キャラクター

キャラクター

A Requiem For Heroes

Ginj Tulkhuur

Mandragora (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

《考察》なぜアラミゴ人は嫌われるのか?

公開


■はじめに
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 Patch 4.4 狂乱の前奏曲 までをクリアした状態のヒトが書いてるよ。
ここまでに分かったコトのネタバレには一切配慮してない。
アラミゴが好きなヒトがいることは承知している。
また、アラミゴ批判をシたいわけではないのでご了承願う。


■アラミゴ人とは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 西州東部、グリダニアの先にあるギラバニア地方出身のヒトたち。
紅蓮のリベレーターの舞台のひとつであり、ガレマール帝国の属州のひとつだ。
筋肉隆々に発達したヒューラン(ハイランダー)が多く生息している。

ウルダハ、グリダニア、リムサ・ロミンサにいるハイランダーのほとんどは
帝国の支配から逃れるために亡命してきた難民のアラミゴ人になる。

グリダニア方面には精霊の許しを得て都市に受け入れられた人が暮らし、
南ザナラーンのリトルアラミゴとウルダハのパールレーンには、
ウルダハを頼ってきたものの思うように生きられない人たちが燻っている。

――アラミゴ人は少なからず差別・迫害を受けてきたため、荒れた態度のヒトが多い。
これは俺の持論だが、追い詰められているヒトほど相手の優しさを信用できなくなり、
荒々しい態度をとっても変わらず助けてくれるかどうかで優しさを確認するコトがある。


多くのヒトは、ヒトを試すために乱暴な態度に出るヒトのことは許せないだろう。
俺もそっちなので、アラミゴ人の俺たちは被害者なんだぞって態度、
内地の奴らはのうのうと過ごしやがってって逆恨みめいた態度には同情できなかった。

■距離感の差
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 さて、グリダニアには精霊の許しを得て都市に受け入れられたヒトがいる。
その中でも代表的なのは双蛇党で部下をもつ「ゲイルハード」だ。

ゲイルハードの部隊にはアラミゴ人とグリダニア人が混ざっているので、
親睦会を開こうとしたところ、不和が起こって隊に亀裂が入ったそうな。
原因を解明しようと隊員たちに話を聞くと以下の通りだった。

アラミゴ人の隊士
「……オレたちは移民でありながらも、
 今日までグリダニアのために命を張って戦ってきたつもりだ。
 だが、未だにグリダニアの連中はオレたちを蛮族のように扱う!

 それでも隊長は諦めず、グリダニアの連中と親睦を深めるための茶会を開いてくれた。
 だが連中は、あろうことか茶会の途中で帰りやがった!
 茶会がアラミゴ様式に傾倒しているのが気に入らないと!
 こっちはアラミゴのことを知ってもらいたかっただけなのに!

 そのことがあってから、オレらと連中の軋轢ははっきりした。
 以降は作戦行動中の食事や隊内生活においても、
 アラミゴ人だけで固まって行動するようになったのさ」

グリダニア人の隊士
「私が原因で隊内に不和をもたらしてしまったことには、責任を感じています……。
 だから隊長が開いてくれた茶会の誘いにも応じました……。
 ですが、そこで出されたお茶は、アラミゴのものでした……。
 彼らはグリダニアに歩み寄る気があるのでしょうか?
 グリダニア様式に染まれ、とまでは言いません。
 ですが、せめて中立的な場であることを、示すようなものであってほしかった……。
  ……愚痴っぽくなってしまいましたが、以上が私の意見です」


うん、俺はアラミゴ人が悪いと思う。
「歓迎されてないのに突き通そうとする」ってどう見られるか頭回んなかったの?

