キャラクター

キャラクター

Lonely Explorer

Bikkle Kfgh

Unicorn (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

パッチ5.0 80レベル モンク 踏鳴中のスキル回し考察・計算(踏鳴回し)

公開
おはようございます。ビックルと申します。例によってツイッターの宣伝からしましょうか。
@Bikklekfghでモンク用のツイッターやってますヽ(・∀・)ノ

さて前回のモンク日記では換算値だとか、掌正正回しだとか、開幕回しだとか色々計算しまして、結構な反響がありました。
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/5075968/blog/4167991/
お読みいただいて本当にありがとうございます。今度ともどうぞよろしくお願いいたします!

てなわけでパッチ5.0での2つ目の日記です。前回の日記では「開幕回し・新しい闘魂回しの是非・サブステ換算値・掌正正回しなどなど」についての計算を書かせていただきました。
今回の日記で踏鳴中のスキル回しに関する計算を終わらせ、こまごました計算を載せたまとめ日記を来週にでも書いて、全3回で5.0モンクの考察を終えたいと考えていますので、小難しい話はいらない、結論だけが知りたいなど興味がおありでしたらそちらもどうぞご覧下さい。

ということで本編ですが、今回の日記は計算が膨大で、疑問も沢山ある割に、書かなければならない結論が少ないという、何とも書き方が難しい感じです。




はじめに

クリックして表示クリックして隠す

踏鳴は
一定時間、発動条件に「型」を持つウェポンスキルを、「型」が付いていなくても実行することができるようになる。
効果時間:10秒

というスキルです。

このスキルをバフとして用いて、スキル回しの枠組みに入れることで火力の向上が望めないか?また、望めるのであれば、どのように用いるのがベターか?が今回の計算のテーマとなります。
ということでまず、踏鳴の特徴と、その注意点についてここに書いておきます。以降の計算はすべて、この3点を考慮した結果になりますので、ぜひご一読ください。

1・アビリティ故、入力にディレイを入れることで(WS発動後に一拍置いてから踏鳴を入力)最大6WS挟むことができる。
2・踏鳴終了後は型が消える
3.10秒間好きなWSを放てる
4.SSは1300程度を前提としている


1.最大6WS入る
ぜひ一度木人相手に試してみてください。結構シビアです。そのため「6WS入れるつもりが、5WSしか入らなかった」ということが安易に起きる可能性があることをご理解ください。


2.踏鳴終了後は型が消える。

これはコンボ上の都合から「踏鳴後には型の付与されていない1型を放つ必要がある」と言い換えることができます。これに基づき、先にその威力について記しておきます。

型無の1型技


双竜
側方の方向指定は有効で威力200
連撃への双竜バフが付与されない


連撃
双竜バフ込・威力300
双竜バフ無・威力150



3.10秒間好きなWSを放てる。
これが非常に厄介で、何を持って最善とするかを判断しかねる一要因です。この日記においては、「双竜・連撃」を繰り返すことで得られる威力収支を基に、スキル回しを組んでいます。いわゆる変則版の連撃マンですね。
そのため、今後の計算如何でまったく別のスキル回しがヨシとされる可能性がありますので、ご承知おきください。


4.SSは1300程度を前提としている。
これは紅蓮の極意中のWSにも関与する問題で、おそらく今後のモンクはSS1300あたりが前提になると思います。まあその辺はまとめ日記の方で詳しく書きましょう。




連撃後踏鳴使用(バフ切らさず)=踏鳴回し

クリックして表示クリックして隠す


ここでは、連撃後に最も簡単かつ威力収支を得られるスキル回しに関して記します。
言い換えればこの回しが現状考えている中で「最も汎用性が高く、状況に縛られにくい回しである」とお考えください。
今後の日記で書くときに不便ですので、私の日記の中ではここで紹介する回しを「踏鳴回し」という名前で呼ぶことにします。ただこれは将来的により良い回しが見つかったときに変わるかもしれません。


・結論

200~230ほどの威力相当値(破砕の有無によって多少上下があります)

WSが5回になった場合:25ほどの威力相当値

基本ルール
・連撃後に踏鳴を使用
・双竜と連撃は2ペア使用(書く回ずつ使用)
・双掌と破砕は、切れそうになったら更新(破砕優先)
・破砕が切れないようであれば、崩拳をどこでも1回使用

