キャラクター

キャラクター

Gray Rainy

Zeromus (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

恐ろしき決闘裁判

公開
こんばんわ、レイニーです。
自分の名前をちょいちょいネイビー・ブルーと間違えるという
謎な悩みを抱えています。色が違うじゃん。


---------------


平日は大体ルレとグラカン納品で終わってしまいますが
ぼちぼちメインも進めていきます。


どうみても社会科見学に来た子供たち。引率のオルシュファン先生。

社会科見学で裁判の傍聴に行ったんですけど一体なんなんですかね
決闘裁判
って。(決闘に勝ったら無罪になる最先端の司法制度)

イシュガルド人はあの見た目で蛮族なんですね。
バヌバヌ族でさえ踊りで戦うというのに…
※決闘裁判ってリアルにあったシステムらしいですよ

裁判所もちょっとおかしい。

なぜ法廷に底の見えない穴と可動床があるのか。
発注された施工業者もさぞ困惑したことでしょう。
こんなカラクリがある以上おそらく
有罪になった瞬間床がパカッって開いて落ちるやつ
も標準装備されているに違いありません。
許さんぞ蛮族ども。

裁判長もちょっとおかしい。

テンションが高すぎる。
そしてこいつら法解釈どころか事実認定すらしてません。
立ち位置がコロシアム司会者と変わりません。
たぶんこの国では司法試験とかないんでしょうね。
こいつら「蓋し」とか「畢竟」とか言わなそうだもの。
ノリのいい人」とかそういう募集要項なんでしょう。
この国はもうだめだ。

衆愚化が進むと政治や司法がただのショーと化すことがままあります。
日本もこれを他山の石として健全な国づくりを志してほしいですね。
※締めをそれっぽくすると社会派日記になるかの実験。実験失敗。


---------------

誰もいないイシュガルドの大地でソロでゲームを進めてると
ああ、この寒々しさ、寂しさよ… このゲームはこうだったなぁ…
と妙な感傷に苛まれますね。
街以外本当に人がいない。

この寂しい世界で私は拾えるのだろうか。
次の日記のネタを。

大体そんな感じです。

以上。


コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数