キャラクター

キャラクター

Makai White Mage

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 33

左手デバイス(アナログスティック)作ってしまえ!【自作】その11 簡単に作れる作り方編

公開
■はじめに
この記事は、ご自分でも左手デバイスを作りたい人のための記事です。
ちょっとだけはんだづけ・ソフトは書きこむだけ、易しくなりました
あなたも、1つ自分用に作ってみませんか!

■G13の後継に使えるかも(アナログジョィステック)
■Windows標準ドライバで動く、追加ソフトいらず

(今回の製作方法に少し筐体の工作を加えるとこうできたり)
(記載手順で、ここまでできます、あとは工作しだい)
■今回の作成の大きな流れ、方針
 はんだ付け済みのキーボードキットで、
 難しいことなしに、作れるように段取りを組みました。
 ぜひ作ってみてください。

 ●キーボードキット(corne cherry)を組み立てる はんだづけ済キット
 ●調整済みのソフトと、アプリをダウンロード ブラウザで
 ●ソフトウェアをッキーボードに書き込む 書き込みアプリで
 ●電線でキーボードとジョィステックを繋げる ちょっとだけ簡単なはんだづけ
 ●台にキーボードとジョィステックを載せて固定
 ○キー割り当てを変えるときはツールで簡単 ブラウザで



■入手しておく材料・工具など
BitTradeOne製の「corne cherry 」のはんだ付け済みキーボードキット
 corne のキットはいろんなバリエーションのキットが販売されています。
 今回ははんだ付け済みで、組み立てるだけのキットを選びました。
 今回は左手側だけ使います。
 
(見やすいようにスイッチは一部しかはめていません)
・Cherry MXキースイッチ
・Cherry MXキーキャップ
 いろいろなキースイッチやキーキャップが売られています。
 好みのものを探してみましょう。
アナログジョイステック部品
 Amazonで「Arduino対応 Raspberry Pi対応 ジョィステックモジュール」
 などとうたっているものが配線しやすいので、今回はこれを推奨。
 
(ちょっと大柄ですが操作はしやすいです)
 ただし外れ部品のときがあるので、複数買っておくのが良い。
電線
 今回は電流はわずかしか流れない(数mA)ので、
 外径1mm未満の電子工作用の撚り線電線推奨。
 配線するときに分かりやすいように数色を袋詰めしたものが便利。
 

クリックして表示クリックして隠す
はんだ付けの要らない電線(テストワイヤ)
 サンハヤト テストワイヤー メス-オス TTW-201
 全くはんだ付けは要らないのですが、固くて配線の取り回しがきびしいので
 今回は参考情報としてご紹介します。

 なお、動作の事前確認(ProMicroのポートが開いていることを確認など)
 の試験治具を作るのにで使っています。

ハンダ
 狭い場所にはんだ付けするので、径0.3mm推奨。せめて径0.6mm以下。
 

MDF板
 木くずを固めて板状にしたもの。なければ合板や、適当な丈夫な板でもOK。
 全体を支える土台として使います。 今回の写真ではアクリル板を使ってみました。
 手を乗せるので、140mm×140mm以上のサイズのものを。
両面テープ
 しっかりとくっつく強度のあるものを。文具の紙用はお勧めしない。
 強力すぎると張り直すときに張り付いた素材を傷めるので、
 強く着くが貼り直しはできる程度のものを探すのを推奨。
 ネジの頭が飛び出ていたりするので、クッション性があるものが便利。
USBケーブル A←→microB のもの。PCとの接続用。
 キットに入っていればそれを使えばよい。
はんだごて
 精密電子工作用の15W~30W程度のセラミックヒータータイプ。
 

精密ドライバ
 キットのねじ止め用。細いプラスネジ用セットがよい。
精密ニッパー や ワイヤーストリッパー(精密用)があるとなおよい
 電線の皮むきはあらかじめ少し練習しておこう。

PC(Windows10)
 キーボードの内蔵ソフトウェアを作るための物。
 今回はWindows10を前提で説明する。


■まずはキーボードキット部分を組み立てる
・入手したキットに合わせてまずはいったん corne の左手側だけ作ってしまおう。
 作ツ時にはビルドガイドを見ながら作りましょう。
 

 といっても、ネジ留と、スイッチのはめ込みくらいです。簡単!


