キャラクター

キャラクター

Sylph-Friend

Hurdy Gurdy

Typhon (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

FF8やりました。

公開
SteamのGWセールで買いました。
FF8の中身に触るのでネタバレ回避したい人は見ないでくださいね。




FF14の漆黒のヴィランズはFF8の要素を強く引っ張ってきていますね。わかりやすいのでいえばエデンとか。
FF8のガーディアンフォース(FF8内ではGFと略されています。以下GF)と呼ばれる存在があり、所謂召喚獣にあたります。エデンはFF8のGFですね。

FF8内で印象に残ったセリフがあります。
スコールのセリフの中に「善とか悪とか関係ない。立場で敵と味方が変わるだけだ」
漆黒ではプレイヤーの敵対勢力の掘り下げが行われています。彼らには彼らの思う所があり、それは善とか悪とかではない。
エメトセルクは不完全な命で溢れかえっていることを不気味に思ってました。
これはFF8でのハインとプレイヤーの構造に似ています。
ハインは人間を作り出してから長い眠りにつき、目を覚ましたら溢れかえっていて嫌悪感を持っていたので人間を殺そうとしました。
プレイヤーは人間に感情移入してしまうのでハインはなんてひどいやつなんだ!と思ってしまいますが、我々現実の人間に直そうとするとゴキブリが溢れていたからバルサン焚いたぐらいの気持ちでしかないんでしょう。

それでもエメトセルクは自分より小さい命を認めて話し合いの機会を何度も設けてることを思うと相当変な人だったんだろうなって思います。
僕の部屋にゴキちゃんが出て捕まえて外に投げてた事があるんですけど友達に話したら不思議な人って言われましたね。


FF8のゲーム部分のエフェクトとかみると結構そのままなんですね。再生4層のドローとか結構そのまま。再生3層の構造もそのまま。
FF8のラスボス第三形態は複数の要素が混ざったキメラなので、再生3層の混ざった感じもそういうことなんでしょうね。

FF8はストーリーはよかったんですけれどゲーム部分…戦闘演出とかは今からやってみるとテンポがよろしくない印象を受けます。演出は綺麗なんですけれど、その演出を見せるために待機する時間が発生する。そのせいでもっさりした感覚を受けます。
たしか3Dが出始めてちょっと経ったぐらいの時代でしたよね。
同じプレステ世代のゲームをやってみると同じようなテンポなので、その時の流行が出始めた3Dポリゴンを綺麗にして演出に力を入れるだったのでしょう。
戦闘でのエフェクトや動きでの演出は待ちが発生するので悪い印象が混ざるのですが、ムービーは今みても綺麗だったりカッコイイものだったりスゴイと感じさせてくれました。
もちろん、古いゲームなので粗いところがあります。今と比べたら技術に差があるのでそこはしょうがない。
それでも、その粗いムービーでもすごいと感じさせてくれるので本当によくできたムービーだなと思う。
Steam版では3倍速があります。純粋にすべて3倍になるのではなく、戦闘や移動の進行だけが3倍になります。例えば音はそのままなので音を高速で早送りした時みたいな高音になることがありません。
メニュー画面でのカーソルの移動も3倍になったりしないので、ちょっと下入力しただけでメニューの一番下まで飛ぶとかもありません。
戦闘中でも3倍速の切り替えができるので、演出だけ飛ばす目的で3倍速をオンオフしてました。
3倍速あるので実際のプレイでのテンポはそこまで悪くないですね。
でも3倍速なかったらコレ絶対めんどくさいな…って思う場面多かったです。

まぁ面白いゲームですよFF8。分かりづらいゲームでもあります。
これはどうなのか?と疑問を持ったときに探せば答えに至るためのヒントは各地にありました。
でも、全部教えてくれるわけではない。今だったらネットで色々調べられるからいいと思うけれど当時実機でやったらおもしろくないだろうなっていうのも理解できます。
万人受けするゲームじゃないですねー。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数