キャラクター

キャラクター

Taisa The-villainous

Tonberry (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 4

天気の話をする人は

公開
今日もメインはエキルレ、サブはメインクエストをするだけなので、ネタがないw
だが、それに関連してふと思い出したことがあったので、この機会に書いておこう。

君の身近に、天気の話をする人はいるだろうか?
職場で、休憩室で、教室で、あるいは習い事やジム、ゲーム内で。
「急に暖かくなったね」
「雨が降りそうだね」
「久しぶりの晴れ間だね」
可もなく不可もない、ただ天気の感想もしくは状況述べているにすぎない。
取るに足らないどころか、なくても全く困らない会話だ。
話術のプロにでもかからない限り、さして面白い話ではないだろうな。
年に何回かあるかないかの、台風や大雪が迫っているような状況であればいざ知らず。

天気の話は、無難な話題と言われる。
相手の年齢性別職業などに関係なく、誰に対して用いても失礼にはあたらない、汎用性の高い話題。
補足として、逆に不用意に投じるべきではないとされるのは、政治、宗教、スポーツの話だなw
自分はかつて、プリンの話で大喧嘩になったことがあるので、これも合わせて避けることにしているが。

だが、無難であるがゆえに魅力に乏しく、そこから話を膨らませるのは至難の業だ。
アレに似ているな、ダンボールの隙間に押し込められている発泡スチロール。

では、天気の話を振られて、どう感じるだろうか?
言われてみればそうかもしれない。
当たり前のことを言っているな。
だからどうした。
他に話題はないのかよ。
つまらない奴だな。

正直なところ、自分も天気の話にたいした意味があるとは思えなかった。
こんなにも当たり障りのない、身もなければオチもない会話をする必要性がどこにある。
無意味なやり取りをするくらいなら、お互いに黙っていたほうがまだマシではないのか、と。
天気などの、いわば「苦肉の策」など用いずとも、会話の成り立つ相手とは自然に話が弾む。
ええい、何という不毛な会話か!
つまり、天気の会話をしている時点ですでに、互いの関係性が発展する可能性が低いのだ。
…そんなふうにさえ考えていた。

さて、月日は流れ、とあるゲームで友人ができた。
他のギルドメンバーたちも交えて他愛のない会話が弾む。
深夜にチャットをしていて、メンバーたちは1人落ち2人落ち最後に二人だけ残るも、何故か修学旅行における「先に寝たら負け」みたいな意地が発動し、結局24時間ずっと話していたことさえあったw
馬鹿だなwww
この時に話し過ぎたのが良くなかったのかはわからないが、あるときから二人だけのときに話す話題がなくなってしまった。

自分は非常に趣味の幅が狭い人間だ。
芸能にはうといしアニメも見ないし、MMOばかりやっているせいか漫画も小説もあまり読まなくなってしまった。
多少話が合わせられることといったら、ガンダムか映画くらいだろうか。
それにしたところで、ガンダムで言えば1st~UCしか見ていないし、ジオニストなので連邦のMSはガンダムとジムくらいしかわからん。
映画も基本的にアクションかホラーしか観ないのでカバーできるジャンルが限定される。
その結果、友人との接点が皆無であるという事実が判明してしまったのであるw

それでも一応、努力はした。
友人におすすめの小説を教えてもらって読み、感想を話したりもした。
が、しょせんは付け焼き刃、何日も語り合えるほどの話のネタにはできなかった。
無論、小説が悪かったと言っているのではない、己の力不足だ。

もしかすると、より個人的な領域に踏み込めば話題があるのかもしれない。
リアルの仕事や家族、友人関係。
だがこの分野は個人的にまったく興味がないので聞いたことはないし、自分で言うこともない。
相手のキャラの背後にリアルが見え隠れするのは興醒めだ。
(別にネカマに騙されたトラウマがあるとかいう理由ではないぞ、断じて!!!)
それ以前に、個人情報を伴う。
自分は古い人間なので、MMOを含むネット環境で個人情報を得たり公開したりというのに抵抗がある。
最近はSNSなどでかなり開けっ広げな人が散見されるが、そのたびに心配してしまう。
とにかく、ゲーム内ではそのキャラとして接するのが自分のMMOの遊び方だ。

話が逸れた。
要するにそんな自分に毎日提供できる話題といったら、そう、天気しかなかった。
「今日はそっちのほう、滅茶苦茶暑くなるみたいだな」
「まじで」
「熱中症にならんよう、水分補給しっかりな」
「おーけー」
…と、これだけで2往復にはなる。
そのとき初めて天気の話を口にする人の気持ちがわかったよ。
挨拶を交わした後、お互いだんまりになってしまわないように、ちょっとしたやり取りを続けたかったのか。
何かの弾みでそこからさらに話が膨らんだらいいな、という希望もあるかもしれないな。
そうこうするうちにゲームのVUなり季節イベント開始なりがあれば、またしばらくは天気の話題に頼らずに済む。

天気の話をする人は、相手と接点を持とうとしている。
コミュニケーションは取りたいが、いきなり不躾なことは訊きたくない。
共通の話題はないけれど、相手が暑さ寒さで参らなければいいなと思う程度には親しみを感じている。

いつか、接点がまるでないのに気の合う相手と出会うかもしれない。
その際にもしかすると、「天気の話」というものの存在に感謝し、頼ることになる可能性がある。
だからどうか、フレンドに、LSに、FCに、「やあ、今日はいい天気だね」などと話しかけてくる人がいても、「何だコイツ」と思わないでほしいw
それは恐らく、少し…。
……。
おかしい、ただのコミュ障とどう違うのだ!?
コメント(4)

Uzumaki Seijin

Kujata (Elemental)

友達ではないけど職場のパート仲間でめちゃくちゃ喋り会う人がいるけどやっぱり天気の話はするかな。でも休憩中に全く会話なしって時もありますよ。でも気まずい訳では無い。···どこからが友達なんだろう?

大佐さんのプリンの話気になる〜!
「焼きプリン以外は認めん!」
とか
「俺はカラメルから食べる派」
とか?w

Reedy Sonic

Tonberry (Elemental)

>天気の話をする人は、相手と接点を持とうとしている。

目から鱗が落ちました。
今度は大佐殿に天気の話をふっかけてみますw

ついでに、
プリン食べたくなったwww

Taisa The-villainous

Tonberry (Elemental)

Uzumakiさん
どこから友達…難しいですね。しかしゲーム内であれば便利なフレンド機能があるので、これに乗っかってリストの人は友達と言ってしまっていますw
そもそも会話がないとヤバいと思ってしまう点ですでに自分はアカン奴なのでしょうw

プリンは…せっかく仲良くしていただいているUzumakiさんと喧嘩になったらどうしよう!?
概ね正解です。自分はプリンは過熱されているものという先入観があるので、プッチンプリンをプリンと認められないのです。カニカマがカニ風味カマボコに落とされたなら、プッチンプリンはプリン風味ゼリーになるべきだという持論がありまして…モゴモゴ。

Taisa The-villainous

Tonberry (Elemental)

Reedyさん
そうなのです。微塵も興味ない相手だったら、リアルなら休憩室に入る前からスマホに夢中になっているオーラを醸し出すし、ゲームなら取り込み中なフリしますからね!
天気の話も無論歓迎ですが、我々にはヴァナという無尽蔵の話題があるのではw

プリン、別に好きでも嫌いでもないのだけれど!
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数