キーボード内蔵用ソフトウェアと、書き込みアプリをダウンロード
・キーボード内蔵用ソフトウェア ここに"crkbd_rev1_legacy_via.hex"というファイル名で置いてあるのでダウンロードしてください。
クリックして表示クリックして隠す
 "crkbd_rev1_legacy_via.hex"は、以下の機能を両方組み込んであります。
  ・アナログジョイステックの情報を取り込んでPCに送る機能
  ・VIAというアプリや、RemapというWebサイトで簡単にキーの配列を変更できる機能

・書き込みアプリ QMK Toolbox をここのサイトからダウンロードする。
 (1) qmk_toolbox.exe をダウンロードする
 (2) ダウンロードしたToolbox.exeを実行すると
   警告画面が出てきますので「詳細情報」を開き、「実行」をクリック。
   インストールが済むと、QMK Toolboxが起動します。
   
   
  これでアプリのインストールは完了です。

キーボード内蔵用ソフトウェアをキーボードに書き込む
 (3) QMK Toolboxの Openボタンをクリックして、ダウンロードしたHexファイルを選択します。
    

 (4) Auto-Flashにチェックを入れます
    

 (5) キーボードとPCをUSBケーブルで繋げて、キーボードのリセットスイッチを押します。
    

 (6) 1~2分、ずらずらと文字が表示された後、
   最後に「avrdude.exe done. Thank you.」と出力されたら書き込み完了

■キーボードとして動作試験
  うまくいったなら、もうキーボードとして認識されているはず。
  文字入力してためしてみよう!


ここまでいけばキーボードとしては完成なので、
いよいよ左手デバイス化していきます!


ここで、USBケーブルをPCから抜いておきましょう。


■ジョイスティックをcorneキーボードと結合する
 corneの写真にある箇所に電線をはんだ付けしてください。
 あらかじめ、電線の端の被覆を向いて置き、はんだを少ししみこませておきます。
 

基板裏面から差し込んで、表面側ではんだ付けします。
 このとき、マイクトコロンローラーの端子を挿す穴に付けないように注意!
 
※写真の基板裏面 配線の色を参考にしてね!
 ジョィステックの端子に電線のもう一方の端をはんだ付けします。
 ※配線の色を参考にしてね!
 具体的には以下の4本の電線で結合します。
 ・ProMicro「GND」―――――ジョィステック「GND」 黒の電線
 ・ProMicro「VCC」―――――ジョィステック「+5V」 赤の電線
 ・ProMicro「9」 ―――――ジョィステック「VRX」 緑の電線
 ・ProMicro「8」 ―――――ジョィステック「VRY」 紫の電線
 写真にある基板の穴が基板内でProMicroの上記端子とつながっています。
 

クリックして表示クリックして隠す
 ProMicroの裏面
 



■アナログジョイスティックの動作試験
 Windows10の「設定」パネルを開く。
 「デバイス」→「デバイスとプリンター」
  →「HID準拠ゲームコントローラー」を右クリックして「ゲームコントローラーの設定」

 (もしも、「デバイスとプリンター」を開いても「HID準拠ゲームコントローラー」が存在せず、
  スティックが使えても調整できない場合
  「設定」ウィンドウの検索入力から「USB ゲーム コントローラーのセットアップ」を
  入力して開く)

 認識されていればコントローラーとして「corne」が表示されているはず。

 「corne」を選んで→「プロパティ」→「テスト」タブでコントローラーの動作確認ができます。
  

 ・動きがぎこちないときは または 歩けるけれど走れないときは
 「corne」を選んで→「プロパティ」→「設定」→「調整...」でウィザードに従って調整
  

 ・動きがスティックを倒した方向と90度異なる動きのときは
  X方向とY方向の配線が入れ替わっています。配線チェックを!
 ・動きがめちゃくちゃなときは
  根本的に配線が間違っている場合や、部品が不良の場合もあります。まずは点検!
 ・全然動かないときは
  ソフトウェアの書き込みはちゃんと完了していましたか?
  配線を点検してみましょう。 (※テスターがあると確認しやすいです)