ついでにいうと俺はこういう時に感情的な方が苦手なのでコレはグリダニア派。

■良いか悪いかでいうと「個性」「傾向」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

リセの言動でも度々あったけど、なんつーか、アラミゴのヒトって直情型だな?
人情派といえば聞こえはいいんだけど、暑苦しいっつーか、距離が近いのよ。
俺がこんだけ思ってやってんだぞー!善意だぞー!好意だぞー!
こっちは良くしようと思ってんだぞー!ってハートで殴りかかりすぎなんだよな。


あのな。野生動物を狩る時、いきなりウオオオオーッて突っ込んでいったら
向こうは逃げたり抵抗したりするだろ。人間関係も一緒なんだよ……。


ウオオオオーッて来られたらウオオオオーッて返すのがアラミゴの礼儀かもしれない。
ケド、それはアラミゴの礼儀だ。他の国やヒトに絶対に当てはまるモノじゃないんだ。
リセはそこのところ、ドマに行っている間に学んでいったと思うンだけど。
基本的には学ぶ機会なく、「なんだこの国のやつは!」ってなるんだろなァ。

なぁ? ヴィダルゲルト。イルベルド。
ヴィダルゲルトも初めはイルベルドのような独り善がりだったが改心した。
イルベルドはいつまでも差し伸べられた手を払い除けて、自分だけが正しいと思った。
他の国やヒトなりの善意・好意・助けってものが理解できなかったから。
自分に分かる形の、自分が正しいと思っている助けを出してくれない周りを憎んだ。

――余計なシゴトばっか増やしてくれた。時代が生んだ悪なんかじゃない。
勝手に期待して、勝手に絶望して、良くなりかけてる現実すら無視して、
たった一人で何も知らないヒトたちを巻き込んで自殺した大馬鹿野郎だ。

……ちょっと私情が入ったが、イルベルドもやっぱり人情派だということだ。

■ヒトを思うのは素晴らしいが、想いを誇示するのは素晴らしくない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 誰かを思いやるってのは素晴らしいコトだ。
誰かのために動くってのもまあ素晴らしいコトだろう。
しかし、それが恩着せがましくなった途端、承認欲求が丸出しになった途端、
素晴らしさのかけらもないゴミに成り下がってしまう。
自分のほうが思いやってるだとか、上下をつけはじめたらなおさらだ。

確かにアラミゴのヒトたちは、辛い目に遭ってきたのだと思う。
だが、グリダニアからすれば、100年前に戦争を仕掛けてきた国のヒトでもあるから、
すぐに受け入れられなかったのは致し方無いと思う。
けれど、100年前の責任を今のアラミゴ人に背負わせるのは酷だと思う。
けれど、アラミゴ人特有の熱意的な結託を他の国に急に求めるのも違うと思う。


「もうこんなに歩み寄っただろう」と思うのがアラミゴ人はちょっと速いのかと思う。
「俺達だったら見捨てないのに」「俺だったらすぐ動くのに」という感情から、
動けない事情のあるヒト、動くのが難しいヒト、少しづつ動いているヒトを批判する。
――結果として、アラミゴ人は嫌われやすい形になるんじゃないかなと思う。

アラミゴ人が好きなヒト、ってのが俺のフレンドの中には今の所いないのだけど
一度だけモンククエストをとっても褒めてどこが素晴らしいか語ってたヒトの手記を
どこぞで読んだ時、そのヒトはすごく愛国心や人情について話していたと思う。


感情は理性を超越し、時として猛烈な暴走を見せるのだけど、そこには愛がある。
他人から見て迷惑でしかない行為も、愛に狂ったがゆえの行動なんだってコトに
一種の輝き、素晴らしさを見出すヒトはアラミゴが好きなのかなと思う。


■環境、事情、そして人柄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アラミゴ人が好きなヒトも、アラミゴ人の言動を全て許してはいないと思う。
迷惑をかけるのはいけない。それはそれとして、彼らの人情は素晴らしい。

そういう目線でアラミゴ人を見直してみると見えるコトがあるかもしれない。

……そうそう。強大な力を持ってないヒトが多いってのも、考えどころかも。
物資もなけりゃ、力もない。あるのは燃えるハートひとつだけ。
そんなヒトはどうあがいたって短絡的な思考に陥りやすいモノだと思うンだ。

広く開かれた学校とかも、なさそうだしね……。


コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数