キャラクター

キャラクター

Mammeteer

Lucky Bancho

Carbuncle [Elemental]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 2

ファンフェスの思い出2019

公開
FF14ファンフェスティバル2019inTokyo、参加された方お疲れさまでした!

今回、チケット抽選はハズれちゃったけどFCメンのエミさんがペアチケットを当ててペア枠に誘っていただき、2014年,2016年そして今回2019年とファンフェス皆勤賞な番長です。

前回はFCメンはハズクさんとダニーさんの2人だったけど、今回はFCメンバーが6人(自分入れて7人)も参加できて2日目最終日は会場近くのお店で打ち上げ(?)もできて、とても楽しいイベントだった。

また今回は前回にもましていろんな人に会うことができて、頂きモノをもらった人の分だけでも戦利品がこんな感じに!※配置しきれなかった人ごめんなさい!


いままでも会うたびにいろいろ貰っていて何も返すモノもなく「どうも番長ですー」ってだけなのが手持ち無沙汰だったので、今回は名刺代わりにLodestone国勢調査の特別号外版を用意した!


中身については、ページ数の都合で省いたNAやEUのデータなども加えてその内ブログ「The Diaspora Lodestone」の方で公開する予定で、一足早くお届けした形だ。

今回用に集めたデータというわけじゃないけど、たまたまタイミングが合ったからファンフェスに向けて一度リアルなブツにしてみようと作ってみたら、書いている内にこの情報もないとすっきりしないな・・・と当初の予定から急遽データを追加収集したりして、自分的にはかなりイイ感じ仕上がったと思っているので、ブログ記事版を楽しみにしてほしい。



前回有用だった現地組情報交換用のTwitterDMグループを今回も作成してフォロワーを中心に参加呼びかけたところ、結構いろんな人が参加してくれた。当日も朝の現地の天候や入場待機列の状況、各アクティビティの待ち状況など積極的に情報交換に活用してくれた。TwitterのTLで拾えたり、ツイートしたらリプで返してくれることもあるけど、やっぱり発信(Tweet)と質問は質がまた違うので質問の投げやすさはグループチャットの方がいい。当初、オープンに募集して参加者のだれかが誰かをブロックして誘えないとか個人間の人間関係で面倒なこともあるかな、と思ったけど特にそういう事もトラブルもなく、純粋に今回もやってよかったな、と思った。





前回は現地先行発売の世界設定本に奇跡のサインが集まって開発スタッフの方々とお話もできたけど、もうあれ以上の幸運は無いなと思ってほぼプレイヤー交流中心のファンフェスだった。アクティビティも並ぶ時間で交流できるチャンスが少なくなるのも嫌だったので1個も行かなかったけど、人気アクティビティはやっぱりいろいろ混乱があったようだね。

ファンフェスに3回参加してきて、良くなっていたところ、問題に感じたところいろいろあるのでダイジェストで振り返ると

・[Good]グッズの事前購入は本当に良かった。それでも当日販売はある程度混雑していたけど事前販売が無ければあれじゃ済まない。当日の交流の時間が作れたのも物販事前販売の恩恵が本当に大きい。
・[Good]ファンフェスのお土産セットのバッグが本当にいい出来(画像左。右は2016年のファンフェスのもの)。布製で普段使いできるクオリティ。当日は出張グッズ販売限定でも売っていたけど在庫があればeストアで販売もあるかも?

・[Good]会場が広く、ホールを出ても座れるスペースが沢山あったので立ちっぱなしになることがなかった。
・[Good]一般入場組には申し訳ないけど優先入場は本当に楽だった。価格分の価値は確実にあった。いち早く入場できて、入場の段階でお土産ももらえて(一般は引き換え券)、前からネタに上がっていたアサヒ君のお面を運よくゲットしてこんな動画に結構反応が貰えた。