この4点を絶対として、最後に一つ。

・踏鳴後は連撃ではなく双竜使用

としてください。


具体例
連撃(踏鳴)双竜 連撃 双竜 双掌 崩拳 連撃(踏鳴切れ) 双竜 正拳 破砕


また、想定外に踏鳴中のWSが5回になってしまった場合、連撃の回数を減らすことで対応が可能です。

具体例
連撃(踏鳴)双竜 連撃 双竜 双掌 崩拳(踏鳴切れ)連撃 正拳 破砕

日本語だけだとわかりにくそうなので後で動画にして載せときます



・特徴

簡便かつ高威力。また非常に汎用性が高いです。
まず、通常時スキル回しへの影響がありません。バフが終わった後双竜が入るものの、そのあとは双竜 双掌3型といったように、通常の回しにもどることができます。
このため、紅蓮の極意への入りやすさやギミックへの対応力が高く、同様にして踏鳴中のWS回数が5回になってしまったとしても、対応が簡単かつ不利益が生じません。
現状の考えでは、この回しが最適ではないかと考えています。



ちなみにこれが結論で、日記の残るすべては計算の供養ですのであしからず?ヽ(・∀・)ノ

------------------------ここまで読めば十分---------------------------------

・WS6回についての計算

この踏鳴の計算は非常に煩雑で、1の型後に踏鳴を使用すると仮定したとしても、破砕の位置3種*双竜後か連撃後かで計6種類の計算が必要になります。
また、この破砕の位置の影響で、完全にスキル回しを固定化はできません。そのためルールという形でっ記しました。

連撃後の踏鳴使用



黄色の部分が異例の双竜で赤背景に黄色文字が収支です。

踏鳴中に破砕を更新しなくていい場合に限って、その直後の3型で破砕を入力しなければならないため、威力に違いが出ています。


双竜後の踏鳴使用




以上を見ていただくとわかるかと思いますが、双竜スタートでも収支は利益が出ます。ただ、優先順位としては連撃が上で、たとえリキャスト戻りと双竜が合ったとしても、次の連撃まで待つべきかと思います。もともとが「使う見込みのない踏鳴を活用したい」ということがスタートですし、開幕回しに連撃後の踏鳴を組み込めるのであれば、2回目以降の踏鳴は自動的に連撃と大体合うかと思います

WS5回についての計算





WSが5回であった場合、どの破砕パターンであったとしても破砕を切らすことがありません。そのため、威力は変わらずおよそ25程となりました。





連撃後踏鳴使用(双掌バフを切らす)(一応読む価値はあるかも?)
クリックして表示クリックして隠す

これは、踏鳴回しの変化版で、掌正正回しを前提とした回しです。

結論

180~250ほどの威力相当値

WS5回の場合
30ほどの威力相当値



ルール(使わないと思うのでので覚えなくていいです)
・連撃後に踏鳴を使用
・破砕は、切れそうになったら更新
・破砕が切れないようであれば、崩拳をどこでも1回使用
・双掌は打たない
・連撃2回と双竜3回を打つ



・特徴

これは、ベースが掌正正回しになっています。掌バフが竜と掌に乗りません。また、踏鳴後に掌正正の形で通常スキル回しを戻す必要があります。
通常の踏鳴回しに比べると、やや、本当にやや、威力の向上は認められますが、普通の踏鳴回しの利便性にはかなわないため、通常回しから用いるのであれば、わざわざ使用するほどではないと考えています。

しかし、もし、掌正正回しがメジャーになる時が来るならば、この回しも日の目をあたる時が来そうです。


------------------------ここまで読めば十分---------------------------------


・計算



踏鳴回しに比べ、威力一桁台多い感じです。ただ、いくらなんでもこれは誤差だと思います。

しかし、掌正正回しをどのように扱うべきかが非常に難しいですね。100パーフを狙う日記ではないと最初に言って始めた日記ですが、そんなことを言うならこの踏鳴回しは99パーフを狙うために必要なのかって話になりますし、当然それに対する回答は「いらない」になるわけです。
けど、リキャ120秒の威力200のアビリティを使うべきではないとするのか??ってのは思うところがありますし、それなら掌正正回しもそうじゃんって話ですよね。うーーーんまあいいやヽ(・∀・)ノ





双掌後踏鳴使用(読まなくていいです)
クリックして表示クリックして隠す


この踏鳴からの回しはすべて、連撃をいかに使うかということを考えているため、Ⅲの型での踏鳴の使用は正直論外なわけです。連撃マンとして生きるために、唯一考えられるほかの選択肢として挙げられるのがこの双掌あとの踏鳴使用なのです。だから計算しましたアピールです。


