キャラクター

キャラクター

Chiyogami Milestone

Fenrir (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

今だから共鳴編零式振り返り

公開
◆はじめに
11/29夜、希望の園エデン零式:共鳴編をクリアできました。
零式初挑戦ということもありかつてないほど険しい道のりでしたが、なんとかクリアまでこぎつけたのも練習にお付き合いくださったFCの方々や、PT募集で組んでくださった方のおかげです。
この場を借りてお礼申し上げます。
来週にはパッチ5.4で再生編が実装ということで、ここ1ヶ月半くらいの戦いを各ギミックの所感とかも含めつつ振り返ってみようと思います。
メインジョブ(だと思ってる)の暗黒騎士でずっと通して攻略したので、基本的にMT暗黒騎士目線です。


◆希望の園エデン零式:共鳴編1
複雑さ:★☆☆☆☆
忙しさ:★★☆☆☆
総合難易度:★★☆☆☆

自分にとっては零式コンテンツデビューのレイド。
BGMの「雷轟電撃」が好きすぎる……というか、練習してるうちに好きになりました。
やってるゲームに苦労するほどBGMが印象に残って好きになることってあると思います。
当時(といっても10月くらい時点)はそこそこクリアに苦労した覚えはあるのですが、難易度的にはこれが前菜ですらなく、席についたときに出される水程度のものでしかないことはもちろん知らない。
実際、後になって「漢の1滅解散クリア目的PT」(1回全滅したら即終了)に参加したときも普通にクリアできちゃったりしたので、共鳴の中では簡単なんだと思います。

◆ギミック所感

・雷雲生成
最初にお世話になった若葉マークの練習PTは確かここで秒殺されました。
要はマクロに従って遠隔は範囲マーカー捨てて、近接はそれをわざと受けてデバフ解除する……というだけなのですが、デバフがついてる間は一定間隔で自分中心範囲攻撃が発生するため、遠隔と近接のどっちかが迂回しないと巻き込み事故が起こるあたりに零式らしいいやらしさを感じさせられます。

・分離体生成
一番最初の練習は初見ということでSTをやらせてもらったのですが、この鳥のせいで一瞬でわからされました。
共鳴1はボスの誘導がほぼ必要ない(適宜中央にもどすくらい)以上にこのギミックの存在もあって、MTは正直仕事ない感が……。

・思念体生成
チャージボルトついてるかついてないかだけ見てればミスる要素のないかわいそうな技。

・フォーティーンチャージボルト
攻略サイト「マクロ通りに整列したらラムウの突進を受けて吹き飛ばされた勢いで後ろの避雷針を折って即死範囲攻撃を防いでください」
ぼく「なんて?(困惑)」
共鳴編零式1層における最大のギミックにして死亡率No.1の大技。
突進を踏ん張りながら真正面で受ける役が必要なのですが、練習から本走まで大体ナイトさんが一緒でインビンシブルで受けてくれてたので、自分はマクロ通りの場所に立ってるだけでした。
いよいよMTの仕事がない疑惑が深まる。

・チェインライトニング
たぶん共鳴1最難関だと思うんですが、MTは基本見てるだけなんです……。
練習中、誰か落ちたときにフォロー入ってるSTさんがいてかっこいいな~と思って見てました。



◆希望の園エデン零式:共鳴編2
複雑さ:★★☆☆☆
忙しさ:★★★☆☆
総合難易度:★★★☆☆

1層とうってかわって、誘導したり無敵受けしたりスイッチしたりとMTの仕事がかなり多い印象。
ギミック自体はそこまで複雑ではないものの、苦労したのはやはり不安定さでした。
実質的な最終攻撃であるコンフラグレーションストライクに到達する段階になっても途中で誰か転がった勢いで総崩れになったり、コンフラギミック中の鎖が切れて爆発したりといった具合でとにかく事故りやすいイメージです。
正直、今復習なしでやれって言われたらクリアできないと思います。

◆ギミック所感

・オクルーデッドフロント
ギミック理解してても当たっちゃう事故ポイントNo.1。
予兆が出ることのありがたみを改めて実感させられる……そう思いませんか、ライフカウンターさん。

・火炎拳、業炎拳
事故ポイント。DPSさん達が突進にひかれたりするのも勿論ですが、自分がひかれて転がったことも…(1敗)
めちゃくちゃな広さの予兆範囲が形成されるので、どう誘導するか迷った時期もありましたが結局ハッキリとしたパターンができるまでにクリアしちゃいました。

・ファイアスパーク
まさかのサッカーフェイズ。
分身するボス本体の場所と向きを見て安地を判断するギミックですが、最初のうちは結構間違えて焼かれました。
出現パターンが意外と少ないのか、だいたい同じとこに行かされてたような気が……。

・コンフラグレーションストライク
事故ポイント。わかってしまえばそこまで複雑でもないが、ヒーラーさんと二人三脚しつつ負担軽減のためバフを増し増しにしたり、なかなか心臓に悪い技。
一番難しいポイントを抜けたと思って安心してると正面300度くらいの異様に範囲の広い回し蹴り(?)が飛んできて蹴り殺されたりする油断ならなさも備えています。


◆希望の園エデン零式:共鳴編3
複雑さ:★★★☆☆
忙しさ:★★☆☆☆
総合難易度:★★★☆☆

前半、後半それぞれに用意された脳トレフェイズこと「波状の号令」「夜襲の号令」が最大の難関として立ち塞がる……はずだったと思うのですが、頭の良い人というものはどこにでもいるもの。
現在では最初の一撃だけを見て、それ以後を完全にパターン化して避け切る通称「脳死法」「クルル式」が編み出されており、パターンさえ覚えてさえしまえば完全に安定してしまいます。
個人的には一番苦戦したのがザコフェイズだったり……。

