キャラクター

キャラクター

Ely Syryne

the Tristar

Ifrit [Gaia]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

2.1 モンク バフと疾風迅雷とフラクチャーの比較

公開
モソク脱出用考察その3
今回は、前回までの2つでは勝手に判断していた、秘孔拳とフラクチャーは側面バフ・デバフや疾風迅雷より優先すべきか、という部分について考えてみます。

今回のデータ
基本の6WS1ループ (総威力、平均威力)
(150+140+223.3+225+190+223.3)=1151.6
(150+140+223.3+225+190+223.3)/6=191.9333

双竜脚のバフ効率 (上昇威力、込平均威力)
150+(140+223.3+225+190+223.3)*1.1111-1151.6=111.2777
(150+(140+223.3+225+190+223.3)*1.1111)/6=210.4796

双掌打のバフ効率 (上昇威力、込平均威力)
140+(150+223.3+225+190+223.3)*1.1-1151.6=101.16
(140+(150+223.3+225+190+223.3)*1.1)/6=208.793333333

双掌打+双竜脚のバフ効率(込平均威力)
(150+(111.2)+140+(101.16)+223.3+225+190+223.3)/6=227.326666667
※毎回言ってますが、バフは乗算なので1.1*1.1111みたいにして計算するのが正しいデス、上記は実際よりちょっと低い平均威力値

疾風迅雷が1増加するときのバフ効率 (上昇威力、込平均威力)
(150+140+223.3+225+190+223.3)*1.1481-1151.6=170.55196
(150+140+223.3+225+190+223.3)*1.1481/6=220.35866
ダメージ1.09 迅雷Ⅰ1.05485 迅雷Ⅱ1.05333 迅雷Ⅲ1.06132
※上昇値が一番低かった迅雷Ⅱで計算してます
 考察の都合上15秒DOT扱いしてみます



今回注目するのは、この平均威力の値が双掌打+双竜脚のバフ・デバフや疾風迅雷を含めると、フラクチャーの220を超えているところに注目します。
そうすると、双掌打+双竜脚のバフ・デバフルートを行くことはフラクチャーより優先すべきであることがわかりました。
ループはもっと細かくわければ、双双+αと、連正+αにわけられますが、双双の(150+111.2777+140+101.16)/2=251.21885という期待値を見ると、秘孔拳やフラクチャーを打った時点で秘孔拳の270を超えるので、以下に優先すべきかがわかると思います。ここで、双双>秘孔という優先度もわかってきました。
またこの時点で、連正+αというコンボスタート時のルートでさえ平均WSも244.6と出るので、疾風迅雷をいかに早くⅢまで上げるかの重要性がわかります。
これで、1個目の記事で要検証とした疾風迅雷をⅢまであげるまでにフラクチャーが要らないことはわかりました。

そうすると、残すは秘孔拳のタイミングになります。疾風迅雷との比較をします。
連正+αで244.6なので、双双+αまで撃ってみると271.67295、その次からの連正+αは3つで269.6なので、秘孔拳が30秒DOTなのを考えると疾風迅雷>秘孔拳といって構わないでしょう。疾風迅雷は永続buffのようなものなので、そもそもがこの計算上の15秒で切れてしまうDOT扱いなんかより影響が圧倒的に大きいです。

今回のまとめ
疾風迅雷Ⅲ>双双>秘孔>破砕>フラクチャー
この順番で切らさないように心がけること
コメント(0)
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数