キャラクター

キャラクター

Neko Maru

Ramuh (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 2

ボクはタマネギ

公開
ボクはタマネギだ。
畑で生まれた。

引っこ抜かれて以来、ヒトと旅をしている。

本当はプリンスという やんごとなき身なのだけれど
このヒトはそんなことには頓着していないらしい。

どこにでもボクを連れていくし、
危険なモンスターと遭遇することもある。

今日は”サカナツリ”に行った。
大きな”サカナ”をたくさんとる、というので楽しみにしていたのに
水溜まりの前に到着するや、ヒトは座り込んでしまった。

「天気が悪い」のだそうだ。

夜になっても動かない。

”サカナツリ”はいつ始まるのだろう。

隣の大きなトリもじっとしている。

つまらない。



と思っていたら、天気が良く鳴った途端にヒトが動いた。

びゅん、と長い棒を振り
水の中に何かをばらまいて
真剣な顔でグイグイと棒をひっぱったら
小さくてキラキラした生き物が水の中から引っこ抜かれた。

小さな生き物をさらに水の中に放り投げて
今度はとても大きな生き物が引っこ抜かれた。

ファンタスティック!!!

じっと静止した緊張からの突然の躍動にボクの心は躍る。

しずかに、しずかに…………いまだ、引っこ抜け!!!!

しんと雲の影を映した水面がにわかに波立ち、光を浴びた生き物が躍り出てくる。

ボクは”サカナツリ”に夢中になった。
ヒトも嬉しそうだ。


ふと畑の仲間を思い出した。

彼らももうすぐ、こうやって畑から引っこ抜かれて
ボクと同じようにヒトと旅をするのだろう。

出てきたら、真っ先に教えてあげよう。

天気のいい日の”サカナツリ”は最高だって!!!




家に帰って、ヒトはさっそく引っこ抜いたサカナを水槽に入れた。

水槽に入れられるサカナの数には限りがあるらしく、
古いサカナをとりだしていた。

なるほど、きっと畑と同じなのだな。
ボクのように育った野菜は引っこ抜かれて、新しい種をまく。
そうして次々に仲間が育っていく。
とても素敵な入れ替わりだ。


しかし、なぜだかこのあと、ヒトは背の高いヒトに怒られた。

「こんな大きいサカナを入れたのは誰だ!?」と背の高いヒトが言い、
ボクの相方であるヒトは正座をしていた。

何を怒っているんだろう。
こいつはきっと”サカナツリ”のすばらしさを知らないんだ。

ボクは憤慨し、抗議すべく立ち上がった。


すると、ボクと似た形状の誰かが立ちはだかった。

な・・・・・・なんて凶悪な・・・・・・。

立ちすくむボクにヒトが言う。

「新しい仲間のキングトマトだよ」



畑から引っこ抜かれた新しい仲間に会えたら、伝えたいことがたくさんある……あったのだけれど……。


無言で見つめ合うボクたちに、小さいヒトがそっとエサを差し出した。

喜んで駆け寄る彼を見ていたら、親近感がわいた。

大丈夫、同じ畑の土で育った仲間だ。
きっと仲良くなれるはずだ。
野菜を見た目で判断するのはよくないしな。

一緒に”サカナツリ”に行ったり、こわいモンスターのことや
雨の日の水溜まりやチョコボの背中の乗り心地、ほかにもたくさん、
たくさんたくさん話をしたいと思う。

明日が楽しみになってきた。
コメント(2)

Vivi Hawaii

Ramuh (Elemental)

このコたち畑から生まれてきてたんだね!知らなかった!
金魚でっか!!今度見にいく!

Neko Maru

Ramuh (Elemental)

みーさんが植えた種から生えた。
みーさんの代わりだと思って撫で撫でしている。
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数