キャラクター

キャラクター

Sky Pirate

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 13

他人と関わるのが面倒な人の心理について

公開
私はLSマスターを何年も続けてますので、たくさんの人に出会いました。
オンラインでの付き合い方も人によって様々です。
私が一番気を付けているのが距離感かなぁ~

いろいろな人がいますが、どうしても会話が難しい人はいます。
直接会って会話すると、あーこの方ってこうゆう感じの方なんだーってわかってきます。
LSを作ってから動画の「ヨラ子の部屋」という番組を始めました。
2人で番組を作り終えた後、その方の考え方、遊び方が少しわかってきて付き合いやすくなりました。

ある方は、自分は自由人なので、やっぱりFCやLSには加入しないと、脱退された方もいました。
人間関係が面倒で、好きなときに遊んで好きなときにやめたい
これが最も多いのかな~って思います。

ですが、元々、会話をしたくない人でも結構FCやLS等のコミュニティーにはいます。



FCやLS等のコミュニティー内に加入された方で会話が難しい人には、
ざっくり何種類かタイプがあると思いました。
ちょっとネットで調べたのと合わせてメモ書きして置きます!


初心者
@会話の内容が理解できない。
@オンラインの会話をしたことがない。
@タインピングが苦手


ベテラン
@話を聞くのが苦手、マイペース又は自分勝手
@シャイである、話のテンポが合わない
@人と関わりたくない、人に気を遣いすぎてしまう
@トラブル等の経験で人が怖い
@自分が嫌い(人の嫌なことばかりが見えてしまう)等



まだまだあるし、ほんとざっくりですが、以上のタイプです。

逆に、自戒も込めて、コミュニケーションが苦手だなって思う方の克服の仕方も付け加えて置きます。
@人の長所を見つける (先入観を捨てる)
@人を信じてみる (裏切られるかもと思って怖いかもしれませんが)
@人に期待しない (見返りを期待しない)
@人との距離感を保つ (親しい相手でも、距離が近すぎるとトラブルが起こりやすくなります)




メンバーさんから参考になるお話を聞いたので2021、4/26追記


メンバーさんの引用

「絡みがなかったりタイミング逃して参加できなかったり、最初の一回目とかがすごく勇気がいるので、そこに入りきれなかったら、割りとそこから幽霊になっちゃうかなーとは思います
あとはただ単純に会話してるのを見るのが好きって人が一定数いるとおもいます」








コメント(13)

Mao Ret

Bahamut (Gaia)

コメント失礼します。
完全に指摘してもらっている初心者の枠です…
怖いんです。
話した後の沈黙も、タイピングしてる間に違う会話になってちぐはぐになるのも(;つД`)
でもでもでも!!!
ホントは話したいんす!

w←が怖い…馬鹿にされてるのかホントに笑ってるのか…わからん。

コメント失礼しましたm(__)m

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

まおさん、おはようございます!

Wが怖い~ わかります!
先日、LS内の会話でAさんが〇ジョブはできるけど、〇ジョブはできない~という話で、話の流れから冗談でもなく、真面目な話で、Aさんに対してそれほどの関係でもないBさんが、wwwという反応をして、ちょっと指摘したことがあります。
元からW自体はそれほど好まれる文字ではないので、(私はかなり多用しますが><)Wの代わりに(笑)とか最近では草WWW←草とか使う人もいます。
ただ、私の場合もその方も場合も、テンションや「句点」。代わりにWを気軽に使ってしまう事が稀に良くあります。反省しております。。。
 なので、まおさんも文字通り捉えずに、草が生えてるね! くらいに受け取るといいかもしれません!