■全体を左手デバイスの形にする
・MDF板(または代替の板)の上に、キーボード本体と、
 アナログジョィステックを両面テープで貼る。
 接着強度に不安がある場合は、
 ある程度試行して使い込んだら板にネジ留追加してしまおう。
 使ってみて、キーとジョィステックの位置関係を微調整。
 これは手の大きさなどで個人差が大きいところ。
 
 こんなイメージw

 ↑これは作りやすさを考えて素朴な構造ですが、
  この素材から工夫すればカッコイイ左手デバイスが作れたりします(^^)


クリックして表示クリックして隠す


こちらは、土台をアクリル板にして、必要なところ以外は切り離し。
キースイッチを全部搭載し、配線を目立たない場所を通るように整理したものです。
パームレストも、硬質スポンジを削って形を作ったものの上に、
布カバーされたクッション材を貼ってあります。
ちょっとしたご家庭の工作レベルですね(^^)



■キーの割り当てを変えてみる
 ブラウザでキーの割り当てを変更できます。

 (0) ブラウザは、Chrome または Edge の最新版を使ってください(古い版はNG)
 (1) ブラウザでこのサイト Remap に接続してください。
   

 (2) "START REMAP FOR YOUR KEYBOARD" をクリック
   

 (3) "+KEYBOARD"をクリックし、接続許可を求めるダイアログが表示されたら許可する
   

 (4) この画面が出たら、マウスでのドラッグアンドドドップでキーを編集できる
   

 (5) "FLASH"を押すと、キーボードに設定が反映されます。
   すぐに反映されるので、使って試してみましょう。

 ↓こちらの記事がとってもわかりやすいです。
 [参考] サリチル酸さん(初心者編)Remapを使ってキーマップを書き換えよう

クリックして表示クリックして隠す
 キー配置などの書き換えができるアプリ VIA もあります。
 [参考] サリチル酸さん(初心者編)VIAを使ってキーマップを書き換えよう



見た目は置いておいて、十分実用になる左手デバイスになっているはず。
完成おめでとう! 楽しんで使ってください。

これを出発点にして、オリジナルの左手デバイスをぜひ工夫して作ってみてください!



 << 次回につづく 製作記事で綺麗に作ってみる >>

■参考
[1] “CORNE CHERRY” – 半田付けのいらない42キー スプリットキーボードキット

■謝辞
今回の元となる左手デバイスの作り方の基礎は、
以下の Nanoさんの日記記事に掲載されたものがきっかけになっております。
Neoさん日記「G13代替機を作った」
Neoさん情報の流用についてご快諾ありがとうございます!


■記事インデックス
 ―手デバイス(アナログスティック) なければ作ってしまえ!【自作】―
その1 ロストG13に備えて
その2 試作1号機 とにかく作ってみた
その3 試作2号機 小型版を
その4 あなたも作ってみよう、作り方編
その5 試作3号機 スティック傾けてみた
その6 操作方法を改善するときの選択肢、左手デバイスのすすめ
その7 左手デバイスの使い方、光の戦士に向けて(使いこなしの基本ノウハウ)
その8 試作4号機 薄くしてみた
その9 試作5号機 もう1つのリメイク版
その10 試作4号機の地道な改善
その11 簡単に作れる作り方編
その12 作成記事でできた6号機
その13 普段用の7号機
その14 直行配列の8号機

コメント(33)

----

----

対象のキャラクターは削除されました。

完成品にジョイスティック付けるアイデア、良いですね😊
さらに製作難易度下がったので、左手デバイスでお困りのヒカセンもトライし易くなりましたね!😊

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

ネオさん、お褒めいただきありがとうございまーす!

今回、徹底的に易しく、にこだわってみました~
はんだ付け済みキーボードキットを販売されている諸兄に感謝感謝です。


あとは、実は一番腐心したのはソフトウェアで、
 ・配信できるように 焼くだけのソフトウェアHEXファイル
 ・配信のためのサーバストレージ
 ・固定ファイルでもキーアサインを自由に変更できるよう
  VIT対応したアナログジョイスティック対応ソフトウェア

試作2号機をバラして、ハード・ソフトを組みなおしました。

Haru Yuuki

Anima [Mana]

うえええん(ノД`)・゜・。

ほっぱーさん
タスケテ~

ホッパーさんの真似して
スイッチ用のコントローラを変換基盤経由して
繋いでみたけど、コントローラの出力数値が安定しない
上下左右に荒ぶれている。。。

コントロールパネルの調整で落ち着くけど、
その代わり
左右方向は動くけど上は右上、下は左下に動いてしまうノデス

変換基盤とジョイスティックの薄いフラットケーブルをつつくと
数値が激しく変化するので、つなぎ方(固定方法?)が悪いのかな?

