キャラクター

キャラクター

Saint of the Firmament

Aster Liberated

Titan (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

イシュガルド復興職人ランキング:錬金4位

公開
イシュガルド復興の職人ランキングに参加された皆様、本当にお疲れさまでした!

今回初めて参加してManaのTitan鯖で錬金4位になれたので、万が一今後に役に立つこともあるかもしれないと思い記録を残しておきます。


以下常体↓↓↓


1.ランキング上位挑戦のきっかけ
元々100位以内を目標にしておりパッチ5.41初日にディアデム諸島に通いつつ自前素材で高難易度レシピをまったり製作していたが、初日のランキングで瞬間18位になれたので「これ頑張れば最終12位以内行けるんじゃないか…?」と思ってしまったため。地獄の始まり…


2.クラス選択
錬金術師を選択した。
理由は、
・調理師と錬金術師は他のクラフターより人口が多い
・最上位層は1位を確実に取るために人口が少ないクラフターを選ぶはず
・貯め込んで最終日に大量納品する層も圏外から12位に滑り込むために人口が少ないクラフターを選ぶはず

上記3点から、調理師か錬金術師なら人口の多さから12位のボーダーラインは高くなると予想されるものの、最上位層の人数は少なく、最終日の大量納品のような不確定要素も少なくなる(=最上位層との戦いを最低限回避した上で、中間ランキングの数字も比較的信用して10日間走り続けられる)のではないかと考えた。
その上で調理師よりも錬金術師の方が人口が少なく競争率が低いかなと直観的に感じたため、錬金術師を選択した。

結果的に錬金術師の12位ボーダーラインは他より高めだったものの最上位の点数は他よりやや低く、圏外からの12位以内入賞も無かったので、上記は予想通りだったように思う。


3.準備したもの
・魔匠の水薬×150
・チリクラブ×100
・クラフターの製図用紙×300

5.41の前に100位を目指すために準備していたが、必要な物資の量がわからなかったのでだいぶ適当だった。
結果的に100位を目指すには過剰だったが12位を目指すには足りていない、という感じだった。
水薬は途中で買い足し、製図用紙は途中で使うのを止めた(使っても使っても高能率も高品質もあんまり引けない! アクション時間の無駄! と感じたため。けどやっぱり買い足した方が良かった気もする)。


4.ステータスとスキル回し
装備はエースセチック装備のフル禁断(基本ステータスは作業精度2735、加工精度2851、CP569)。
FCアクション込で80分(=食事2回、薬5回)を1セットとして製作を行った。

スキル回しは真価回しと確信回しの両方を試したが、製作失敗の最大の要因が突貫作業の連続失敗だと感じたため、突貫作業の試行回数を減らすために確信回しを採用した。

製作中止の条件は「突貫作業に連続3回で失敗」。
4回目に成功してもリカバリーできないこともないけど高能率を適時に引けないと厳しいし、2分間スキルを回して納品できない代物ができるよりは最初の20秒で損切りしてすぐ次に行った方が単位時間当たりの技巧点は上がるかなと感じた。
ただし素材の減りは大分早くなるのでギルは凄いスピードで溶けていった。


5.ランキング経過
1/13(水) 3113点、瞬間18位
1/14(木) 25170点、瞬間7位
1/15(金) 91741点、瞬間5位
1/16(土) 188463点、瞬間3位
1/17(日) 298793点、瞬間3位
1/18(月) 340345点、瞬間3位
1/19(火) 408739点、瞬間3位
1/20(水) 440374点、瞬間3位
1/21(木) 509599点、瞬間4位
1/22(金) 590491点、最終4位

稼働時間は平日の仕事終わりと休日半日ほど。


6.得たもの
・称号「Saint of the Firmament」
・称号「Beatus of the Firmament」
・カジュアルジャケットチェスト×6
・トライク×6
・蒼天街振興券で交換するマウント、エモート、髪型、ミニオン全部
・マジックプリズム1160個(何に使うんだこれ…)


7.失ったもの
・ギル。3200万の状態で始めて、途中でカジュアルジャケットチェスト4個を計700万で売って、最終的に2900万になっていたので1000万ほど使ったらしい
・エデン再生編N1~3の報酬獲得機会(4だけは行った)
・ルレや蛮族クエストの消化機会


8.感想
・普段マクロでものづくりをしてばかりだったため、マクロが通用しない高難度レシピは手ごたえがあった。状態に応じてスキルを選択していくのは学者が敵のタイムラインに合わせてスキルを当てていく感覚に似ていたように思う。最初は慣れず失敗作を量産してしまったが、最終日にはスキル回しのミスが減り、単位時間当たりの技巧点も目に見えて上昇していたので成長を実感できて面白かった。

・が、やはり人に勝つことを目的とするコンテンツなので気疲れはあった。特に最終日の仕事中は技巧点に余裕があったものの気が気じゃなかった…。

・ランキングに参加していると復興FATEに参加できないのが残念だった(いや、当然参加はできるんだけど時間が勿体なくて…)。ランキング期間終了後に復興FATEが順次進んでいくとよりよいのかなと感じた。

・最初は時間がある人ほど有利なコンテンツかと思ってたけど、実際にやってみるとスキル回しには集中力が必要で、時間だけあってもどうにもならないと感じた(実際、休日もフル稼働は無理だった)。少しでも集中力を長続きさせるためにスキル回しをパターン化して要素ごとにマクロに登録しておく等の工夫が重要で、ランキングを走りながら改善や最適化を続けることが重要なコンテンツだと感じた。


↑↑↑常体ここまで


もしここまで読んでくださっている方がいらっしゃったなら、読んでいただきありがとうございました。
またギャザクラ用のガチコンテンツが何らかの形で実装されると嬉しいですね。
例えばホルミンスター村を大都会にしたりとかw
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数