キャラクター

キャラクター

Tank Technician

Rain Greyhound

Shinryu (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

メイキングオブ…

公開
ここ1年くらい何度も下書きを更新しまくってたテーマを改めて書き上げてみる。




俺がなんかいろいろあって大嫌いなMMO-RPGで月額課金することになったのはドラマ版の光のお父さんのおかげである。


で、せっかく初めたFFXIV。
せっかくなので遊べるもんは全部やってみよう。つまみ食いだけでも全部触れてみようと。

そんなこんなで、俺に残された最後のコンテンツは「FCを運営する」だったのだ。

現在「Embrace of Nine」というFCを運営しているのだけど、FCを運営するにあたって何をどう考えているか書き留めておこうと思う。

1年くらいずっと下書きをちょこちょこ書き直してたいたのはこんな内容を読んで現存するメンバーがドン引きするかもしれんなとか、わりとちっちぇえ事を気にしているからである。




❏ここ最近のFFXIVのコミュニティについて思うこと

FCをする前に紅蓮の頃からLSやCWLSの運営はやってきた。
俺の大好きなトレハンのLSだ。

トレハンLSはわりと簡単に人が集まる。ただやっぱりどうしてもCWLSやLSは長続きしない。

地図をやるために集まったはずなのに、だいたい2ヶ月くらいで誰も地図にいかなくなる。
立ち上げた手前、自分自身はなるべく週に1度は「地図いきませんかー!」って声をかけるのだけど、プッツリと誰も地図に行かなくなるのだ。

なんでだろうと色々考えた。

俺みたいに目的などなくてもただ地図が好きって変態はそんなに居ない、居たとしても俺と同じようにCWLSとか立ち上げてるんじゃないだろうか?

ハウスを買うとか、欲しいアイテムを手に入れたとか、他にやりたいことが出来たとか、人それぞれ理由はあるのだと思う。

CWLSよりもLSのほうが地図との相性がいいせいか長続きする傾向にあるように思う。
あとはCWLSの存在の軽さがあるのかな、と。(俺の気の所為であってほしい)


漆黒のヴィランズを堺にプレイヤーがドンと増えたと思うんだけど、コミュニティを重視しない人が増えたなと思う。これは今の決して豊かで余裕のある毎日ではないご時世も大いに関係ありそうだ。

かくいう俺も今は豊かで余裕のある生活ができているわけではないので、誰も指摘してくれないだけで俺の性格の悪さが滲み出てるのかもしれないっていうかココ数年ですっげえイヤな奴になったな感はある。



❏いろんなFCを見てきたよ

200人近くいるFC、仲良し3~4人で立ち上げたFC、とても面倒見のいいFC、FCとして何かを一切しないFCなどなど。

人数が多いのはFCとして強い。
しかしどうしても活発な人、そうでない人で分断されてしまう。
10人でもこれは発生する。
そういうもんだっていう割り切りが必要なのかもしれない。

以前はFC同士のバトルコンテンツなんかも予定されていたらしいが、今はそんな噂も聞かないので俺が無理に大規模FCを運営する意味はあまり感じられなかった。


俺のいいねポイントが高いFCはどちらかというと面倒見のいい人がいて協力しあえるFC…つまり光のお父さんで見た、マイディーさんのじょびネッツアがどうしてもお手本になってしまう。

ただしそれはやろうと思ってできるもんでもなさそうだ。




❏告知って難しいよね

コミュニティを作る上で重要なのって「お知らせ」ではないかと思う。
○月○日にアレをしますよー!とか、地図CWLSでもパーティ募集を予告してみたり、いきなり「いくぞ!」って言ってみたり色々試したんだけど、FFXIVではこれがどうしても難しいと思う。

たとえばこのLodeStone、存在を知らないとか、こんなことが出来ます的な部分を知らない人がすっごい多い。
FFXIV内のチャットはログ保存とかできないしSSを撮るのが精一杯だ。
LodeStone内のFCフォーラムを使ってみたり、フェローシップを使ってみたりしたけど全員に周知させるってとても大変だ。

コンパニヨンアプリも(せっかく月額払ってるんだし)使ってみたけど、見ない人ってやっぱりいるわけで。。

もちろんゲームなんだからアレコレうるさく言うなってのもわかる。

だからせめていつでも好きな時に見れるものがあればそれでいいんじゃないかとも追うんだが、まーーーとにかく難しい。

現在はディスコードを掲示板のように使っている。
これも全員に行き渡らせるのはとても難しいと思うけど、いまのところうまく機能してくれてる。



❏VCってどうよ?

俺自身は嫌いじゃない。

ただ今までVCで嫌な思いってけっこうしていて、だいたいはVCしてる人としてない人でカベができる時な気がしている。「聞き専だけでもいいから」というのは簡単だけど、全員がいつでもVCできるコミュニティでないなら、FCではやらんほうがいいな、というのが今の俺の考え。

どうしてもVCしたくなったら、VCのCWLSとか入ってたまーにカオ出せばいいんじゃないかなと。
どっかにそんなCWLSないですかね?(←さがしてない)




❏幽霊部員対策

FCに入って、リストをみて「この人見たこと無いな?」って気になることとかありません?
俺はどうしても気にしてしまう。
もちろん一緒に遊んでた人だったら尚更。

そこで、最終ログインから30~60日経過したら課金してないって判断できるなと。
なので現在「Embrace of Nine」は60日経過して連絡がない場合は除名してしまってます。

それでも実際除名するのは辛かったりする。

そのキモチの裏返しといってはなんだけど、FCは出戻りOKだ。



❏FCをやる意味って?

FFXIVにとって実はFCって必要ないのかもしれない。
基本戦うRPGだからこそ、FCでしかできないことってバトル以外の生活系に比重が大きいからだ。
しかもひとりFCでカンパニークラフトとかが出来てしまうのだし。

先にも言ったFCでのバトルコンテンツがないので、どうしてもFCの目的というものが薄いのは否めない。
軍票のランキングもあるけど、報酬があるわけではい。





それでも仲間がいるっているのは大きい。
基本戦うRPGだけど「協力して」戦うRPGだからだ。





じゃあFCをやる意味ってなんだろうか。
FCの最大の魅力は「体験の共有」ではなかろうかと。

(ああ?テレポ割?そんなあなたに転送券というものが存在する)


❏まとめ


そこで俺が考えた理想のFCとはどんなものか

・ルールはなるべくシンプルに少なく
・義務もなるべくなくす
・小人数
・派閥や分断を作らないように最大限努力する
・それぞれのやりたいことをサポートできる
・情報を整理できる仕組みを持つ

こんなところかなと。






これだけ長いことつらつらと書いてきたけど、俺自身FCマスターとして全然完成はしてないわけで。
きっとそう簡単にはいかないだろう。


でも、俺のFFXIVはまだまだ続くんじゃ。


コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数