スティックからは5ピン、変換基盤は6ピンなので
フラットケーブルの差し方に問題があるのかなーと思います。

それとも、またスティック運がナイノカナ?

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

ハルさん、症状読みました~。 それはピン配置について誤っている可能性が高いかなとおもいます。

上面側から見てこんなピン配置です。配線を確認してみてみてくださいませ~

VCC
RY
SW
GND
RX

┌──────┐
└─────┐│
    ┌────────┐
    │  ────  │
    │ /    \ │
    ││      ││


Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

例えば、VCC,GND <-> RX,RY で入れ替えると、
その症状に近い動作になりえます(特性にも依る)

ほかにもまだバリエーションあるかも。

Haru Yuuki

Anima [Mana]

ホッパーさん
ありがどぅ~(^^♪

ジョイコン、ピン配置はご指摘の通りに配線しなおしで
解決しました!

サスガデス!!


私のほうはというと

一日中作業して、仮組までして
動作チェック中に最後の難関が・・・

PROMICROでジョイコン動作確認していて
戦術の問題は解決したのですが
届いたELITE-Cにファーム焼いてみたところエラーがでます。。

続く・・・ごめんね

Haru Yuuki

Anima [Mana]

続きです <(_ _)>

エラーメッセージ
Compiling: drivers/avr/analog.c <command-line>: error: ISO C99 requires whitespace after the macro name [-Werror]
<command-line>: error: ISO C99 requires whitespace after the macro name [-Werror]
<command-line>: error: "KEYBOARD_sofle" redefined [-Werror]
<command-line>: note: this is the location of the previous definition
cc1.exe: all warnings being treated as errors
[ERRORS]

さらに続く・・<(_ _)>












対象のコメントは、投稿者によって削除されました。

Haru Yuuki

Anima [Mana]

続きです <(_ _)>

「analog.c」でエラーがでてるのかな?
ジョイコン関連と推測します

※ジョイコン関連で手直しした箇所

①ジョイコンの配線は
ジョイコン(RY)→ELITE-C(F0)
ジョイコン(XY)→ELITE-C(F1)

②「keymap.c」 は
void joystick_task(){
joystick_status.axes[0] = analogReadPin(F0)/4 - 128;
↑ここを書換
joystick_status.axes[1] = analogReadPin(F1)/4 - 128;
                    ↑ここを書換

これで動くと思ったんだけど・・・
考えが甘かった(*ノωノ)

関連するファイル項目を探してみたけど、これ以上は知識不足のため
ワカラナイです

質問ばかりですみませんが、お助けくださいませ<(_ _)>

駄質問で日記汚してすみません・・・

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

ハルさん、こちらで同様の手順とおもわれる以下を実施してみましたが、
特に問題なくHEXファイルを作れました。
色々いじっているうちに、思っていないところまで変更してしまっているのかも。

試しに、いまのファイルは退避して、オリジナルから手順を真似してみてください。

(1) まず、素の sofle がビルドできることを確認
  make sofle:default
(2) keymap/default フォルダをコピー。仮に「leftdevice」とする
(3) leftdeviceをビルドできることを確認
  make sofle:leftdevice

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

(4) 次に以下の変更を行う。
「keybords\ergo42\rules.mk」ファイルを開いて、末尾に以下を追記。
―――――
JOYSTICK_ENABLE = yes
SRC += analog.c
―――――

「keybords\ergo42\rev1\config.h」ファイルを開いて、末尾に以下を追記。
―――――
#define JOYSTICK_BUTTON_COUNT 0
#define JOYSTICK_AXES_COUNT 2
―――――

