キャラクター

キャラクター

Xia Alexandrov

Mandragora (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

近接のウェポンスキルとオートアタックの射程

公開
結論から言いますと近接のオートアタックの射程は3mあるいはそれ以上です

WSとAAではAAの射程が圧倒的に短いと言われるのを見かけるのですが、厳密にはそれは違います。
では何故AAの射程が短いという説が唱えられているのかについて解説します。

まずは以下の画像をご覧ください。


これはどちらもWSが届くギリギリの距離で攻撃をした時の画像です。
はい、フィールドに置いてある木人にはAAが入っています。同じ木人であるにも関わらず何故違うのでしょう?

NPCやエネミーにはシステム上の呼称は無いながらも大きさの概念があるのですが、ごく一部にこの大きさの設定が無いか0に設定されているものがあります。

つまりハウス木人はこの大きさの設定が無いものに該当してるんですね。
そもそもハウス木人には元々ターゲットサークルが表示されていなかった所に後付けで表示させたようなのです。
ターゲットサークルの大きさは敵の大きさに比例して大きくなるのは様々なコンテンツでターゲットサークルの大きさが違うのを見て理解しているかと思われます。
であれば大きさが無い対象であればターゲットサークルも無いものになってしまうのもおのずと導き出せると思います。
現状のハウス木人は大きさの設定を無視してターゲットサークルだけ任意の大きさのものを出している訳です。

そうすると奇妙な現象が起こります。

まずWS(及びアビリティ)ですが、これはターゲットサークルの大きさを参照して実行の可否を判断しているようです。つまりターゲットサークルの線からの距離で射程か否か見ています。
これは単体攻撃系のWSであれば敵本体に直接ダメージを入れる処理が働くので問題ないのですが、射程が決まっている上に範囲のある攻撃をギリギリから使うとこういう現象が起きます。

戦士のオーバーパワーが実行可能であるにも関わらず命中しません。何度やってもです。
ターゲットサークル側は届く距離であるにも関わらず、実際の判定がそこには無いためこのような事が起きてしまうのです。

フィールドの木人は当然届きます。

これはWSに関わらずAoEやプレイヤー中心範囲攻撃などにも該当しており

このようにフィールド側はターゲットサークルに触れていれば命中しているにも関わらず、ハウス木人はフィールド木人以上に食い込ませても判定されていません。

このようにハウス木人だと中心に触れて初めて判定が取られます。

つまり攻撃実行可能範囲と実際の命中範囲が異なっているのです。
実際の命中判定は恐らく中央にあるであろう点のみ、つまり本来の対象の大きさを参照している可能性が高いのです。

これは過去にフォーラムで不具合報告として挙げられていましたが、公式に仕様として振り分けられてる事から間違いないと思われます。
ハウジングの木人の当たり判定がおかしいかも?

ここまではWS(及びアビリティ)についての話でした。
ではAAは?と言いますと……なんと今度は実際の命中判定側を見て距離を判定しているようなのです。何でここの仕様分けたんだ頭おかしいんじゃないの

しかもハウス木人はもちろん射程が短いとして、フィールド木人相手でもAAの判定の仕様が違うせいでこんな事が起きます。

ごくわずかにAAの方が射程が長いのです。一回ちょん押ししただけで近寄ればWSが入るようになったり離れればAAが入らなくなったりするぐらいの差なのですが、やはり判定がそもそも違うようです。


以上がウェポンスキルとオートアタックの射程についての検証でした。
多分この時期これを気にしてる人というのは再生編4層のラムウの範囲の時に殴れるかどうかとかを気にしての事だと思うのですが、大丈夫です。WSもAAも安地に居ながらどっちも入ります。

※私がかろうじてノーマルで出せるレベルの近接がナイトしか居ないのですがもしここ変じゃないかみたいな所があってもご容赦ください
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数