大事なことです。
コル・ア・コルとデプラスマンを移動スキルとは思わず、最大限撃てるだけ撃ちましょう。

コル・ア・コルとデプラスマンは、移動が伴うスキルなので、それ用にとっておきたくなる気持ちもわからなくはありません…。
ただ、火力上限値は決して高くない赤魔にとって、これらのスキルは貴重なダメージソースです。腐らせておくほどの余裕などないのです。

次に、本項の本題であり、物議を醸しだしそうなことです。
結論から言うと、アンガジェマンを積極的に使いましょう、ということです。
ただし、条件付きです。

そう結論付けるに至った理由は詳細説明編に譲るとして、概要編である本日記では、その「アンガジェマンを積極的に使ってもよい条件」の結論、およびそれに該当するケースとしないケースにおける使用例をお話します。

ではその条件とは、有り体に言うと「マナフィケーションとマナフィケーションの合間の約110秒間に、履行やギミックの都合で殴れない時間がないとき」です。
これが成り立つときと成り立たないときで決定的に違う点は、デプラスマンあるいはアンガジェマンを計4回撃てるかどうか、です。

なんで4回にこだわるのか?その理由を一言で言うと「マナフィケーションの効果で、コル・ア・コルとデプラスマンおよびアンガジェマンのリキャストをリセットされるから」です。
……と、説明されても、イメージがしづらいと思いますので、次の画像をご覧ください。



……おわかりいただけただろうか?←
極端な話、マナフィケーション直前にデプラスマンかアンガジェマンを使っても、マナフィケーションさえ使えば、即座に使用可能になるのです。そして、計4回撃つと自動的にほぼそうなります。
あと、110秒間殴り続けられる状態でも、アンガジェマン確定撃ちはマナフィケーション直後だけで、合間の3回は可能な限りデプラスマンを撃つことを推奨はします。ただ、推奨はしますが、合計4回撃つことの方が優先度が高いので、デプラスマンを撃つまでに5秒以上かかってしまうなら迷わずアンガジェマンを撃ってください。

さて、これ以上の説明をすると長くなって仕方ないので、これ以上は詳細説明編をご覧ください。




3.開幕のスキル回し
クリックして表示クリックして隠す
そして開幕のスキル回しについてです。
アクセラレーションの仕様変更もあり、5.05と比べると赤魔の開幕スキル回しは大分簡略化されました!
前回の日記と同様、開幕スキル回しのフローを示した画像を作りましたので、まずはそちらからどうぞ!


(スペースの都合上、差し込みスキルやエンコンボ等にはアイコンしか置いてません…スイマセン…)

一応断っておきますが、ここで示したマナの貯め方はあくまで一例で、ホワイトとブラックのたまり具合が反転してもかまいません。そのあたりは各々の好みでよいです。
また、エンボルデンのタイミングが、私の固定の忍者のだまし討ちに合わせたものになっていますので、実際にはPTごとに調整をしてください。

というわけで内容ですが、基本的に「2.基本のスキル回し」で説明した内容に沿っています。違っている部分は多分ないと思う?
ただ、5.05時点ののスキル回しとの差、という意味では、結構あります。具体的に言うと以下の2点ですかね。

・アクセラレーションの発動タイミングがカウント10秒から15秒になったこと
・アクセラレーションの仕様変更に伴って分岐が消滅し、脳死一本道になったこと
・マナフィケーションの直後にアンガジェマンを使用するか選択するようにしたこと

1つ目に関しては「2-2-5.アクセラレーション」で触れましたね。というわけでエンドコンテンツにトライしようとする全ての赤魔さん、戦闘開始のカウントは15秒か20秒をタンクさんに触れ込みましょう。18秒では15秒前の正確なタイミングがわかりません(´;ω;`)
2つ目に関しては書いてある通りですね。大変楽になりました。
3つ目は、「2-2-7.コルコル・デプラスマン・アンガジェマン」で説明しましたね。
次のマナフィケーションまでに、履行やギミックでの殴れない時間の影響によって、デプラスマンまたはアンガジェマンを4回分撃てないときを除いて、アンガジェマンを使用することを推奨します。
(とはいえ、開幕から2分間の間に殴れない時間がくることは滅多にないので、開幕に関しては、マナフィケーション→アンガジェマンの流れで確定でもよいと思いますが…。)



4.おわりに
ひとまず、今回の概要編は以上です。いかがでしたか?

個人的には、パッチ5.1でのアクセラレーションの仕様変更はやはりかなりでかかったですねえ。開幕安定はよいのですが、戦闘中が難しくなって頭が痛くなりました。
あと、アンガジェマン関係ですが、考え直した簡単な経緯としては、覚醒編での経験上、マナフィケーション間の110秒間にデプラスマン4回は相当にシビア…というかほぼ無理だったんですね…。
やはり実践大事です。うん。

さて、では長くなりましたが、そろそろ筆を置かせていただこうかなと思います。
概要編ということで簡単にまとめようと心がけたつもりではありますが、もし「疑問点」や「改善点」などあればコメントいただけるととても嬉しいです!
本日記が、皆さんの素敵な赤魔ライフにほんの少しでも貢献できましたら幸いです。

ではでは!(´∀`)ノシ
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数