キャラクター

キャラクター

A'tmos Tia

the Perfect Legend

Asura (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

CF申請すら怖がってた人の絶アレキサンダー討滅戦②

公開
 日本人が1分間に読める文字数は平均500文字くらいらしいです。
 この記事は5000文字近くあります。そんな感じです。

🍎あらすじ

 ①はこれ。
 https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/23252533/blog/4573169/

 むかしむかし、いや割と最近まで、IDが怖くて長いこと引きこもっていたヒカセンがおったそうな。
 しかし友達とID巡りを始め、漆黒に入ったとたんメインクエを爆走し、ロールクエに釣られ……!
 なんと! タンクとヒラで野良CF申請をしてカンストまで走りきったのだった! すごーい!

 そして調子に乗って極に手を出して、零式に興味を持って共鳴攻略中の固定募集に挙手。
 半月ほど経ったある日……



 なぜか階差閉宇宙(絶アレキサンダー討滅戦)にいたのであった。






 ???????



🍎ちゃんと共鳴にも行きました

 スピード感がヤバかった……というだけで共鳴にも行きました。一週間くらい。

 固定の募集に挙手したのが通勤前、つまり朝だったのですが、リーダーさんとやり取りして「まあとりあえず行ってみましょう」とその日の夜に共鳴零式1層へ行くことに。
 慌てて本格的に攻略記事を漁って動画を見まくりました。仕事の休憩中、帰宅中の電車の中など。

 まずわかったのが「これいきなり覚えるの無理だな!」ということだったので、カラーペンと大小の付箋と方眼紙ノートを購入し、帰宅してすぐタイムラインを印刷して解説をゴリゴリ書き込んだり散開図を描いた付箋を要所要所に貼ったりしました。
 これ……受験勉強や……!!
 とにかくその場で思いつく限りのことをしましたが、もっといい方法あったかな。今もわかりません。

 足掻くだけ足掻くのと同時に、あの零式ですし、クリア出来なくてもまた次頑張ろう! と心のMPをためておく構えもしていました。
 そして初めましての挨拶を終えて1時間後、
 

 あれっ!?

 えっ!!? なに…… なん???!!?
 初めての零式、1時間で終わった!!

 どういうことなの……私が知ってる零式と違う……いや何も知らんけど??
 知らんどころか体験してみても東西南北もわからなかったけど??
 ※東西南北は今もしばしばわからなくなる

 あっでもこれ、あれだ、これたぶん知ってる! 聞いたことある……あの……あれだ……!!

 出荷だ!!!

 ギミックはまだ1ミリくらいしかわからない。『クリアさせてもらった』ということだけはわかる。
 目が全然追いつかないもん。二回目の杖倒しの後、なんで横からもドラゴンくるんですか? 今日はちょっと気分を変えて~的なやつなの?? そういうマイナーチェンジやめよう???

 共鳴一層のこの「二回目はちょっと違う」には、その後の消化でも苦しめられるのであった。
 ワイプすると今が何回目かわかんなくなるんだよな……。



 四方八方からハテナマークが押し寄せ続けてるような感覚で、受験勉強の方がまだ理解できたな……というのが正直な感想でした。
 ヒエエ……わけわかんなくて気道がブルブルしてるよぉ……。あっ休憩!? よかった! じゃあちょっと水飲んできま
 リーダー「じゃ、15分休憩して次は二層ね」
 あっ!?
 えっ…… なんて??
 えちょま、えっ!? とりあえずえっ、まずえっと、えっ、何からす、え、ああ!
 タイムライン!! タイムライン印刷しなきゃ!!
 あと動画動画……極とかでお世話になった人の動画……あった! あったが!! あったが17分!!!
 15分で最後まで見れねえじゃん! 時空歪めるしかないじゃん!!

 1時間後、どうにかコンフラエアバンプまで到達するだけして色々パンクしてました。
 わからん……視界が炎に包まれすぎてなんだこれは……皆は何が見えているんだ……。爪? つめって何……いやわかるけどわからないって言うか、最も避けなければならない位置の人が一番見えにくいアレなんなの???
 今でこそある程度はわかりますが、当時はやっぱり何が何だかわかりませんでした。動画見たり解説見たりすれば、述べられてること、書いてあること自体はわかったとしても、戦闘になると全部吹っ飛んでしまうんですよね……。あと実際動いてみた時だと感覚としては全然違う。
 いろんなことを条件反射で動いてはミスをして、を繰り返していたなあと思います。

 そして迎えた二日目、改めて二層に挑戦し、どうにかクリア。

 二日目ともなると零式そのものだけでなく『この人たちめっちゃ親切じゃない??』ということにも驚き始めていました。い……いいのか私こんなんで? いやまあたぶんダメなんだけど……。

 そういえばどうして途中で募集がかかっていたかと言うと、元々いたレンジの方が、体調が良くないと言い残して突然音信不通になってしまったかららしいです。大丈夫なのかな……私にとっては名前も知らない人だけど……。





🍎私が……階差閉宇宙に……????

 まあともかく、固定入って二日目で二層クリアできた! 固定としては二層を攻略中だったらしいから、ロス1日だけで済んだっぽいのは本当に良かったな~。と、ほんの少しだけホッとしていた時。確かこの頃に、リーダーからお話がありました。
 アッやべ、ホッとしてる場合じゃなかった!? 想像してた以上にへろへろすぎてヤバかったかな!? ああ~~~申し訳ない、でもまあそうだよね! 出荷してもらい続けるわけにはいかないもんね……!

