OFFICIAL WEB SITE

「ファイナルファンタジーXIV 複製原画<8種>」ご予約受付中!

本日は、12月20日(金)からお届け開始予定の「ファイナルファンタジーXIV 複製原画」をご紹介します。

9月に開催された「FINAL FANTASY XIV Orchestra Concert 2019 -交響組曲エオルゼア-」で展示していましたので、来場されたヒカセンのみなさんにはイラストの細かい表現や鮮やかな色合いをご覧いただけたのではないでしょうか。

今回は、「この複製原画ってつまりどういうものなの?」という疑問にお答えします!

20191115_km_01.jpg今回の複製原画には、大日本印刷による「プリモアート」という印刷技術が活用されています。
特徴は、なんといっても豊かな色表現!
FFXIVのイメージアートは主にデジタルで彩色されていますが、この技術によって通常の印刷物では出せない発色が可能になっています。

液晶モニターなどのデジタル環境下では、"光の三原色"と呼ばれる「RGB=レッド(赤)、グリーン(緑)、ブルー(青)」のかけ合わせで色を表現しています。
たとえば赤い光と緑の光を重ねると黄色の光に見えるように、重ねるほど明るく鮮やかになり、白に近づいていきます。

一方で、一般的なフルカラー印刷は、「CMYK=シアン(青)、マゼンダ(赤)、イエロー(黄)、ブラック(黒)」という4色のインキで色を表現しています。

"光の三原色"が重ねるほど明るくなるのに対し、"色の三原色"と呼ばれるC・M・Yの3色のインキは、重ねれば重ねるほど暗い色になっていきます。
それゆえ鮮やかな色の再現には向いておらず、表現できる色の幅に限度があるのです。

20191115_km_02.jpgそれに対し「プリモアート」では、なんと10色のインクを使っています。
重ねずに表現できる色の種類を4色から10色に増やすことで、より幅広い色域をカバーし、細かな彩度や色の濃淡を再現しています!

20191115_km_03.png今回の複製原画でも、たとえば透明感のある鮮やかな青など、通常の印刷では難しい色が再現されています。ぜひ、お手元でご覧くださいね!

色味チェックを繰り返してこだわりの色を再現しているほか、絵の雰囲気に合わせた額縁も必見です!!

11月25日(月)23:59までにご注文された方は12月20日(金)にお届け予定ですが、11月26日(火)以降にご注文される方は、冬季休業期間の事情により年明け1月14日(火)以降にお届け開始予定です。
受注生産のため少しお待たせしてしまいますが、ご了承ください......!

ラインナップはこちらの8点です。
壁にかけて、イーゼルに飾って、床に立てかけて、ご自由にお楽しみください!

『暁の血盟』
20191115_km_04.jpg


『竜詩の群像』

20191115_km_05.jpg


『紅蓮の群像』

20191115_km_06.jpg


『漆黒の群像』

20191115_km_07.jpg


『最期の咆哮』

20191115_km_08.jpg


『乱れ雪月花』

20191115_km_09.jpg


『闇の戦士たち』

20191115_km_10.jpg


『ゼノス・イェー・ガルヴァス』

20191115_km_11.jpg


ご予約・購入はコチラの特設ページから!
クリスマス前にお手元に欲しい方は、お早めにご予約くださいませ!

※「プリモアート」は大日本印刷の登録商標です

最近の記事