キャラクター

キャラクター

Veteran Explorer

Saragi Sentinel

Anima (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 1

エオルゼアに来てから2ヶ月経ってたわ

公開
7月末にエオルゼアに来てから、昨日で2ヶ月が経過してました。
グリダニアの雰囲気が好きで槍術士になり、竜騎士になって紆余曲折を経ました。
経すぎた結果、気付いたら白魔道士になっていました。
どういうこっちゃと思うでしょう。私も思ってるけど自分で決めたので別に悔いはないです。

経緯はこうです。竜騎士でストーリーを進めていたものの、IDのマッチングがびっくりするほど遅いことに気付いた私は、「ヒラタンやればマッチングすぐなのでは?」と安易な考えを持ちました。これは新生の中盤ら辺で思ってました。

そして新生をクリアしてイシュガルドへ。イシュガルドは私の念願の地でした。なぜなら暗黒騎士になれるようになるから!ストーリーもそこそこに暗黒騎士になった私は、壁にぶち当たりました。
それは「タンクの練習って野良でやるには怖すぎる」ということです。いや本当にこれが壁でした。レベル上げするにもレベルレやID周回が中心です。そこにタンク初心者が行ったらどうなる…?怒られて心が折れちまうぜ!って思ったのです。

そこで意を決して私はFCへの加入を決めました。FCなら練習に付き合ってもらえるかも!っていう考えです。そして、その考えはあっさり実現することになりました。
FCに所属して早々「タンクの練習がしたくて…」と言ったら呆気なく「いいですよ」と。

いやいいんだ!早っ!

ここからFCのマスターはじめ優しいメンバーの方々との練習やレベル上げが始まりました。手伝ってくれる人がいるとやる気も湧いてくるもので、FCに所属して1週間しないぐらいで暗黒騎士のレベルがメインストーリーに追いつきました。既に60レベルになっていた竜騎士に代わって暗黒騎士でストーリーを進めるようになりました。

そうしたら今度は暗黒騎士が60レベルになってしまったのです。
…いや分かる。皆まで言うな。「そのまま進めればいいじゃん」って言いたいんだろ?その考えも分かるんだけど、私は蒼天クリアレベルが60なら、それ以上は上げたく無かったんです。70とかに到達するのは紅蓮に入ってからで良いだろうと。

もうここまで来たら分かるでしょう。60レベルになった暗黒騎士に代わって選ばれたのが白魔道士だったのです。そりゃもう大変でした。白魔道士といえば初期ジョブの幻術士からレベルを上げなくちゃいけないし、そもそも私はレンジをやったことがありません。他のゲームでも魔法使いのような詠唱時間があるジョブをことごとく避けてきました。でもしょうがない、回復するには薬を飲ますんじゃなくて魔法を唱えてやらないといけないんだ、と腹を括って私はホームであるグリダニアにて幻術士になりました。

そこからはひたすらにレベル上げと練習の繰り返しでした。FCでレベリングをお願いし、ヒーラーの基礎を教えてもらいました。
慣れって凄いもので、レベルが35にもなれば1人でIDのマッチングに挑めるようになりました。45レベルになった頃、FCのマスターに「50になったらアライアンス行きましょうか〜私相方やるので〜」と言われました。もう戦々恐々です。ですが呆気なくレベルは上がっていき、気付けば50レベルを越えていました。そしてアライアンスに挑むことになったのです。
でも、いざ行ったら特に何もやることはありませんでした。行ってみたらアライアンスAだったし、マスターはめっちゃ上手くてガンガン回復してくれたもんだから私はひたすらストンラを唱えていました。時々メディカラを唱えていたぐらいです。呆気なかった。緊張するほどのもんじゃなかったわ。

そんなこんなで私の2ヶ月は過ぎていきました。DPSからタンクを経て今はヒーラーをやっていますが、マスターには「初心者で3色(DPS、タンク、ヒーラー)出せるのは凄い」と言われました。私からしたら全ジョブ80レベルのマスターは凄いどころの話じゃないぞ…と思っているのですが、褒められて調子に乗るのもまた事実なわけです。嬉しいことです。

初心者タグをつけているので初心者の方々が読むかも知れないので書いておきますが、別に「DPSをやろうがヒラタンをやろうが個人の勝手」です。私はマッチングが遅いからヒラタンを始めましたし、慣れが比較的早かったのでヒラタンでメインストーリーを進めようともしています。でも漆黒クリアまで1つのジョブでいく人もいるでしょうし、途中で他のジョブをやってみようかなと思う人もいるでしょう。
「3色出せるからって自慢ですか?」と言われるかも知れませんが、自慢といえば自慢です。なぜなら褒められたので!自己肯定感高めでやっていかないとオンラインゲームなんてやってらんないよ。自信持って3色出せます!なんて言いませんが、いいじゃないか自分のエオルゼアライフの歴史を書くぐらい。何ならヒラタンのレベル上げばっかりしてたからメインジョブのはずの竜騎士はちょっと下手になってました。どういうこっちゃ。

我ら光の戦士は何故かありとあらゆるジョブへの適正があるので、好きなジョブをやったらいいんです。全部のジョブを80レベルにしてる人なんてどれだけ肩書きあるの?私ですら蒼の竜騎士とか偉大な角尊の後継者に選ばれたりとかしてるんですけど、どうなってんだろうねほんとに。英雄どころじゃないよね。

楽しみ方はそれぞれだし、やりたいジョブや得意なジョブもそれぞれですから、各々気楽に楽しめばいいと思います。
いつかどこかで私のことを見かけたら「あ、あいつ3色出来るんだな、フーン」ぐらいに思っておいてください。
まだまだ私も初心者なのでこれからの進化を楽しみにしてくださいね。フフフ
コメント(1)

Niru Tsuetsuegu

Anima (Mana)

私たちメンバーにとっても、サラギさんは自慢の新人さんですよ〜!末恐ろしいくらいに…!(笑)これからも頼りにしてます(*´ω`*)ヘヘヘ
私も若葉さんの頃、ルレをご一緒してくれるメンバーさんが「何でも出せますよ」「余ってるジョブで〜」と言っているのを見て、かっこいい!と憧れたものです。私もサラギさんを見習って、苦手なジョブと向き合っていかなくては…!マスターは私から見てもオバケなので、全ジョブ80になっても「あんな風にはなれないなぁ」と思ってます…。
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数