キャラクター

キャラクター

Yaruyo Banzoku

Ramuh [Meteor]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

属性とエーテル、星極性と霊極性についておさらいする。

公開
5.0で説明された六属相関図、5.1で説明された体内エーテル。
属性回りがいまいちピンと来なかったので、おさらいしてみました。



≪六属相関図≫

―――――――――――――――――――――
Astral(星極性)

Lightning(雷)

Wind(風) Fire(火)

Water(水) Earth(土)

 Ice(氷)

Umbral(霊極性)

―――――――――――――――――――――

・この図は、原初世界において、エーテル学や魔法学には欠かせない、「六属相関図」を模写したもの
・世界は6つの属性のほかに、2つの極性で構成されている
・活発を意味する「星極性」と、鎮静を意味する「霊極性」

(真実を顕すは カットシーン2より)

なるほどね。
6つの属性と、2つの極性があるんですね。
図の上方が星極性のアストラル。
図の下方が霊極性のアンブラル。
このアストラルとアンブラルという言葉は、
黒魔のスキル、アストラルファイアとアンブラルブリザードで出てきてますね。
まあ、個人的にアストラルはアストラルリングアストラルフロウが馴染み深いです。

あと、中央の三角形はなんでしょうね。
雷、水、土は黒い三角形で結ばれています。
風、氷、火は白い三角形で結ばれています。
これは、光と・・・闇?
ではないようですね。




≪星極性と霊極性≫

星極性の力
・活発と発展をつかさどるもの。
・多くの色が重なると黒になる
・「闇」と呼ばれる


霊極性の力
・鎮静と停滞をつかさどるもの。
・何にも染められる前の白、凪と平穏の象徴
・「光」と呼ばれる


なるほどね。
星極性が闇で、霊極性が光なのね。
そういえば星極性とか霊極性って、青魔道士のプチライブラでも出てきましたね。


星極性耐性低下効果:火、風、雷属性攻撃による被ダメージを5%上昇させる。
霊極性耐性低下効果:水、土、氷属性攻撃による被ダメージを5%上昇させる。


なるほどね。
星極性耐性低下が火、風、雷の被ダメ上昇、霊極性耐性低下が水、土、氷の被ダメ上昇、と。
つまり・・・
星極性 … 火、風、雷 → 闇
霊極性 … 水、土、氷 → 光


六属相関図の三角形の色は、光と闇に関係ないんですね。
上3つが星極性(闇)、下3つが霊極性(光)なんですね。




≪星極性=闇、霊極性=光?≫
本当にそうでしょうか?


こちら、旧FF14のアクションリストです。

星極性 … バニシュ、ディア、レイズ、プロテス、アレイズ
霊極性 … バイオ、ドレイン、アブゾ系

どうみても星が光で、霊が闇ですね。
また、お隣のFF11の属性では「火、風、雷→光」、「水、土、氷→闇」と、真逆ですね。
そこらへんもあってですかね。
火が闇だったり、霊極性が光なのが・・・どうもしっくり来ません。




≪体内エーテル≫

体内エーテルには、ふたつの種類があるそうです。
・肉体を活動させる源となる「生命力」
・精神を活動させる源となる「魂」

この体内エーテルの変化を、まとめていこうと思います。


体内エーテルが停滞の光に侵された状態。


エーテルが不活性化し、その果てにあるのが、罪喰い化。


ベーク=ラグの研究を悪用したフッブート王国の魔物化事件。
エーテルを活性化する事により、人が魔物に変えられた。

つまり……
エーテルが不活性化しても化け物(罪喰い)になるし、エーテルが活性化しても化け物(魔物)になる、と。

体内エーテル(生命力)は属性(極性)が偏ると、どちらの場合でも肉体変化が起きる。
活性化の場合だけ起きるわけじゃなく、不活性化でも起きる……と。
不活性化すると体が罪喰いに成長して、元気に動き回るのもいまいちピンときませんが。
まあ、いいかw


こちらはサスタシャを暴く者での1シーン。
マディソン船長に起きた現象は、体内エーテルが水属性(霊極性)により不活性化したのでしょうか?
そう考えると、罪喰い化と蛮神の祝福は、根っこの部分は同じじゃないですかね。

●関連日記
超える力とテンパードについて考える
【5.0】罪喰いはアレに似ている。




≪魂の活性化≫
前項で体内エーテルの生命力(もしくは魂と両方)が活性化、または不活性化した場合を確認しました。
次は、体内エーテルの魂について確認してみます。


5.25現在、暁の人たちは肉体を持っておらず、魂が活性化した状態で固定されています。
今後の目的は魂を不活性化させることになります。
で、肉体を持っていないって事は、つまり魂だけの存在ですよね。


魂だけの存在……つまり、この人達やアシエンと同じ状態ってことですよね。
という事は………魂を活性化することが、不滅なるものになる原理って事でしょうか。

という事は………超える力を受け入れる事=魂を活性化させる(星極性に寄せる)ってことでしょうか?
サハギン族の司祭のエーテルはどうみても水属性ですが、水は霊極性(不活性化)です。
どういう事でしょうね?
これがわからない。
ここでふと思ったのが、六属相関図の黒と白の三角形。
水は単体では霊極性側だけど、土と雷をほんのり加える事で闇になり、星極性の活性化状態を作り出すことが出来る、とか?w




≪アストラル体≫
余談ですが古代の民の迷宮の2ボスにタナトスってのがいたと思います。
で、あいつって最初攻撃できないじゃないですか。


それで、アストラル体ってデバフがかかり、半分次元がズレた状態になりますよね。
このアストラル体……アストラル、つまり星極性ですよね。
これもおそらく、体内エーテルが活性化されたってことですよね。
つまり、ヒカセンは既に(半分だけど)活性化経験があるってことですね!

半分次元がズレた状態がアストラル体であるのならば、完全な不滅なるものはなんて呼ぶのでしょうね。
アストラル完全体・・・とか?w




≪魂の不活性化(テンパード)≫

Q.テンパード化とは?
A.魂を強制的に不活性にして心を封じ込めるような技

暁(公式)が言うのであれば、おそらくこれが回答なのでしょう。
5.1は説明回でしたからね。
ただ、こちらの方は少し別の言い回しをしています。


Q.テンパード状態とは?
A.神降ろしをしたり、蛮神のエネルギーを身に受けることによる、強制的な同調

 アルフィノ :心を封じ込めるような技
 エメトセルク :強制的な同調

微妙にニュアンスが違いますね。
タイタンは土属性なので霊極性、なので不活性なのは理解できます。
心が閉ざされて、暗い子になっちゃいます。
ただ、ゾディアークは闇属性なので、霊極性は違う気がします。
星極性、つまり活性化された、エメトセルクのような明るい子になるのが正解ですよね。

という事で、テンパード=魂の強制的な不活性説は、若干異議ありでした。

●関連日記:エメトセルクのヒントトーク




≪まとめ≫
星極性
・火、風、雷
・闇
・アストラル
・活発と発展
・活性
・体内エーテルを活性 → フッブート王国の魔物化事件
・魂の活性 → 不滅なるもの?

霊極性
・水、土、氷
・光
・アンブラル
・鎮静と停滞
・不活性
・体内エーテルを不活性 → 罪喰い化
・魂の不活性 → テンパード化?
コメント(0)
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数