◆ギミック所感

・波状の号令
赤マーカーと青マーカーを反復横跳びしてるだけで対処されてしまった悲しき技。

・強制転移
うまい具合にワープしないと群れの突進に轢かれたり落下したりするやつ。
頭割りが重ねられたりして見た目は厄介ですが、MTはマクロで指定された通り南に飛べばいいだけなので楽なほうだとは思います。
直前にフィールドを分断するように生成される石に埋まると即死するのを攻略終盤になってからやらかして初めて知りました。
*いしのなかにいる*

・ザコフェイズ
個人的に最難関がここでした。
3体のザコのうち2体をほぼ同時に倒さないと残ったほうが爆発して全滅する、という厳しい制約がついているくせにそれぞれがやたら強く、直線範囲や強制転移、頭割りをひたすら重ねてくる嫌がらせのようなフェイズ。
イイ感じに誘導するやり方を確立するまでに随分床を舐めさせられましたね……。

・夜襲の号令
ゲートの色見てあとはパターン通りに動くだけで対処されてしまった悲しき技。

・乱舞の号令
最大最後の大技……のはずなのですが、不思議と苦戦した記憶なし。見た目がわかりやすいからでしょうか?


◆希望の園エデン零式:共鳴編4
複雑さ:★★★★★★★★★★
忙しさ:★★★★★★★★★★
総合難易度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここからが本当の地獄、というか共鳴編4に比べるとその他3つはサービス問題みたいなもんでした。
攻略期間だけでいうと、1~3は週に何回かの練習で1週間程度でクリアできたのに対して、4は3週間くらいかかってます。それくらい難しかった。
戦闘時間自体は最後まで通しても14分くらいですが、誰か一人がミスると半壊or全滅というギミックが多数存在するため、練習してもなかなか先に進ませてもらえません。
特にパーティ募集で組んだ練習PT(いわゆる野良)だと、特定のギミック練習を目的に集まっても人によって練度がまちまちなことが多いため、後半練習のつもりでも全然後半に進めず延々光の暴走を練習してた……ということも普通に起こりえます。
こんな有様なのに、攻略初期は攻略パターンによって多数の宗派が存在したというのだからその険しさは想像を絶するものがありますね……。ガチ勢の方が固定組みたがる理由がよくわかりました。

◆ギミック所感

・ダイヤモンドダスト
ミスると半壊ギミック……ではありますが、ロールによってそれぞれ役割がハッキリしているため比較的簡単なほう。かもしれない。
共鳴4はパーティ募集はほとんど使わずFCの先輩方(ほとんどがクリア済)と一緒に練習することが多かったのですが、最初こそちょいちょいミスが出ていたのにそのうち誰もミスらなくなり、攻略するってこういうことなんだな……と妙に感慨深くなったのを覚えています。

・光の暴走
お前のようなやつがいるから宗教争いがなくならないんだ!!!
あ、誰かミスったらだいたい全滅します。

・シャッタードワールド~ザコフェイズ
MTの役割だけざっと挙げると、線取り役の人にその都度ブラックナイトを投げつつウォーターにロウブロウを入れつつアースにインタージェクトを入れつつ自分も線を取ってダメージはバフで軽減しザコをこぼさないようにちゃんと殴りにいく、と目眩がしそうなフェイズ。
すべての指が粉砕骨折するんじゃないかと思ったというか今でもやるたびに思いますが、不思議なもので大体できるようになるんですよね……。

・アクモーン、モーンアファー
敵視1位と2位にそれぞれ重ねがけ厳禁の頭割りの後、超威力の頭割り。
リプライザル1回ではカバーしきれないため、MTとSTの連携が問われます(たぶん)。
なお、アクモーンの途中でMTかSTのどっちかが落ちた場合は二度漬けNGの頭割りが反対側に飛んでいったりしてだいたい全滅します。

・ホーリーウィング
同じ側ならお尻!!!!違う側ならおっぱい!!!!非常にお世話になった攻略動画より)

・聖龍の咆哮
このギミックのなにが問題って、ぶつかりに行かないといけない龍の頭の当たり判定が(おそらくラグの関係で)激烈に前方向にズレてるんですよね。光の暴走に出てくる玉も同じようです。グラディウスIIIの2面の泡か?
この仕様を知らずに処理しようとすると、移動する龍の頭を後ろから追いかけ続けて結局追いつけず死亡、といった悲劇が起こりえます。というか仕様知ってるのにやりました。
誰かがミスっても全滅につながったりしないのは救い。

・ぼよん
正式名称ではなく、本体ホーリーウィング→緑鏡からホーリーウィング→赤鏡からホーリーウィングの一連の流れの通称。
これも宗教争いの一因となっていたっぽいですが、現在はいわゆる色固定式が主流のよう。
MTにはバフマシマシに盛りつつスプリントを焚いて全力疾走するという新感覚なギミック処理能力が求められるため色々と新鮮でした。
ミスったら半壊します。

・ブライトアーマー
乙女のお着替えを覗いた代償は死です。
外周の斜め方向を見ておけば青鏡がどこに出たかすぐわかることにある日突然気づき、急にできるようになった印象のギミック。

・氷と光の竜詩
ダイヤモンドダストと光の暴走を足して二で割ったようなギミック。
ミスったらだいたい全滅します。そんなんばっかじゃんここ!!

◆終わりに
再生編は零式4層にだけThe Extreme(FF8ラスボス最終形態のBGM)が採用されると信じています!!
吉田さん!祖堅さん!!よろしくお願いします!!!
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数