キャラクター

キャラクター

Lili Umu

Ridill (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 3

紅蓮が終わって(前半だけ)思ったりした個人的な話

公開
日付変わる頃、紅蓮(前半まで)が終わった。
数日前にFCのひとと話していたとき、「そうか、リリウムさんも紅蓮終わるのか」と言われて、ふと思い出したことがあった。

(ここから先は個人的な話が入ってくるので、そういうのが苦手な方は避けることをおすすめします)

------------------------------------------------------------

紅蓮に入る前の、蒼天の後半もそろそろ終わりが見えはじめた頃、人を介してだけど仕事つながりの友達ができかけていた。
かけていた、というのは、自分とその人が直接知り合ったとかではなく、それぞれの身内同士がたまたま知り合いで、じゃあお互いの身内を紹介しようか、という外側からの流れで交友関係が広がろうとしていたのだった。

友達を作るのがとても下手なので、今まで仕事のことを話せる友達はいなかった。仕事友達ができるというのは、これが初めてだった。
とても嬉しかった。日程を合わせて会おう、という話になっていた。
でもちょうどその頃というのが、外出がしにくい時期だったため、予定はずっと延期となっていた。お互い仕事しながら、でももうちょっとしたらきっと会えるから、そのときいっぱい話すためにも頑張ろう、なんて思っていた。私だけかもしれないけれど、戦友だなって思っていた。


ある日、人づてに「あの人もうこの仕事辞めることにしたんだって」と聞いた。
驚いてしまって、一度聞いただけでは何を言っているのかわからなくて、何度か聞き返した覚えがある。順調にキャリアを伸ばしてきていたひとだったから、すぐには信じられなかった。言葉が出なくて、そうなんだね、というようなぼんやりした返事をしたと思う。

普通によくある話だと思う。今まで何人も辞めていくのを見てきた。自分よりすごい人がいっぱい辞めていくのをたくさん見てきた。本当によくある話だった、はずだった。

でも、友達になりたいと思っていた人が辞めるのは、初めてだった。
そうなんだ、って返事をしたとき、内心は全然そうなんだなんかじゃなくて、ものすごく悲しくてあとになってから泣いた。辞めないでほしかった。でも、もうちょっと続けてみようよとは絶対言えなかった。
辞める理由は聞かなかった。楽しいことももちろんあるけど、辞めたくなる瞬間は圧倒的に山のようにあるから、何も聞かなくてもなんだかわかる部分があった。


このゲームは、はじめてからほとんど毎日インしていた。
その日もいつものようにインしようとして、でもちょっと悩んだ。こんなに悲しい状態なのにインしてどうするんだろう。
今思うとよくわからないことを心配していた。落ち込んでるところを見せたらどうしよう、というようなことを考えていた気がする。

インして、ちょっと緊張しながらいつもみたいに挨拶をした。いつも通りだった。FCハウスの庭や周りで走ったり飛んだりエモートしたり、ID行く人ー!と聞かれて行きたい!と返した。わあわあ言いながらダンジョンを駆け抜けた。本当にいつも通りだった。
次の日も、その次の日も、悲しいことには変わらなかったけれど、インするとみんなといっぱい遊んでしゃべって笑った。

今思うと、現実逃避先としてインしていた部分もあったかもしれない。だけど、いつも、がいつも通りあるというのが、本当にありがたかった。
自分が落ち着かないときだったから、そのありがたさはひときわ大きくて、とても支えになった。

いつもを過ごしていくうちに、少しずつ悲しい気持ちの整理がつきはじめた。ふとした時に悲しくなることはあるけれど、受け入れられる用意ができてきた。
もしかしたら、今は「もうこんな仕事見たくもない」って思ってるかもしれないけど、もう少し時間が経った頃、気晴らしにちょっとだけなら仕事道具さわってみようかな、って思える日がその人に来たらいいな、と思えるようになった。


昨日、紅蓮前半の最後のIDと神龍に行ったとき、その時間を自分のために割いてくれる人達に胸が詰まった。
いつもそうだった。新しいIDを開放したとき、新しい討滅がでてきたとき。自信のないジョブの練習をしたくて、ルレ行きませんかと呼びかけたとき。

自分は決して上手いプレイヤーではなくて、メインはとても進みが遅くて、効率悪い方法ばっかり選択していて、うまい立ち回りも出来なくて、大体いつもそんなかんじなのだけれど、でもそれでも、否定せずに、いつも話してくれたり一緒に行ってくれたりする人がいてくれて、本当にいつもありがたいなと思った。
緊張していると言ったけど、本当は感謝でいっぱいだった。私もこの人達のようにありたいなと思った。

大人になって、家族でもなんでもないのに毎日同じ時間にインして、会話するというのが、どれほどすごいことか。
また明日ね、と言って別れて、また明日会えるというのがどれほどすごいことなのか。
そんなことを、紅蓮を終えたときにふと思った。
コメント(3)

Azrael Arc

Ridill (Gaia)

りりさん!
今日も明日も明後日も!
みんなで遊ぼうね!
何時でも みんなが、りりさんを待ってるし、一緒に遊びたいと思ってるんだよ?
時間を割いて無いのですよ。
一緒に共有したんですよ。
楽しい時間をね!

Tau Micrya

Ridill (Gaia)

私はリアルの職場でも内外共に人と接する機会が多かったので、生死を含めて、それなりに人との出会い、別れ、は経験して来たと思います。

ここでの出会いと別れはフリートライアルで体験していた3IDあたりで既に起こり、その後の私の考え方には大きく影響を受けたと思います。

ロドスト、ココは新たにこの地に訪れた方も度々いらっしゃいます。ただし正式に課金をしないと訪れる事が出来ない場所です。買うのではなく、課金なんですよね。続けてみようかな、と思った方が来る所。

宣伝ばかりの日記には辟易しておりますが(笑)、私もここを覗くのを毎日楽しみにしています。しかし、毎日のように日記をUPしていた方が、ぷつりと書き込みが無くなったり、は有るんですよね。

ツイッター等に拠点を移したんだなぁ、なんて事が分かれば、まぁ上手くやってくれていればそれでいいですし、どうやら楽し過ぎてはしゃぎ過ぎた事によるトラブルが起こったのかな、と思う事もあります。

人によって、自分がいたい環境は違いますからね。ずっとそこに居られるかどうかは難しい問題です。私も自分の場所がどうあるべきかを毎日考えています。考えるばかりですが。。

Lili Umu

Ridill (Gaia)

>>あずにゃん

自分に時間使ってもらっていいのかわからないときがあって、なんだか申し訳ないなって思ったりしていたので、「時間を割いてないですよ、一緒に共有したんですよ」って言ってくれてとても嬉しいです。
今まで思ったことがなかったから、すごくすごく嬉しいです!

ありがとうあずにゃん!いつもありがとうです!!
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数