キャラクター

キャラクター

Kei Iek

Carbuncle (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 2

勇気とは怖さを知る事!!!

公開
はやく、アーティファクトが欲しい。。。

現在、とりあえず迷走中。


特別開放させる必要も無いかなと思ったんですが、
ギルドオーダーが全く開放出来てなかったので、FCメンバーに付き合っていただき連投連投!!

のんびりとプレイできて結構癒し

内容としてはIDのギミックの基礎の基礎みたいな感じですね。
敵の強さ的にはエアロを撃ってる間に、DPSによって敵が瞬殺されていく感じの強さ。
なのでDPSさんは退屈かも。

始めたての人は初心者の館に行ったら、ギルドオーダーをやってみるってのも良いかもですね。


けども!あれマッチしにくい!
今回は
FCメンバーにタンク、私がヒラをやり、あとは世界に溢れるDPSが埋まるだけだったので
サクサクマッチしましたが、ソロDPSで申請して、果たしてどうなるのやら。。。
だってギルドオーダーってやってる人いるのかな。。。?
そういう意味だと
4人PTでタンクヒラを埋めてるとはいえ、それでもサクサクマッチは奇跡の賜物だったのでは。。。

そして最後のギルドオーダーは8人PT。
それまでサクサクマッチだったけれど、一行にマッチしない。。。
そりゃそうだろうなぁ!!

なので、ギルドオーダー最終回だけが終わってないですが
まぁ、いつかできるでしょう!



んで、まだまだイシュガルドの地は遠そうですが
イシュガルドは、竜騎士の地。
昔見たPVでもカッコ良かった記憶があります。

なので結構竜騎士を上げておくと良き!
とは聞いてたので、まずは槍術士に。

中の人的には、槍と弓って武器種は大好きなのです
実際、弓を引いていた人間ですし。
だから、その内やりたい、と思ってたので良いタイミングですよね。

如何せんまだスキルが少ないですけど、結構槍のモーションがカッコ良くて楽しい!!
ディセムボウルのモーションが
もうね、滅茶好きだ。。。!



とりあえず竜騎士までなって、今日は終わりです。
以下は、少しだけ槍術士のお話になるので、念のため隠し隠し
クリックして表示クリックして隠す

割と早々にジョブクエで事を起こしてくるフールクさん。

槍術士ギルドに殴りこんできては、ここの教えは「臆病者の教えだ」と吹っ掛けてきます。

槍術士ギルドは、古くは、グリダニアの外からも技術を取り入れ、洗練してきたギルド。
フールクさんも、元を正せばグリダニアの外から来た普通の槍術士。
暗黒面に堕ちてしまった理由も語られるのですが、果たして誰が悪かったのか。
フールクさんはどう立ち回るべきだったのかは、私にはわかりません。

いずれにしても、今のフールクさんは「勇気とは力である」と考えているようです。

そして、やはり過去の仕打ちを忘れられないフールクさんとの一騎打ち。。。一騎打ち?
細けぇこた良いんだ!一騎打ちが始まります!!

しかし、フーリクさん。KEIさんはこう思っているでしょう。
怖いからこそ、震える脚を踏み出すため勇気が得られるのだと。

結果として、フーリクさんは、怖さを乗り越える勇気を忘れてしまっていたようです。
そのまま、雲海の中へと消えていきました。。。

後味悪し!!!
なんだこれ。。。
だれだって嫌な事は、いつまでも覚えているし、思い返して腸煮えくり返ることがあるでしょう。
だからフーリクさんだって、一概に悪者かは怪しい所がある。

でもですね。。。
え、絶対また出て来るでしょ?

という、謎の直観があるので、現状は再登場を果たすのかワクワクしている感じです。


コメント(2)

Barst Dosucalt

Tonberry (Elemental)



進行上でイシュガルドに向かう時に超厚着してけ言われますので、素直に従った方が良いかと。



Kei Iek

Carbuncle (Elemental)

>Barst Dosucaltさん
コメントありがとうございます!

世はそろそろ暖かく(暑く)なってきてますが、
流石に常に雪景色なイシュガルドには見合わないですねw
敵に負けるより、寒さに負けそうです。良き服を見繕っておかないと!
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数