・[Good]センターの超大型モニタ以外に各所に大型モニタが複数あったのでメイン放送の内容だけならどこでも観れたので無理して前に行く必要がない。前に行く意味は生で見て同じ空気を感じるくらい。
・[Bad]現地でコンテンツをプレイする系は自分の設定(見た目やXHB設定)が持ち込めないとやる気が起きない。折角サーバー保存が出来たのでいずれ改善してもらいたいが、それでも参加希望人数が多くてアクティビティの待機時間やら待機列捌きが混乱したので、便利にしたところで現場が耐えきれないだろうから根本的に難しいのかな、と。
・[Bad]ファンアートは素晴らしかったけど、電子チケット組の投票がチケットシステム(RMTG)の流用でこれが本当に酷かった。イラストやSS未加工、SS加工、リアルクラフトの部門別に6つの観点で投票するという発想は良いのだけど、作品は移動しながら見るのでそんなに覚えていられないし列を逆走して見返すこともできない(1位、2位くらいならこの形でもできるけど6つは破綻している)。投票は6つ全部必須入力になっていて、候補ナシが一つでもあると投票できない。そこで見直すためにモタモタ並び直そうものならセッション切れでやり直し。Lodestoneとかだと当選者との紐づけが出来ないからEMTGのシステムを使ったのだろうしオンラインの方が便利だったらやる意味があるけど、これなら紙チケの人と同じく入場時に投票用紙を配るべきだった。
・[Bad]最終日のライブでの誘導で前列の人が後列が前にくる勢いで圧迫されて知り合いが体調を崩して離脱した。事態を重く見て吉田P自ら声かけして誘導してくれて楽にはなったけど体調を崩した人にとっては楽しみにしていたライブを台無しにされたことには変わりない。

当日の問題点の多くは「人がすごく多い」に帰着するので、来場者全員が満足できるようにするには当選者を絞るしかないけど、自分みたいな交流が目的だと当選者を絞れば会える人も当然少なくなる(そもそも自分が当選する確率も下がる)。実際のゲームでも運営は1人でも多くの人が楽しめるように・・・とキャパのギリギリまでプレイヤーを受け入れる方向にジャッジする傾向にあると思うし自分はそれに助けられている面が多い。しかしゲームでの混雑はラウバーンに話しかけてもコンテンツが始まらないとか、言ってしまえば問題が起こってもその程度だけど、現実での混雑で何か事故が起こったらシャレにならないのでその辺は十分準備してやって欲しい。



回を追うごとに大規模になっていくFF14のファンフェス。プレイヤー数の伸び以上に日本でのファンコミュニティの成長と成熟が要因として大きいのではないかなと思う。
基調講演も無料で見れるようになったしグッズも事前購入でチケット当選者でなくても買える。現地に来る意味って、やっぱりALL光の戦士なあの会場全体の空気感と会いたくてもなかなか会えない人に会うチャンスがある、って部分が大きいと思う。それはプレイヤー同士のコミュニティが大きくなるにつれてそのその部分のモチベーションはより大きくなっていく。
最初の2014年に参加した時は「誰かに会えればいいなー」くらいだったけど、3回目ともなると「知り合いが来ているからお話したいな」枠と「来ているならぜひお会いしたいな」枠とそこから繋がる新たな出会いでどんどんと知り合いの輪が広がって、一人ひとりの繋がりの広がりが総体としてファンコミュニティの拡大になっていく。
知り合っていれば、近くに住んでいれば焼肉でも何でも理由をつけて集まれるけど、ファンフェス、オケコン、PRIMALSのライブなど、参加者の多いリアルイベントはプレイヤー同士のリアル交流のきっかけや遠方の方と会える機会としてはとても大きいし、その交流が自分の中でFF14というゲームを特別なものにしているので、やるたびに規模が増えて大変だと思うけど、FF14運営チームにおかれましては今後もぜひがんばって頂きたい!
コメント(2)

Tomato Pretz

Typhon [Elemental]

番長さん、お疲れ様でした!

DMに入れてもらったとまぷりです
本当はお会いしたかったのですけど、なかなかいる場所も違ったみたいでお会いできなくて残念です????

是非次回もよろしくお願いします

本当にお疲れ様でした

Hornfels Topaz

Ridill [Gaia]

ばんちょー、お疲れさまでした。
結構、接近してたと思うのですが、お会いできず残念(´-ω-`)

はじめてファンフェスに参加しましたが、大型モニタやベンチの数など、
配慮されてるなぁって印象でした。

しかし、ファンアートの投票システム、4部門×6観点は多すぎだと思いました。
投票するだけで、何回も周回して1日目のコンテンツが終わってしまうくらいでした。
紙ベースだったので、メモとれたから良かったのですけど、
電子投票は、準備が大変だとは思うけど、サムネでもいいから作品と名前が見えるようにしてくれれば
よかったんじゃないかと思います。
展示されていた身としては根本的なところ「コンテストのテーマ:FF14の思い出」が
とこにも書かれていなかったのがどうも納得いかないとこでした。
作品はみんな素晴らしいのだけど、ホントにテーマに合ってる?という印象の作品もあったので・・・

2年後、東京ドームではさらに過ごしやすいファンフェスになるようにがんばってもらいたいですなぁ。
あ、次回はきっと、ばんちょーとも邂逅できますように(-人-)
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数