キャラクター

キャラクター

Rurie Fleur

Alexander (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

現実世界での心の傷をオンライン世界で癒すということ

公開
私はエオルゼアとアストルティアとゆう
ふたつのオンライン世界を行きつ戻りつしながら遊んでいます
このふたつの世界は、私にとっては大事な世界ですが
現実世界よりも大事かとゆうと、そうでもないけど
でもなくてはならない私の生きているもうひとつの世界です

だって、私にとって現実世界はなかなかに辛く厳しい世界だから
ここで元気を回復させて、現実世界で強く生きる糧にしていました

ですが、現実世界はなかなか私に厳しく接してくるものでして
とうとう心がどうしようもないレベルでヘトヘトの状態になってしまいました
どのくらいヘトヘトの状態になったかとゆうと、
数秒間ほど「この世界から消えてしまいたい」とゆう危ない思考が頭をよぎってしまったが
「だめだめ!!そんなことしたら、『あのひとたち』に二度と会えなくなってしまうよ!」って
慌てて我に返ったとゆうくらいのヘトヘト具合でした(やばいvv)

どうしようもなく心がヘトヘトになってしまうと、オンライン世界で元気を回復しに行く
とゆうことすらも出来なくなってしまうものだと今回初めて知りました。
遊びに行きたいけど、今はただ横になって眠っていたい
そんな日が数日ほど続きました
何も考えずにひたすら眠り続けているうちに、ちょこっとだけ気力が回復したのか
ベッドに横になりながら、私はどうしてこんなことになってしまったのか
これから先、どうやってこのヘトヘトになってしまった私の心を回復させたらいいのか
とゆうことを考えるようになりました

私は幼い頃、歳の離れた兄から
「おまえは甘えすぎだ、おまえが我慢すれば全ては丸く収まる」
って言われて育ったので、誰にも助けを求めずに自分ひとりで考えて決断して
ひとりで行動するという習性が身についてしまいました
それのせいで、職場の人たちに誤解を与え、ついに限界になって苦しさを訴えても
理解してもらえなかった
だから心がヘトヘトになってしまったのだと

そして私はあることに気が付きました
私がそうゆう風に兄に言われたのって、たしか幼稚園児の頃だったよね!?
甘えすぎって、そもそも幼児ってそんなものじゃないのか!?
ってゆうか、兄さん
あなた、大人になって結婚して我が子が生まれた途端
「子供は10歳になるまでは愛情をたっぷり与えて育てるべきだ!だから叱るな!」
とか言って、あの時の私と同じ年頃の我が子をさんざん甘やかしていたよねえええええ!!!

なによもう!!もう!!もおぉぉぉ~~~!!(-皿-#)
なんだろう、この猛烈に沸き上がった「失われた時を返して」ってゆう感覚
失われた時間は取り戻せないですが、これから先の時間はどうにかしていこう
そう思った私はどうにかベッドから体を起こすと、スマホを手に取り
私の大事な別の世界アストルティアにいるフレンドに
かくかくしかじかこうゆうわけで、あなたに甘えに行きますとゆう内容のメッセージを送って
アストルティアに出かけ、それを実行してきましたvvv(超迷惑)
アストルティアのフレはこんな私でもとても親切にしてくれました、めっちゃうれしかったです
それでもうちょこっと気力が回復した私は、今度はエオルゼアに出かけることにしました


ディアデム諸島、あそこはイイ・・・実にイイvvv
私が想像していたよりもヘロヘロ具合は深刻で、私はバトルがほとんど出来ないくらいに
なってしまっていました
そんな私にエオルゼアはギャザラーとゆう、バトルをしなくても生きていける
コンテンツを用意してくれていました
ディアデム諸島の綺麗な景色を眺めながら、余計なことは一切考えずに
一心不乱に草刈りしたり木を切ったり岩を砕いたり掘ったりしていました

現実世界への怒りを込めて撃ち込むエーテルオーガーは、
かなりスカッとしましたねvvv

(おっかない極まりない)


木漏れ日のさす大森林で魚を釣り、スターダストの舞う雪国で植物採取をして
私はのんびりだらりと過ごしました

そうしているうちに、モブハントを狩るくらいにはバトルが出来るようになった私は
今度はエオルゼアのフレに甘えることにしました

かくかくしかじかこうゆうわけで、アメノミハシラのお宝のギラバニアブレードのヘアカタログを
取りに行きたいので一緒にアメノミハシラに潜ってください

ってお願いして、かな~りの回数ほどアメノミハシラに籠りましたvvvv
マーケットで売ってるのは高くて買えないし、こんな高額のものをおねだりするのは
さすがに無茶ですからね(^-^;)

そんな私にエオルゼアのフレもとっても優しかったので、念願のギラバニアブレードの髪型になれました
ものすごくうれしくて、かなりテンションが上がりましたね~(*´д`*)
何回も引きずり回してごめんねvvvとっても感謝してますvvv



今、私は考えてしまいます
もしも私がエオルゼアとアストルティアとゆうオンラインの世界を知らないまま過ごしていた状態で
今回の状況になっていたら、私はどうなってしまっていたのだろうか・・・

あの瞬間、私は完全に現実世界に絶望していました
それをギリギリで踏みとどまれたのは
『あのひとたちに会えなくなるのは嫌だ』とゆう思いでした

『あのひとたち』
それは、エオルゼアとアストルティアで出会ったひとたち、
私と一緒に旅をしている仲間たちでした
オフラインのゲームではこうゆう感覚にはならなかったと思います
この画面の向こうには、プログラムされていない生きている心があるからこそ
オンラインの世界はなんかこう、予測のつかない何か・・・
生き物のような躍動した感覚が満ち溢れているような気がします
現実じゃないのに、なんだか不思議ですよね(・∀・)

現実といえば、私の現実世界は相も変わらず辛く厳しいものですが
辛いときは辛いってちゃんと言えるようになりました
理解してくれないなら理解してもらえるように我慢しないで早めのパブロン
ではなくて、早めのアピールができるようになりました
(ここまで来てここでボケるのか私)

現実よりも大切とゆうわけじゃない、
でも「たかがゲーム」でもない

ネットで見かけた言葉ですが、イイ言葉ですね

オンラインの世界で出会ったみんなに感謝の気持ちでいっぱいです
それと同じくらい、これらの世界を創ってくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです

ありがとう
私は今日もここで、のんびり気ままに旅ができてますよ(^-^)

コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数