(5) leftdeviceをビルドできることを確認
  make sofle:leftdevice

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

(6) 次に以下の変更を行う。
「keybords\ergo42keymaps\leftdevice\keymap.c」ファイルを開いて、末尾に以下を追記。
―――――
#include "joystick.h"
#include "analog.h"

void joystick_task(){
joystick_status.axes[0] = analogReadPin(F4)/4 - 128;
joystick_status.axes[1] = analogReadPin(D4)/4 - 128;
joystick_status.status |= JS_UPDATED;
send_joystick_packet(&joystick_status);
}

(7) leftdeviceをビルドできることを確認
  make sofle:leftdevice

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

(8) 以下の書き換えを実施
joystick_status.axes[0] = analogReadPin(F0)/4 - 128;

(9) leftdeviceをビルドできることを確認
  make sofle:leftdevice

(10) 以下の書き換えを実施
joystick_status.axes[1] = analogReadPin(F1)/4 - 128;

(11) leftdeviceをビルドできることを確認
  make sofle:leftdevice

以上

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

試しに、できた HEXファイルをここに置いてあります。

https://drive.google.com/file/d/1ae1ZOrZma-JlmsDvYpq0EKDcq_J91QtJ/view?usp=sharing

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

あと、ライブラリ側のソースも全部環境に存在するので、
そちらを意図せず壊してしまっている可能性もあります。
どうしてもうまくいかないときは、残したいファイルを退避して
QMK環境をダウンロードしなおすのが良いかもしれません。

Haru Yuuki

Anima [Mana]

できたー(ノД`)・゜・。

私の凡ミスでした。。。


記載はしていませんでしたが
「bootloader not found」が頻出していまして、それを
治すために試行錯誤で色々いじったのが悪かったようです。

ビルドはできていましたが、書き込む際に
elite-c 基板上のリセットボタンをおしても反応がなかったので
それをsofle基板上のリセットボタンでやってみましたら
無事書き込みできました

色々な要因が重なって、原因がわからなくなってしまってました(*ノωノ)

勝手に自己解決してしまい、
親切でお優しいホッパーさんには色々と時間とお手間を取らせてしまって
ゴメンナサイ!<(_ _)>

おかげさまで、次回の作成(アルノカ?)はスムーズに行けると思います!




Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

解決できたならよかった(^^)

あ、ドキュメントからすると、
elite-cはブートローダーは dfu なので、
焼き込み時には dfuを指定しないと上手く焼けないということが
引っかかったりしていませんか。

Haru Yuuki

Anima [Mana]

dfu でやってはいたのですが、
「ERROR: Bootloader not found. Trying again in 5s.」
これが出て、ELITE-c上のリセットボタンを押しても無反応でした

試しにsofle基板上のリセットボタンを押したら、無事書き込み出来た次第であります。

お陰様で、問題は全て解決しました!

ヨカッタヨ~(。>﹏<。)

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

ふむふむ、過去事例も漁ってみましたが、
ブートローダー指定が合っていないときのエラーのようですね。

まあ、上手く焼けたなら結果オーライですね(^^)

新作のご披露、たのしみにしていますね~

対象のコメントは、投稿者によって削除されました。

Xia Falx

Durandal [Gaia]

はじめまして!深夜に失礼します。
現在こちらのすばらしい記事を参考に、左手ではなく、右手デバイスの作成にチャレンジしています。当方左利きなため、規制品の左手デバイスが使えす右手G13のようなデバイスにあこがれており、手作りならもしかしたら右手デバイスが!と夢が膨らんでいますが、途中で詰まってしまいました・・・。

物はcorne chocolate(右左両方作成)なのですが、LEDもおわり動作チェックも完了したところで、右PromicroのGNDとVCCと9と8に配線をつなぎ、フラット変換6ピン基板へ↑のコメントのやり取りを参考に配線、そこからジョイスティック(switch)につないでいます。

PCからゲームコントローラーテスト(hexファイル感謝です)を行うと、+が小さくぶれているのを確認、調整画面に入るとあちこちに荒ぶってしまいます。(スティック反応なし調整も効果なし)スティック4回交換しましたが同じ症状です。自作もはんだもプログラムもド素人なのですが、ここから改善するにはどこから見直していけばよろしいでしょうか。おおざっぱな説明ですみませんが、是非指南をお願いしますorz

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

Xiaさん、ありがとうございます! 挑戦していただいているのですね。
右手デバイス、すばらしいテーマですね。
症状からすると色々考えられますので、すこしづつ確認していきましょう。

