キャラクター

キャラクター

Lion Bell

Gungnir (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

ドマ城に行ってきました…

公開
こんにちは、ライオンです!
この日記にはネタバレや根拠のない推察が記載されています。

無事、アジムステップの勇士たちを手駒に加えることができた我々は、帝国がなんぼのもんじゃい!とヤンサへ戻ってきました。
烈士庵で皆と合流し、アルフィノくんからドマ城奪還作戦の概要を聞きます。
やっぱ彼がいるとやるべきことがスムーズに決まるので安心します。

皆で決戦に向けて準備を重ね、前日の夜はヒエン様とゴウセツさんとお酒を飲みました。
ゴウセツさんが「侍大将なのに帝国に2回も負けてごめん><」と謝って、ヒエン様が励まし、最後にはユウギリさんも加わって、自分は画面の前で冷めた餃子を貪っていました。
ゴウセツさんにかけられたヒエン様の言葉が胸に刺さります。
なんでこの人は口開く度にいいこと言うんだよ!主人公譲るぞ!

夜が明けたら決戦です。
イシュガルドでは皆で協力して何かをこなすことは少なく、少数精鋭でコソコソ動くことがほとんどだったので、ちょっとドキドキしています。

兵力を削ぐために暴動を扇動するリセさんたち。
ヨルの背に乗って加勢にきてくれた、最早ケンカップルにしか見えないマグナイさんとサドゥさんを始めとする草原の勇士。
ヤンサを南北に隔てる魔法障壁を解除するアルフィノくんたち。
町人地の民を守るために船を進める海賊衆。
ドマ城を水没させるため、城壁を爆破する碧甲羅。
各々に割り振られた役割を皆が遂行し、敵将であるヨツユの逃げ道を塞いで、いよいよドマ城に突入します。オラワクワクすっぞ。

ドマ城へはフレンドさんがご一緒してくれました!ありがとう!
グリーンワートが改造人間になってたのはびっくりしました。
なんだかんだ、彼のチーク濃すぎる顔結構好きでした。残念です。
だんだんギミックが難しくなっていくので、ヒーラーとタンクもきちんと練習して、対応できるようにしていきたいです…死にかけちゃった。

天守閣まで追い詰められたヨツユは「前々からドマの皆に酷いことされてたけど、帝国は初めてアタシに報酬くれたの!だから協力して復讐してんの!」とこれまでの経緯を語りました。
敵のバックボーンを知ると斬りにくいから苦手なんですが、ヒエン様はヨツユの言葉を聞いた上で刃を向けました。一国を背負う者としての責任、きちんと果たせてすごいです。

ヨツユが倒れ、天守閣が爆破され、天井が崩落しかけたとき、ゴウセツさんが天井を支えるために居残りました。侍大将の空気読めなさはここでも健在です。
ここでは空気読んで一緒に逃げてくれよ…。
ヨツユがゴウセツさんの土手っ腹に鉛玉ブチこんでも倒れません。すごい。
ヒエン様が忠臣であったとゴウセツさんのこれまでを労り、最後に「大儀であった」と言葉をかけたとき、寝起きなのにボロボロ泣いてしまいました。
ゴウセツさんは、25年前の反乱と、この前の反乱で主君を失った失敗を昨晩謝ったばかりなのです。
3度めの正直を成したかったのでしょうか。
崩落したドマ城は墓標というにはあまりに大きいのですが、彼の誠忠を思うと、どれだけ墓標が大きくても足りないように思います。身体も大きかったからね。
先の反乱で辛酸を舐めたからこそ、ゴウセツさんには共にドマ解放を成し遂げてほしかったです。
やりきれない気持ちですが、ヒエン様が笑って前に進むというのであれば、自分がお供いたしましょう。

メッフリッドさん以降、関わった人があまり死ななかったので忘れていました。
託された気持ちがあるから、これまで前に進んできたんでした。
まだ止まれないっす。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数