キャラクター

キャラクター

Soul of War

Azel Ivlis

Asura (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

オリジナルマクロが氾濫するのはなぜか(私的見解)

公開
*ようやく2層をクリアしたペーペーが書いています
内容等に間違いが含まれる可能性がありますのでご注意ください

皆様、零式の楽しんでいますでしょうか
個人的には難度の高いものをあれこれ考えながらやるのは非常に楽しいです

まだ2週目ということで問題になってくるのは
「マクロが色々ある」
ということでしょう
1層では雲捨てが十字だったりX字だったり
フォーティーンチャージボルトの杖折りが北基準だったりボス基準だったり
チャージ後ステップが背面集合だったり散開図通りだったり
2層では、そもそもの散開位置が違ったり
コンフラが回転避けだったり、往復避けだったり(論外の時計(反時計)回り固定だったり(別日記で書く予定です))・・・
今回はなぜこのように、いわゆる「オリジナルマクロ」が発生するのかを軽く考えてみたので書いてみました
大きく3点に分けられると考えていて、
1.情報が不足している
2.誰がマクロを作ったのか
3.クリアできたマクロである


まず第一に
「情報が不足している」
という点があるかと思います
ぶっちゃけまだ2週目、クリア者も結構いるでしょうし、動画や日記でいろいろな情報が共有されてる状態ではありますが
まだまだ「最適に動くにはどうしたらいいか」というところまでの情報が共有されていないもしくは発見されていない感じがします

次に
「誰がマクロを作ったのか」
という点もあるかと思います
『こんなクソマクロ作りやがって!このマクロを作ったのは誰だ!』と海原○山の如く攻め立てたいわけではなく
「誰の視点でマクロが作成されたか」ということです
例えば2層のマクロで
MTD1 STD2
H1D3 H2D4
こんな散開のマクロが流れてきた経験のある方は結構いるのではないでしょうか
メレーDPSの視点でいうと背面が殴りにくいマクロで正直やりにくいです
しかしヒーラーの視点からだと、ガルーダフェーズでは、ほぼ動かなくて良い形になり事故が減ります
ノックバックからのエアバンプに関しては、近接が先に殴りに行ってヒーラーが打ち上げられる、
それを気にしてヒーラーがボスよりに動くという事故や+αの動作がなくなるためヒーラーとしては(おそらく)動きやすいマクロになります
このようにヒーラー視点で作られた(たぶん)マクロはヒーラーが動きやすいようになっているのは当たり前で、特にこのように時間が立っていない状態ではクリアまで持っていくことに精一杯で周りまで目を配るところまで行けていないというのも色々なマクロが氾濫する原因になっていると思います

最後に
「このマクロでクリアできたから」
ということもあると思います
前述したコンフラ(反)時計回りも2分の1の確率でコンフラを突破できてしまうので、「俺達がクリアできたマクロ」として世に公開されてしまうわけです
これは1点目の情報不足と近い内容になるとは思います

長々と書いてきましたが、結局「(破綻していない)マクロに準拠して動く」というのが攻略の近道だと思います
攻略部屋でプレイするときは、事前に『すみませんマクロを見させてもらってもいいですか』と自分が動きやすいマクロかどうかを確認するのも良いと思います

以上となります、ここまでお付き合いいただきありがとうございました
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数