(1) まずはcorne chocolateを左右とも作成されたとのことですが、
  キーボードとしてはキチンと動作しているでしょうか?
(2) キーボードとして動作させるときには、接続方法はいずれでしょうか?
  [a] 左手をPCにUSBで繋げ、左右をTRRSケーブルでつないでいる
  [b] 左手をPCにUSBで繋げている
  [c] 右手をPCにUSBで繋げている
  [d] そのほか(具体的に接続状態を)
(3) 配布しているHEXファイルは、左手側1台だけをPCにUSBで接続する場合を想定しています
  ただし、右手側1台だけをPCにUSBに接続した場合もアナログスティックはたぶん
  認識すると思います。キー配置が左右反転し、若干乱れるでしょうけれど。
  ですので、もしやっていないなら[c]の接続をためしてみてください。

   <つづく>

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

(4) また、ここで発想を逆転してみませんか
  corneの左側の方が、左下側が空いているので、ここにアナログジョイスティックを
  配置すると右手デバイスとして構成しやすいように思われます。
  corne左側を使って、corneの左下側にアナログジョイスティックを配置した
  右手デバイスにしてみませんか。それなら全くおなじHEXファイルで右手デバイスに
  なるように思われます。

  そこで、corne左側にアナログスティックを繋げてみて、試してみませんか。
  左右以外で問題がないかの切り分けの出発点としても良いかと思われます。

以上、まずは第1段のコメントです!

じつは、corne cherryの右手側で左手デバイスを作って、
ちょっとだけ別のHEXファイル(キーマップ反転対応など)
で使っているので(変なcorne左側として認識されます)
技術的には左右いずれでもある程度は動作するとは思われます。

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

といいつつ、大事なことを聞いていませんでした

(5) アナログスティック部品とProMicroの間は4本の線全てつないでいますか?
 ・ProMicro「GND」―――――ジョィステック「GND」 黒の電線
 ・ProMicro「VCC」―――――ジョィステック「+5V」 赤の電線
 ・ProMicro「9」 ―――――ジョィステック「VRX」 緑の電線
 ・ProMicro「8」 ―――――ジョィステック「VRY」 紫の電線
[6] テスタは盛っていますか?
[7] テスタをお持ちなら
  すべて接続しているか、また他の線や端子とショートしていないか、
  を確認してみてください。

テスタは、導通が確認できるものなら、ごくお安いもの(1000円台)でもかまいません。

Xia Falx

Durandal [Gaia]

お返事ありがとうございます。
それぞれチェックをしてみたのでご報告です。

(1)キーボードとしては使える状態です。

(2)キーボードとしては[a]です。現在動作でテスト反応が出てるのは[c]の時のみなので、スティック動作確認は[c]で行っており、最悪[c]だけのスタイルでも使えたらと思っています。理想は[a]の時に左のスティックが使える事です。

(3)[a]の方法ではコントローラーテストの画面で+が停止状態だったので片方のみのhexなんだなと思い[c]でつないでテストしています。右にUSBでつないだ場合キーが反転することも動作チェックで確認済みです。

(4)まだためしてはないのでやってみようと思います。フラット変換基板を2種注文していたので両方につけて同時にチェックしてみようと思います。

(5)カラーが別ですが、GND黒VCC白9赤8青につながっています。フラット基板に1ピン白VCC 2ピン青8 4ピン黒GND 5ピン赤9ではんだし、フラットを1ピンよせにソケット差し込みしています。

(5・6)テスタを使い(4)の配線はフラット変換基板から行いすべて通っています。

Xia Falx

Durandal [Gaia]

つづきです。

(3)についてですが、+カーソルが、調整時に左上から右上へぶれまくる感じになっています。テスト画面でも小刻みにぶれています。ためしにスティックをフラット基板からはずしてUSB接続しなおしてもテスト、調整ともに同じ症状です。はずした状態でテストした場合はどんな状態になるでしょうか?そこらへんがまだよくわかってない感じであります・・・。
注文したスティック4つともはずれなのかなとも思っていますが、外した状態でもぶれるとなるとやはりどこか配線にミスがあるのかなと思っています。

hexの内容にすいてはまだ全然把握していないのでこれから勉強するところですorz

Xia Falx

Durandal [Gaia]

