キャラクター

キャラクター

Allbran Slowlife

Valefor (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

236日目 流され続けるだけの人生

公開

ここ数日は忍者クエストに打ち込んでいましたがとうとうレベルが追っつかなくなったので、

徐ろにメインクエスト「帝国兵なりきり装備」の進行に戻ります
この自由さが「如何にも冒険者!」という感じで良いでしょう?
そんな訳でリムサ・ロミンサは「ナルディク&ヴィメリー社」よりこんにちは。


ハ・ナンザ姐さんに「傷んだ帝国軍制式兜」をお渡し。


修理を待っている間の雑談中にサルク・マウルクさんの個人情報がポロリ。


兜の修理作業が完了したら、いつも通りゴールドソーサー経由でウルダハへ。
お次は裁縫師ギルドのエーセルワインさんに「傷んだ帝国軍制式兵装」の修理を依頼します。


ここでも作業の待ち時間にサルク・マウルクさんの個人情報を入手。
エオルゼアの個人情報のセキュリティはガバガバです。


御二方とも修理完了時に「時間がなかったから見た目だけね。だって時間がなかったからね」的なことを言うのがなんとなく技術畑の人っぽいなと思いました。


せっかくウルダハに来たのでクエストマークを消しておきましょう。
不滅隊:作戦本部のスウィフト大闘佐から「荒野に逆巻く騒擾」をお引き受け。


蛮神イフリートを討伐されて打ちひしがれていたアマルジャ族が最近元気を取り戻しつつあるとのこと。
そこで「歴戦の強者」であるこの私にアマルジャ族の調査を依頼したいのだそうです。

……それを私に依頼してしまったら不滅隊が何のために存在しているのかいよいよ分からなくなってしまいますが、本当にお受けしてよろしいんですね?
もうグランドカンパニーの看板なんて降ろしちゃいな!


調査はやはり最前線で行うのが一番。
という事でやってきましたリトルアラミゴ。
まずはギシルベールト少闘佐から任務の詳細をお聞きします。


アマルジャ族による人拐いの現場を押さえるため、近くで小休止中の商隊にコンタクト。


呑気な商人さんに言われた通り指定地点で待機。
と、そこへやってきましたアマルジャ族。
「いつも通り私が懲らしめて一件落着かな」と思っていると今回は違った展開が。


高所から名乗りを上げる青のアマルジャ族!
やはり正義の名乗りは高所からに限ります。
なお、現在人拐い未遂中なのは赤のアマルジャ族です。


お互いの隊が激しくぶつかり合う天下分け目の大戦(おおいくさ)。


更に、青のアマルジャ族に加勢する「異装のミコッテ族」まで加わっててんやわんやの大騒ぎ。


その間私はボーッと立って見てるだけ。
頭領っぽい「灰塗りのアマルジャ族」さんにも「手出し無用」って言われちゃいましたしね。


決着後、先ほどの「頭領」ことハムジ・ガーさんから「灰の陣営」へとお招きに与り。
虎穴に入らずんば虎児を得ず。
アマルジャ族の陣営へと潜入捜査を試みましょう。


「灰の陣営」を訪れたら即座に引き抜かれ展開。
これが英雄様の辛いところよ。
「ザンラク」に集う堕落せしアマルジャ族を共に狩ろうぞと誘われてしまいました。


私のファミリー入りに待ったをかける「異装のミコッテ族」ことルーン・ガーさん。
それを族長権限で一蹴するハムジ・ガーさん。
居心地の悪い私。


「アマルジャ族の打倒という点では目的が一致しているはずなので、とりあえずお試しで入ってみよっか?」という誘いに流されてしまいました。
いつだってこうして流され続けるだけの人生です。
皆さんは自分の意思を示せる人になってください。

といったところで本日の日記はおしまい。
それでは次回も皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
クリスタルの光が重なるとき、また会いましょう。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数