キャラクター

キャラクター

Taisa The-villainous

Tonberry (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

ソーム・アルで学者修行

公開
昨日、有難くも「さまざまなギミックが詰まっているソーム・アルは学者の練習に最適」というコメントをいただいた。
そうだった、勘違いしてはいけない。
私の学者に必要なのは経験値ではなく(経験値も欲しいけれどw)、経験だ。
ギミックらしいギミックのない教皇庁でレベル上げをしている場合ではない。
修行だ、ソーム・アルだ。

例によって、申請後すぐに現地へ飛ぶこととなる。
最初のエリアの蜂と植物は、なんとか凌ぐことができた。
前回はここで転がっていたので、進歩したと言えるかもしれない。
しかし続く第二エリアの蜂と植物を前に、またしても転がる羽目になった。
タンクを…タンクを維持できない。
敵がウジャウジャだなー範囲でも撃つかー…などと思っている間にバフが切れたのか、ゴリゴリと減少するタンクのHP。
慌てて生命活性法を連打するも、瞬時に尽きるエーテルフロー。
立て直せない…迅速フィジクでどうか。ダメか。
ならばフェアリーに頼るか…と、囁きスキルに手がかかったところで敵の波に飲み込まれてしまった。
今回は前回と違い、必要なスキルを思い出せなかったわけではない。状況判断のミスだと言えるだろう。
敵をまとめている最中にHoTスキルを使うのはかなり勇気がいるが、もっと早い段階で回復力の底上げを行っておくべきだったのかもしれない。
2ボスでは頭割りのマーカーを見逃し、PDSを死なせてしまう。直前に減ったHPを戻すのに時間がかかってしまったのも問題か。
最終ボスは、翼出現後の放射状攻撃を避けたつもりが範囲を踏んでしまい、ヒーラー死からの全滅を引き起こしてしまう。
マーカーの見落としもそうだが、一つ一つの確認の精度が甘いのかもしれない。
良くも悪くも集中しやすいたちなので、攻撃や回復に夢中になると、次のギミックに対する反応が遅れがちな傾向がある。
全体を広く見渡しているつもりだが、実際はというと全体をうっすら眺めているだけなのだろう。
味方のHPやギミックの目印、スキルのリキャストなど、把握しておくべき箇所はいくつもあるのに、対応しきれていないのだ。
これはもう慣れの問題なので、いかに学者をたくさん使うかというだけの話だな。

さて、今日は土曜日。
久し振りにメインクエストを進めよう!
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数