キャラクター

キャラクター

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 4

アレキサンダー起動編1【1層:初見が集う場所】

公開
衝撃の面白さでした。

私の中では「FF14=アレキサンダー」
と言っても過言ではないぐらい、アレキはFF14の顏だと思っています。
それは私がFF14を始める前からのイメージで、私の中では「FF14とアレキはセットである。」と勝手に思い込んでいたぐらいの存在なのです。

私はツインタニアは知りませんでしたが、FF14を始める前からアレキサンダーは知っていました。

そして「私がアレキに手を出しても良いのだろうか。」と、始める前から身構えていました。

普段コンテンツに突入する前にあまり相談をしない私ですが、アレキに限って言えば
「人は集まるのだろうか。」
「今も人気はあるのだろうか。」
と取り留めもない発言をしたこと自体が、私の中でのアレキの存在の大きさを物語っていました。

そのアレキ(起動編、下限)に意を決して先日突入してきました。

メンバーは集まるのだろうか。
下限のアレキは難しすぎないだろうか。
ギスらないだろうか。

不安のオンパレードでしたが突入しました。

そして終わってみた感想が、衝撃の面白さだったのです。

集まったPTメンバーに恵まれた事は間違いありません。
「ギミックを説明する事の意味」を理解している方の存在も見逃せません。
周囲が失敗しても心のザワツキを態度に出さなかった方も居たのかもしれません。

しかしそれより私が一番新鮮に感じたのが
「初見さんの立ち位置」
でした。

今回、私含めて初見メンバーは3名でした。
制限解除のみ経験の方が2名。
そして本気のアレキを知っている方が3名。
(この人数は会話の流れからの私の想像です。)

つまりほぼほぼアレキ素人集団だったはずです。(たぶん)

この素人集団で起動編1層を攻略したわけですがこれが本当に面白い。
「ギミックを何とか処理していきたい。」
と言う意思を各人が持つことによるPT会話の活性化。
ギミック処理を一つ一つクリア出来ていく達成感(私はクリアしていませんでしたが…)
クリアの保証が全く為されていない中での挑戦。
全てが上手くかみ合い抜群のPTになったと思います。
本当に面白かったです。


初見である事はPT内に新鮮な風を吹かせる存在であると思います。

初見である事を負い目に感じる必要は全くはなく、むしろ初見さんがPT内に入ることによって発生する新鮮な空気を全てのPTメンが許容して、そのPTを楽しむべきだと思うのです。
そうすることによってPTは若返り、初々しさを取り戻し、きっと素晴らしいPTになっていくはずです。

アレキ下限に限らず、様々なコンテンツにおいて初見で、何なら未予習でPT募集に入るのは結構高い壁だと思うのですが、是非臆することなく飛び込んでみて欲しいと思うのです。
そして出来るのであれば初見は下限で飛び込んでみて欲しいと思います。
その先にはノーマルの難易度では絶対に体験できない、FF14の新しい世界が間違いなく広がっている事を発見出来ると思っています。




さて、、、、これから書く事は完全なる日記です。
私事です。


今回のPTにさる知人が参加してくださいました。

おそらくPTでは初対面です。(過去に顔を合わせていたならゴメンナサイ)

メンバー欄で名前を拝見した時に正直私のギアは一段上がりました。

「とうとう参加してくれたか。」
「アレキを狙っていたのか、、、やっぱり分かっている!(←勝手な想像)」

その参加は、今の段階での私の成長ぶりをテストされているようで少々身構えたと同時に、私が日々書いている日記の内容のような体験を是非体験してほしい感情が芽生えました。(もう何回も経験しているとは思いますが…)

そして私はその方の存在を意識してしまったので、今回のPTではあえて「何時もの私」を演じました。

その存在については意識せざるをえず、意識せずにプレイすることは難しかったのです。
ですから「何時もの私を演じた」事で何時もの私と微妙にテンションが違っていたかと思います。

結果的に今回は、今風な表現を使うなら「最も素晴らしかったPTの中の一つ」と言っても間違いではないぐらいに素晴らしいPTとなりました。

そして邂逅編から求め続けていたPTの一つの姿を一緒に経験できた事は本当に有意義であったと共に、更にその先の世界がある事をはっきりと理解しました。
そしてまた機会があればご一緒できたらと思います。
その時はきっと「もう少し演じていない私」で臨めるとは思います(*'ω'*)



コメント(4)

Mikan Sweet

Shinryu (Mana)

先日は楽しいパーティーをありがとうございました。
ヒラで参加したものです。日記からクラインさんの下限ニストとしての熱い思いが伝わり、その場で一緒にバトルできたことがこちらも嬉しく、また感謝です。
またどこかで会えたらいいですね。よきエオルゼアライフを!

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

>ミカンさん
コメントありがとうございます!
起動編1の時は、「めちゃくちゃ上手い人だなー。」「わたし(←白)がレイズ投げられまくっているじゃないの('ω')」とか思いながら眺めていました。
おそらく私二人がヒラしてたらクリアーは出来なかったでしょう…。
気が向いたらまた助けて下さいね!

そして昨晩は御免なさい。
何時まで待てるのか確認しておくべきでした。
ああいう事態になると、鋼の心を持ち合わせていないおかげで「みんなまだ起きてて大丈夫なのか?」「中止してほしいと思ってるんじゃないのか?」とソワソワしちゃうんです。
色々とミカンさんに感謝しかなかったです。ありがとうございました!
そしてもう一度書きます。
素晴らしいPTになるよう頑張るので、また機会があったらご参加くださいね!

Radiant Shinku

Shinryu (Mana)

先日は楽しいPTありがとうございました。
初見未予習のDPSで参加させていただいてました。
経験や知識に差はあれど、初見未予習を楽しもう!という部分は皆さん一致していましたね。初見なのに攻略を楽しめる心躍るPTでした!また参加したいです!

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

>シンクさん
コメントありがとうございます!
私がPT募集をする時に気を付けていることは、どうしたら”私が”楽しく遊べることができるのか、と言う事なんです。(あくまで私が主催したPT募集内の話です。)実は、、、。

下限や未予習はそのために行っており、ギスったPTは”私が”楽しくないのでそうならないように頑張っています。。
ですから世のため人の為のPT募集ではないので、私のプレイスタイルとそりが合わない考え方も当然あるはずです。
そんなスタンスのPTなのですが、楽しいと言っていただけるのは本当に嬉しいです(●´ω`●)
また気が向いた時にでも是非ご参加ください!
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数