キャラクター

キャラクター

Alma Gandharva

Gungnir (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 6

難しいコンテンツに挑戦することと優しい人たちに会ったこと

公開
FF14に出会うまでソロぼっちゲーマーとして、オフラインのゲームばかりしてきた私ですが、ゲームの中の高難易度コンテンツには一切手を出してきませんでした。
いわゆる典型的なぬるゲーマーで、ハードモードとか、死にゲーなどはやらないし、隠しボスも倒せなかったらすぐ諦めちゃうタイプで、やりこみ派のゲーマーさん達からすれば実に情けない遊び方をしていました。

実は、FF14もそういう遊び方をするつもりで始めました。
ストーリーを追って、好きなジョブだけレベルを上げて、ソロで楽しめる範囲(当時はFCに入るのも無理!!と思うほどビビりでソロ進行派でした。)、高難易度コンテンツやPvPには手を出さずにエオルゼア生活をぬるーく楽しもう、と思っていました。

そんな考えがちょっと変わってきたきっかけは、今のFCのマスターさん(当時はまだ普通のフレンドさんでした)に、極ナイツ一緒にやらないか、と誘っていただいた時でした。

当時、限定解除でアチーブ取得するためにパーティ募集を探して参加するくらいしか極コンテンツに触れて来なかった私ですが、初めてできたフレンドさんからの、初めてのお誘いということもあり、ちょっと背伸びして参加させていただくことにしました。今考えると、予習もしてない完全初見で、身内ならまだしも見知らぬ方々のパーティに極で入れてもらうなんてめちゃめちゃ迷惑なお話だよなと思います。
当然、最初はわけも分からず床を舐め続けていました。どうやったら攻撃を避けられるのか分からないし、ヒーラーのくせに蘇生してもらうばかりで、全く役に立てていないのが分かって焦るしで、ちょっとパニックだったのですが、経験者のメンバーさん達が、こうするんだよ、とか
安置はここだよとか、本当に優しく根気強く教えてくださって。
なんとかクリアできた時は、感動というか、とにかくほっとしたなあ、という印象でした。

この時クリア出来たことで、高難易度コンテンツなどの、今までやってこなかったことに対する私の拒否感というか、壁みたいなものがとっぱらわれて、急に、色々やってみるか!!!と思い立ちました。
そこでまず、初心者歓迎の極蛮神戦パーティ募集に参加してみることにしました。
ここで選んだのがまず極ラムウだったあたり、無謀だったという他ありません。
とにかく死にまくりギブアップされまくりタイムアップしまくり、という散々な様子でした。
でも一つだけ決めていたことがあって、それは自分からギブアップはしないこと、でした。ぬるゲーマーのくせに負けず嫌いなんですね。
クリアできなくても時間いっぱいは粘ろう、ということを目標にしてパーティ募集で極ラムウを探す日が続きました。
そしてある日、時間をかけたものの、クリアすることが出来たんです。
この時のメンバーさんたちは当然皆知らない人達(なんならE言語の人もいました)ばかりだったのですが、タンクさんやパーティ主さんがとても良い方で、次頑張ろう、次はこうしてみてとか雰囲気を良くしてくださっていたのがとても印象的でした。(ちなみにE言語の人はヒーラー...多分私、は下手だから大変だみたいな事を言っておられたwwそのくらいの英語はわかるわよwww)
この時初めて、高難易度コンテンツ面白いかも...と思い始めました。
次にやってみようと思ったのはソロFC設立でした。(ここでソロに行き着く当たりがボッチ根性染みついてるなと思います。
一番の理由はとにかく倉庫が欲しかっただけなんですけどね笑
最初、ビギチャですらなかなか話しができなかった私は、当然ソロFCのための募集すらできないと思っていたのですが、極コンテンツのパーティ募集に参加していた経験から、自分で募集をたてたり、初めての人とのパーティチャットをすることに慣れ始めており、いつの間にかそういうことに抵抗がなくなっていたのでした。
とはいえ初めてシャウトした時は緊張しました。事前に仕入れていた情報ではシャウトは嫌がられる、と聞いていたためでした。
ところが実際にシャウトで募集をしてみても別にだれも怒りませんでした。同時にかけていたパーティ募集で集まってくださった人も、シャウト見たよ、と言ってくださったりして、ほっとしました。時々街中でシャウト見るし、案外怖くなかったな、という感じです。こうしてソロFC設立はあっさり成功したのでした。

しばらくソロFCでゆるゆるストーリーをすすめたりレベルをあげたりしていた私でしたが、ある日最初のフレンドさんからお声かけをいただきました。それはフレンドさんが運営しているFCに入らないか?というお誘いでした。
以前の私だったら正直、お断りしていたと思います。ソロFC作ってFC活動(仮)もできてるし、たくさんの人と交流なんてできないし、FCって高難易度コンテンツとかやるんでしょ!!!と考えたでしょう。