・結論


150~200の威力相当値

ルール(使わないと思うので覚えなくていいです)
・双掌後に踏鳴を使用
・総省は踏鳴終わり後で使用
・双竜2回と連撃3回使用
・破砕は、切れそうになったら更新
・破砕が切れないようであれば、崩拳をどこでも1回使用


・特徴
もうね、連撃優位だってわかった時点でどうでもいいよね…?
一応、これも正掌掌に戻る回しです。
まあ、ほら、例によって掌正正回しがメジャーになったときに使う可能性はあるよ…!?
またぶん、5.05が来て4層で100パーフを狙う日記を書く時が来たら再計算はすると思います。ただ、5.05でまじめにいじられたら、掌正正は消えそうな気もしてます。
まあ、一応は儲けも出ますので、まったくのナンセンスであるというわけではありません。


------------------------ここまで読めば十分---------------------------------


・計算



一応は数字はでます。ssの価値が現在の考えから変わったりして、掌で踏鳴が戻ることがあり得るようになったら選択肢になるのかな…?
連撃マンとして生きていくことが前提ならば、たぶんここで出した3択以外は今後も出てこないかと思います。ただし掌正正からつなげるとなった場合はその亜型は生じるかもしれません。ただ、あくまで亜型になると思います。






紅蓮の極意中の踏鳴使用

クリックして表示クリックして隠す

ごめんなさい。これ計算してないんです。
何故かと言えば、これだけ計算の考えがまったく違って、シナジーからの計算をする必要があるんです。

上記で計算してきたとおり、踏鳴中のws回数は6回でなければ大した儲けは出ません。そのため、確定でws5回になる紅蓮極意中は”基本的には”使用しなくて構わないと考えています
しかし、完全にシナジーのタイミングを一致させることのできる環境下であれば、話は変わるかもしれません。連撃と双竜の組み合わせは瞬間威力が上がります。ダマシと組み合わせることで、その10秒間の単位間威力を大きく上げることができる可能性はあります。

ただ、その結果が、威力200という、単体の闘魂回しを上回るものかはわかりませんし、使う場面も非常に限られてくると思います。
例えば、迅雷4をキープして履行技が終わり、紅蓮の極意と踏鳴の両方がリキャストから帰ってきていたとしても、優先されるべきは破砕 双竜 双掌 であり、そこから連撃を待つ頃にはダマシは入り終えているかもしれません。

結局はその場その場での状況次第なところはあるのですが、現状では100パーフを考えないのであれば、先にも述べたとおり、紅蓮の極意中に踏鳴は使用しない方が無難だと考えています。





最後に

途中でもちょっと書いたんですが、この踏鳴回しは、どこまでおすすめすべきスキル回しなのか、非常に困っています。用いたくないのならもちろん用いなくていいと思います。非常に微々たる差しか生まれません。
これはリキャスト120秒でバフ込威力200相当。つまり、言ってしまえば羅刹の3割程度の威力しかありません。DPSで考えても300程度でしょう。この数値に価値があるのかと言えば、私はあると思っています。ただし、価値を見いだせないという意見も理解できます。

闘魂回しの時もそうだったんですが、ほんのわずかなDPSための努力は自己満足です。なくて構わない存在です。ただ、モンクに残された唯一のテクニカルというか、小細工のできる場所であったため、大きく取り上げました。というか、無我スタートで開幕回すとなると、一生踏鳴を使う場面が無くなるという意味なので、非常に気持ち悪くないですか…?そんなレベルの日記です。

これができないならモンクは使うべきじゃない。とかそんな回し未だかつて存在したことなんてありません。楽しければそれだけで十分だと思います。もし、この小細工が面白そうと感じるならぜひ用いてください。もし、面倒だと感じるなら、この日記を見たことを忘れてください。ヽ(・∀・)ノ






たぶん、5.05でまた、大きく修正が入ると思うので、それまでの間は計算はこれくらいでおわりかなー?と思っています。まあ、何秒以上敵から離れるなら六合が優位なのか?とか、IDでの範囲火力とか、計算しようと思えば、できるんですが、割とどうでもいい内容ばかりなので5.05来てからにすると思います。
ってことで、次回は、計算部分を省き結論だけを書いて、具体的にDPSを上げるための差が付きやすいところからモンクが考えるべき優先順位を含めたまとめ日記を書きたいと思います。
多分来週の日曜かなと思いますので、もしよろしかったらどちらもどうぞご覧ください。


ではではヽ(・∀・)ノシ
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数