キャラクター

キャラクター

Dualistic Duelist

Mia Kaatapoh

Ultima (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

商館に置かれた手紙②

公開
※この日記はロールプレイに関する記事です。


 
                                               


 「商館に用事があって来たあなたは、一通の手紙を目にしました。
 商会の人間であれば、誰でも利用できる休憩スペースのカウンターにそれは置いてありました。
 どうやら、ミア宛の手紙のようです。 
 ……先日の手紙に引き続き、ですが、飲みかけのお茶があり
 今日は封を開けてすぐにどこかに出かけたようです。
 周りには誰もいません。
 今なら、手紙を読んでも、誰にも気づかれないでしょう」



 ※主催者様にご協力いただき、商館に実際に手紙を置かせていただきました!
 
 手紙を見たことをロールプレイに反映させるかはどうぞご自由に!

 【まるで、女性への恋文に使うような封筒と便箋だ……】

クリックして表示クリックして隠す

 突然のお手紙を失礼します。

 まず最初にご心配なさらずにいてほしいのですが
 わが主の体調がすぐれず
 毎月お送りしている月初めのお手紙が
 貴方様に送れない事を非常に気に病んでおりましたので
 取り急ぎ、わが主に代わりまして、私から送らせていただきました。

 当初は、私が代筆をする、とわが主に申し出たのですが
 あの方は貴女様とのお手紙を自分たちだけの秘密にしたいとのことで
 とうとうご容赦いただけませんでした。

 その為、私から貴方様へ。
 わが主の親愛なるご友人へ。
 あくまでも私からのお手紙として
 失礼ながら、送らせていただきます。

 体調につきましては、いつもの季節の変わり目の事ゆえ。
 このお手紙が届いている頃には復調していることと存じます。
 どうぞご心配あらせられませぬように。

 このお手紙も、早めにお伝えしなければ、
 手紙が届かない事に貴方様がご心配なさって
 何通も手紙を書いてしまうだろうと思っての事なのです。

 あの方らしいでしょう?

 先日の贈り物の事ですが
 あの方が、あれほど喜んでいるのを見るのは初めてでした。
 貴方だけが、あの方と御心を分かち合えているのかと思います。
 
 貴方ならば、ご存知でしょうが
 あの方のご家族様は、誰一人して、あのお方をご理解なさろうとはしません。
 ご家族総出であの方をお縛りつけなさっているのです。
 どなたも、家の行く末しか、興味が無いとでもいわんばかりに。

 それ故、あの方の心の自由を得る事は、貴方様だけが成し遂げられる事なのです。

 少々おしゃべりが過ぎましたか。
 たまに送るお手紙、というのもいけませんね。

 あの方は貴方様をとても愛していらっしゃいます。
 そして、その主に使える者として
 私からも深い感謝を貴方様に申し伝えたい次第にてございます。

 主は貴方様からの手紙を。
 私は貴方様からの手紙で、笑顔になった主を、お待ちする次第にてございます。
 では、さようなら。
  

 パープル・ローズ
 

 追伸
 今回は貴方の侍衛の就任祝いとして
 私からもいくらかのお心づけを同封いたしております。
 
 援助は一切受けない、手紙だけ送らせてほしい、というのが貴方の条件でしたが
 これは私からの個人的なこと。
 この度だけは、どうかお受け取り頂きたく存じます。

 また、あの方にお手紙を送る傍ら、もしほんの少しの時間でもあれば。
 ぜひわたくしにも、時々お手紙を頂戴したく存じます。
 いつか、許可が得た折には、またあの庭園にてお茶を淹れましょう。 

 侍衛の就任、おめでとう。

 


                                               

コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数