でもこの時とても素直に「楽しそうだな」と思ったのです。

この心境の変化には自分でも少し驚きました。フレさんにも「ソロ派なのかと思って誘いあぐねているうちにFC作ってた」と言われたくらいで、確かに私はゲームは1人でする派、だったはずでした。
ところが自分でもびっくりするくらい、「FCに入って皆さんと色んなコンテンツやってみたい」と自然に考えていました。
即日、FCに入りますとお返事をして、ソロFCもサッサと店じまいをしました。作るのに苦労しなかったためか、未練は全くありませんでした。ご協力くださった皆さんにはごめんなさい。
FCハウスにお邪魔したところ、皆さんがとても賑やかに迎えてくださってすごく楽しかったなあ、と思い出します。皆さんがぽんぽんフレンド申請を投げてくださって一気にたくさんのフレンドさんも出来ました。人生で2番目のフレンドさんも所属しておられるのが分かり、これもとてもうれしかった。これまで私のフレンドさんはFCマスターさんとこの方のお2人だけだったんです笑
多分以前の私だったらこんなにフレンドさんが増えることに怯えていたでしょうが、この時は純粋にうれしかったです。

それからおよそ1ヶ月が経ちました。

ほぼ毎日インしているのですが、ご挨拶すると返ってくるのがうれしいし、FCハウスで皆さんが賑やかにされているのを見るのもとても楽しいと感じています。
何度かお誘いを頂いてアレキとか、エデンとか極とか、難しいコンテンツをFCメンさんたちと遊びました。
やっぱり私は下手っぴで、正直ご迷惑なのでは?と悩んだりすることもあるのですが、いつだって皆さん優しくしてくださるんですよね。アドバイスくださる時も丁寧で。
だからそんな時は、優しくしてくださるから甘えよう、ではなくて、何とか食らいついてクリアしようと努力しよう、と思っています。
極ラムウ巡りをしていた時のように、自分からはギブアップしない、時間いっぱい頑張るのが、私ができる恩返し(と言うとおこがましいかw)かなあと。いつか人のお手伝いができるようになれたら良いのですが、それはまだまだ先のお話ですね。

結局私がFCに入れたのも、高難易度コンテンツに対してやる気になったのも、今とてもエオルゼアを楽しめているのは触れ合った皆さんが本当に優しくて 、優しさが嬉しかったからなんですよね。
私はまだまだエオルゼア人生では(リアル人生でもかww)未熟者ですが、たくさんたくさん優しくしていただいたぶん、ひとにたくさんたくさん優しくしたいな、と思うのです。
エオルゼアで私に関わって下さるたくさんの人たち、今まで本当にありがとうございます。へっぽこプレイヤーですが、これからもたくさん皆さんと楽しく遊びたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

支離滅裂ですが、読んでくださった方もありがとう。また一緒にあそびましょう!!
コメント(6)

Emu Yureru

Gungnir (Elemental)

色んなとこに、いっしょに行こー!!


実は行きたい極がありまして(人 •͈ᴗ•͈)


これからもどーぞ宜しくお願いします!

Wildwolf Cryingformoon

Gungnir (Elemental)

人生で一番目のフレンドさんですよ!w
あのときの極ナイツか〜、やっぱり解除とかじゃなくて、床なめても大丈夫なメンバーでキチンと極を遊んだら楽しいんだよ〜って伝えたいなと思ってるから(※感じ方には個人差があります)ハマったようで何よりw計画通り!!( ̄ー ̄)ニヤリ
これからもいろんなコンテンツ楽しもうね

Alma Gandharva

Gungnir (Elemental)

えむさん
コメントありがとうございます!
ぜひぜひ!!いっぱい色んなコンテンツ行きましょうね!
行きたい極…何だろうwwへっぽこですがご一緒します!!─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

Alma Gandharva

Gungnir (Elemental)

うるふさん
コメントありがとうございます!
人生初のフレンドさんwwフレンド申請頂いた時はびっくりしつつも嬉しかったです!
あの時のナイツはエオルゼア人生の転機だったなあと思います。お誘い頂いて本当にありがとうございました。勇気をだしてご一緒して良かったです!
ヘボプレイヤーですがまた色んなコンテンツに連れて行って下さい!

Sasa Q'

Gungnir (Elemental)

まさかあの時ご一緒させてもらった極ナイツがターニングポイントだったとは!

自分もあの時、うるふさんに極ナイツ誘ってもらうまでは極レベルのコンテンツやったことなくて、最初はすごく緊張したんですが、みんなで遊ぶ難易度高めコンテンツがこんなに楽しいんだって感動してました(`・ω・´)b

Alma Gandharva

Gungnir (Elemental)

Qさん
コメントありがとうございます!
Qさんもあの時が極初挑戦だったんですね!!
初めての極、怖かったけど楽しかったですよね(`・∀・´)
あの時ご一緒してからもう2ヶ月ほどたちましたが未だにあの時よく自分「行きます」っていったよなあって思います。
でもあの時勇気を出したからシュクレで楽しくエオルゼアライフ送れてるんだよなあと考えるとちょっと運命ですよね( *´艸`)
これからもどうぞよろしくお願いします
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数