リーダー「ちょっといい?」
私「アッハイ(お叱りや指摘などがあるんだろうなあ……アワワ……)」
リーダー「とりあえずちょっとやってみたけど。どう? いけそう?」
私「アッ、えーと、だいぶめいっぱいな感じですが、皆優しいので少し安心してます!」
リーダー「そっか。実は共鳴は今週いっぱいでおしまいにして、来週からは絶アレキの装備集めを始める予定なんだけど
私「はい」


 ……??
私「ん? はい?」
リーダー「来週から一週間で覚醒零式を一~四層周回して装備集め。その次の週から絶行くってことになってたんだよね」
私「はい」
リーダー「共鳴は二週間の予定だったんだけど思ったより時間かかっちゃったのと、前から絶行きたいって言ってた人がいたから。覚醒と絶と並行して共鳴四層までやるのはさすがに負担が大きいから、とりあえず三層クリアまではしたいなと思ってる。んでその後に絶」
私「はい」


 ……?????

 この時どう返事したか覚えてません。
 オメガでこのスクショ撮った頃はこんなふうに何度も使うなんて思わなかったな~。

 ※念のため書いておきますが、リーダーは優しい人です!(って書いておけってリーダーが言ってました!)

 絶アレキ……ってあの……パーフェクトレジェンドだったよな確か……。
 確かに募集文に絶って文字はあったんです、あったんですが、こうも急だと思っていなかったのと、共鳴に必死で思考の外にいってしまっていました。
 そういえばリムサとかによくいるな、キラッキラな武器持ってる人。あれか~。あれって持てるものなのか……そうか……う~ん。
 いやいや。しかし絶……絶かあ……。





🍎絶アレキやっぱりやめました

 この固定は元々野良やったりしてた人たちが集まってたようなので、この時点で各メンバーで進行度はそれなりに差があったようです。既に四層踏破済の人もいれば、三層は初めてという人もいたりしました。わーい! 初めて同士だ!

 強制移動とか最初はかなり意味不明でしたが、クルル式は確かにものすごく脳死でした。こりゃすごいね……それでも何故か頭がバグって赤と青を間違えたりするんですけどね、つらいですね。

 三層をクリアしたのは、二層終えてから4日目くらいだった気がするな。どうだったかな。ミスをしたら何かしらの着ぐるみを着る流れになっていました。

 優しいし面白い人たちだな~。こうするといいよ~とかすぐ教えてくれるし、ありがたいな~。絶やる予定じゃなかった人は他にもいるみたいだし、やれるだけやってみようって感じの固定なのかな~。じゃあ……まあ……やってみっか、と思っていました。

 このすぐ後にヒラさん1人抜けたんですけども……。

 理由は直接は聞きませんでしたが、まあ……ざっくりとは聞いたところ「このメンバー(特に私)で絶攻略は厳しい」ということだったようで……。
 ヒィ~~~!! 絵に描いたような洗礼みたいなことが起こってしまった……!!

 さすがに思いました。あっこれダメだ。私いちゃいけないやつだな。って……。

 いやだって零式の時点でこんなんだし……絶ってあれでしょ? 知らないけど、零式やってる人の中でもさらにハチャメチャな人がやるやつでしょ。極クリアして喜んでた人が零式で出荷してもらって調子に乗っちゃったな……やってみっかとか思ってる場合じゃなかったんだ……。

 でも固定の人たちが嫌になったわけじゃないんですよね。それは全然なかった。確かに指摘はたくさんもらってたけど、そんなの当たり前だと思っていたし、暴言とかじゃないし。むしろ教えてくれてありがたいことだらけだったからな~。
 決めるならなるべく早くした方がいいけど、突然抜けるのは嫌だなあ。せめて次のレンジ枠の人が見つかるまで装備周回のお手伝いだけはしよう。手伝いになるかわからないけどILで緩和されてるし、絶よりマシだろう。たぶん。きっと。

 よくお話してもらってる友達にもそう話していました。
 やっぱ難しいコンテンツはね、ちゃんと勉強して、ちゃんと強くなってからじゃないと手を出しちゃいけないものだったよ。
 

 ちょっと自由を夢見てしまったけど、見たことないものを見たい気持ちに輪郭ができはじめてたけど、このままだといわゆる崩壊ってやつに向かってしまう。
 リーダーもちらっと言ってたもんな、優しい人たちも難しいことにぶつかるとギスギスしちゃうって。そういう時にミスが多い人がいたりすると、ちょっとしたことがきっかけで……ということもあるって。まあそりゃそうだよ、人間だもん。8人も集まってやるんだもん。当たり前だよな~。

 今いる6人がこれから使う膨大な時間を、ただ消費しただけで終わらせるようなことをしてはいけない。ヒラさんみたいに、内心思っていることを言わないでいるだけの人もきっといるだろう。
 別に私は絶をやらなきゃいけないわけじゃない、ハウジングに熱中してもいいし、金策に励んでもいいし。ゲームはやりたくてやるものだ。FF14はなんでもできるからね、なんでもやればいいんだよ。

 なんでも……なんでもできるからね……。
 そのなんでもの中に『絶アレキサンダー討滅戦』の文字を書いたのを、今さっき消してしまったけど。
 いろんな人がいろんな悩みをネットで書いているように、きっとそういうこともあるんだよね。






 あの弓、ちょっとほしかったな~なんて、思ってないもんな。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数