Rimumu Rim

Valefor (Gaia)

コミュニケーションが苦手だなって人の克服の仕方、
メモしましたー。

私もそうありたいものですっ。

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

リムちゃん、コメントありがとー
わたしもLSを作る前には2番目の、「裏切られるかもと思って怖い」が当てはまってました。
人を信じられなくなったんですね~
でも、そこから何故LSを作ろうと思ったかと言うと、ひとつはFF11からオンゲをプレイしてきた自信があるのと、裏切った人を見返してやりたいと思ったからです。
まだまだ、人を不快にさせたりもあると思うので、これからも精進していかねば~(*´▽`*)

Elka Feles

Zeromus (Gaia)

初めまして、コメント失礼します。おっしゃる通り人と話すのが苦手な人は相手の欠点を見てしまうのが多くそれを否定してしまう傾向があると私は思います。(私もそんな時がありました。今は改善しました)
特に“長所を受け入れる”は私的にも重要です。短所だけを見てしまうとその人の存在すら否定してしまい他人だけでなく身内(家族や同僚や上司など)までもそうなってしまいボブゴブリンみたいになると私は思います。

どんな人にも利点と欠点というのはあります。
笑ゥせぇるすまんというアニメのセリフに「完璧な人間なんていません。どんなに立派な人でも必ず欠点はあります。それが人間である証です」とあります。私が尊敬する漫画家も昔のペンネームが一字違いでその漫画家と雑誌の編集長から「ややこしい!」と怒られた“しくじり”がありその後本名書く事になったので欠点は避けるのでは受け入れる事が大事だと私は考えております。

そうでないといつまで経っても成長しませんし、最悪の場合それになっちゃうと私は思います。

改善には環境や接し方、理解力が大事ですね。

以上、長文失礼致しました🙇‍♂️

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

Elkaさんコメントありがとー!
んと、たぶん根本は自己肯定があると思います!
自分が受け入れている気持ちがなければ、相手を受け入れることはないでしょう。
先ず、自分を受け入れて好きになる事が大事ではないかな?

社会は初対面同士では、先ず相手を受け入れなければ上手くいきません。
暫く付き合ってみて、もし、付き合う人も選べるなら、なるべく自分が好きな人といいです!無理して嫌いな人と付き合うことはないからねw o(*’▽’*)/

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

訂正 X 自分が受け入れている 〇受け入れられている

Elka Feles

Zeromus (Gaia)

自分を受け入れる。…おっしゃる通りですね。
自分の良い所も悪い所も引っくるめて全部それですからまずはそれからでないと本末転倒だと私も思います。

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

追記しました!

Kielu Tsugomoli

Bahamut (Gaia)

11で少人数ながらもLSリーダー(代理)やったり、裏空とかの大人数の集まりの経験から
単純にチャット(タイピング)が苦手な人と、人が喋ってるのを見るのが楽しい、てタイプの人は居ましたねL(‘▽‘)/
会話のスピードが早すぎて「w」しか打てないとか
なので、ログインされたときの挨拶に「◯◯さんおいすー!」とか、お名前を入れてお返事するようにしてました(*´ー`*)
せっかく同じLSなんだから、ちょっとでも自分はここに居るんだな、と思ってもらいたくて

と、思うウサギさんなのでした

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

キエルさん!
ほんと色々な人がいるよね。
初めて会ってこの人どんな人だろう~っていつも興味津々です!
わたしオンゲの一番のコンテンツやキャラだと思ってるので、だんだん仲良くなれるとクエコンプというか、嬉しくなります♪
キャラ名はとても大事です。みんなが思い入れて考えた名前だからねー

Anzy Farfalla

Yojimbo (Gaia)

《フレンドになったけど全然遊べてない、って言うけど、会った時エモートしてくれるだけでも嬉しいんだわ。顔も名前も知らないけど友達になってくれた人が今日も自分の大好きなゲームで遊んでくれてるってだけでなんか嬉しいんよ。
あ、今日もいるな😊挨拶してくれた!ってだけで嬉しいんよ。》

これは、私を救ってくれたある方のツイートです。私も、F F14の中でいろいろ人間関係で悩んだりつまづいたりしてきました。でも、エモートという最高のコミュニケーションがあるじゃない!と改めて気付かされました。
きっとキャラクターの後ろには生身の人間がいる以上どうしてもいろいろ考えてしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。でも、せっかく出会えたのだからエオルゼアで過ごしている間は、幸せな気持ちで過ごせたらなー、と考えている、今日この頃です。
追伸、
私も『w』はよく使ってしまいます。タイピングが遅いという言い訳で使うことも多いですが、素直に笑顔を表しているつもりで使っています!
長文失礼しました。

Yoran Oran

Valefor (Gaia)

アンジーさん!
うんうん!エモは簡単で最高のコミュニケーションだね♪ (*''▽'')
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数