キャラクター

キャラクター

Zakki Ki

Alexander [Gaia]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

零式初踏破

公開



カーテンコール、とても良いギミックでしたね。
現代演劇ではカーテンコールは余韻をぶち壊すので演出としてあえて省かれたりもするのですが、
観客が、ただの消費者ではなくて積極的にそれに加わる参加者へと変身する"ギミック"のように思えて個人的には好きだったりします。
(唐十郎[唐組]は最高ですね。締めの途中から拍手が始まり、そのまま役者紹介中も拍手し続けて気持ちいいです、手痛いけど)



さてさて、零式の感想ですが、野良での挑戦で達成感が凄かったですね。現行極でも同じことが言えると思います。

挑戦開始日が実装週の土曜日、1/8。
赤マテリアが高騰してたので、直前に売り払って金策、下がりはじめて攻略情報が出揃ったら挑戦する算段でした。

一層は1/8に1st try でクリア、きっちり予習すれば(先人たち、攻略情報提供者に感謝)、極武器の方が難しかしいのでは?という印象。
二層は1/10にクリア。野良の練習パーティーで練度が上がってく感じが楽しかったです。と、同時に一期一会で、シナジー合わせや軽減ワークが変わるのが残念だなとも思ったり。


三層は1/16、この辺から零式本番という感も。四回ある黒玉の散開位置の確認、あと、辺獄の炎(通称ピザカット)後の遠隔近接チームの散開位置は、三枚目から一枚目を徹底すると、南北またぐパターンがあって、野良ではまだ十分に浸透されていなあという所感。


そして四層を1/29にクリア。1/21には後半の時間切れをすでに見ていたので、かなりスタックしました。
ギミック的には、前半さえ超えてしまえばあとは簡単で三層の黒玉の方が難しいかと思います。
四層の二幕は、安置を声出し確認して、D3視点では「D4じゃなければ反時計=D4なら時計」とひたすら唱えるだけ。
声出し確認しないと安置忘れますガチで。2つのことを同時に考えるの結構大変です。
そういう意味では前半の「線取るor取らない」、「色安置」、あと三回目のピナクスとシフティングも、面倒なので常にアムレン使って思考の分岐を作らないように意識してました。(この辺はレンジがギミック処理楽な理由でもあるね)

四幕もイメトレをしっかりして、ダージャがついたら「何番目に切るか?」を確認すれば良いです。
なのでソーンヘッジ詠唱中に1A方向に行き、そこの棘と繋がっているダージャならすぐ切る、と準備しとけば楽です。



全体の感想としては、誰かとなにかに挑戦するのは楽しいですね。
いわゆるギスギスにかんしては、件のガイドラインのおかげか、暴言や喧嘩などを目にすることは無かったです。
ただ、失敗に対しては「ドンマイですー」と毎度手打ちしていたのですが、それが続くとなんだか不穏な空気になっていき、パーティーの目標によっては解散の匂いが漂うことなどはありました。
合目的的な集団なのでなにも問題は無いし、当たり前といえば当たり前だとも思いますが、共感性が強い性質なのか、他者の失敗に共鳴して、今辛いのではなかろうかと憐憫を禁じえないこともしばしば。
それを避けるために練習パーティーにばかり入っていたのがスタックの要因なのかなとも思ったり。
VC 繋いで直接メンタルケアとかできれば良いなーとか思ったり。

こんなことを言うと自分がさも出来ていた感出てますが、もちろんそんな訳もなく笑
次回は固定探してまったりやりたいなーという感想でした!感謝感謝!


全然SS撮れんかったので、
ミニオンと笛が出たのと、95 だして武器とった記念写真。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数