ごめんなさい訂正です
(5.6)の項目についてですが、(4)の配線ではなく(5)の配転は~の間違いです_(:3 」∠)_
(5.6)も、(6.7)の間違いです。1こずれましたすみません。

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

Xiaさん確認結果や状況ありがとうございます。

[a]の形態にするなら、ソフトから作成しないと、現状のHEXでは動作しません。
現状のHEXは、[b]が想定接続方法。 [c]はだましだまし動かせなくもない状態です。
[4]の構成は、[b]でアナログジョイスティックを左寄りに配置するだけなので
敷居は低いかと思います。

症状として「調整時に左上から右上へぶれまくる感じになっています。」は
具体的なぶれ方にもよりますが・・・・・

・1つは VCC/GND/X/Yを配線を誤った場合の症状に近いかもしれません。
 また、ジョィステックの特性が悪すぎる場合にも発生します。

・また、うまくポートに繋がっていない場合の症状かもしれません。
 とくに、フラットを外してもかわらないということからこちらの可能性高いです。

  <つづく>

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

  <つづき>

考えられるのは例えば
 電気的にうまくつながっていない ←これはテスタが確実ですがフラット接続タイプだと直接見れませんね
 接続先ポートを誤っている  ←よくあります
 ジョィステックが異常    ←これはテスタで特性を測定するとよい 稼働状態でGND-可変間の電圧を測定します。
 フラットタイプのジョィステックの場合フラット部分がうまくつながっていない ←非常によくあります★  裏表を間違っている場合や、若干ずれている、差し込みが足りない、圧が足りないなどなど

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

まずは、いかの2つをやってみてください

 ジョィステックが異常    ←これはテスタで特性を測定するとよい 稼働状態でGND-可変間の電圧を測定します。

 フラットタイプのジョィステックの場合フラット部分がうまくつながっていない ←非常によくあります★  裏表を間違っている場合や、若干ずれている、差し込みが足りない、圧が足りないなどなど

Xia Falx

Durandal [Gaia]

さっそくのコメントありがとうございます!

ふと思い2種類あったフラット変換基板のもう1個に交換してみたら、なんと嘘のように正常に動きました!原因はわからずですが、フラット基板の接続のどこかがダメだったようです。
教えていただきありがとうございます。非常に助かりました。感謝です(*'ω'*)

今後は右左つけた状態でできないかプログラム勉強してみようと思います。

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

Xiaさん、おお、上手く動いてよかったです!

もとにしたキットが違うので、ポート割り当てなど若干異なりますが、
ソースを載せている下記記事が参考になると思います。

左手デバイス(アナログスティック)作ってしまえ!【自作】その4 あなたも作ってみよう、作り方編
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/19316745/blog/4717981/

また、左右とも接続して動作させる場合には、
PCとUSB接続している側だけにアナログスティックを繋げるなら、
今の実装の応用でできると思います。

    <つづく>

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

    <つづき>
問題は、TRRSケーブルなどで接続しているもう一方に
アナログスティックを繋げる場合です。
このばあいは、左右分離キーボードをそのキットで
実現している仕組みを理解してソフトウェアを追加しなければなりません。
おそらく、以下のことが必要です
 ・ソフトウェアで左右判別する方法
 ・アナログジョィスティックイベントを左右の情報を統合して生成する仕組み
 ・左右での通信の仕組みと、そこにジョィスティック情報を左右で伝える
また、以下の制約が発生します。
 ・左右通信の通信速度や遅延がだいじょうぶか
  TRRSケーブルやTRSケーブルでの通信は、速度に制約がある場合があります。
  ジョィステックのイベントの頻度を調整する必要が出てくると思われます。

Xia Falx

Durandal [Gaia]

返答ありがとうございます(*'ω'*)

一番近い方法としては右にUSBをつないでアナログスティックはそのまま・・・という感じですね。左につなぐといろいろ大変そうですね・・・・・。今の状態でいろいろいじってみようと思います!

Turing Hopper

Ramuh [Meteor]

おお~、いろいろ作るの楽しいですよねえ(^o^)

自作できるだけで、購入確保に走り回っていた時より心の余裕ができましたw
そのうえ、作るのも、設計するのもたのしいなんてw
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数