製品

プラットフォーム

リテーラー

GO TO SHOP

新ストーリー

「紅蓮のリベレーター」では、光の戦士たちの新たな物語と多数のクエストや新エリアが追加される。
物語のカギを握るキャラクターや、まだ見ぬ蛮族や蛮神、多数のモンスターなどが待ち受ける新たな冒険の舞台を紹介しよう。

新たな冒険の舞台蛮族/蛮神

新たな冒険の舞台

ドマ
アラミゴ ギラバニア
アラミゴ
ドマ 紅玉海 ヤンサ アジムステップ ひんがしの国「クガネ」

蛮族/蛮神

豪神スサノオ

コウジン族が呼び降ろした豪の神。
三種の神器に宿っていた八百万の神の一柱であり、海の神としての顔も併せ持つ。戦をも祭りと愉しみ、挑む者には容赦なく、神剣「アメノムラクモ」を振り下ろす。

蛮族コウジン族

紅玉海に古来より棲まう海洋民。
水中での活動に長け、豊かな海の恵みを糧として暮らしてきた。物に宿る八百万の神を信じており、その依り代となる名品や逸品の類いを集めることに余念がない。

美神ラクシュミ

美神ラクシュミ

アナンタ族が呼び降ろした美の神。
美に加え、豊穣と癒やしの力を持つとされ、神話によればアナンタ族にも、その力の一部を分け与えたとされる。心優しき存在であり、「魅惑の抱擁」によって信徒たちの心を癒やす。

蛮族アナンタ族

ギラバニア辺境地帯に棲まう先住民。
その上半身は人に、下半身は蛇に似ており、女性のみで構成されるという特徴がある。また、魔法によって金属を成形し、美しい装飾具を造り出す技を継承してきた。

豪神スサノオ
豪神スサノオ 蛮族コウジン族
豪神スサノオ 蛮族コウジン族