キャラクター

キャラクター

Chocolat Noir

of the Silver Fuller

Ifrit (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

HQ品の作り方☆

公開
※この日記は、クラフターを始めたばかりの、新米クラフターさん向け解説日記になっております。
すでにカンストされていらっしゃる方・作成方法を理解していらっしゃる方は、お戻り下さい☆
あくまで私なりの解説ですので、誹謗中傷等は一切受け付けませんのでご了承下さい。
それをご理解頂ける方のみ、お進み下さい。





クラフターのレベルが上がって来ると、ジョブクエでHQ品の納品を

要求されて、最初はどうしたらいいのか、困りますよねぇ><;

どうやって作るの…?どうやったら、HQ率が上がるの…?と。

今回は、そういう方の為に、HQ品を作る為の基本講座を書いて行き

たいと思います(❁´ω`❁)


ホント、基本のきだからね?

いや、もっとHQ上げるスキルあるだろ…とか言わないでね?w



まずは、レシピ画像から見てみましょう♪






今回はボイルドエッグで説明していきます!

まずこの画面の見方?ですが、赤い□の部分。

ここに、ボイルドエッグを作る為の必要工数と、このレシピの

耐久が書いてあるので、最初はここを確認しましょう。

ここはレシピによって、数値が変わるので、同じレベル帯のレ

シピだからといって、全部同じではないので、ご注意下さい☆

ボイルドエッグは、必要工数20・耐久60になってますね!


次に、緑の□。

ここは、NQの文字の下と、HQの文字の下の数字ですが、ライ

ンの下部が今持っている素材で、NQ素材がいくつ・HQ素材が

いくつって表示が書いてあり、上部の数字の所を直接選ぶと、

どちらのクオリティの素材をいくつ使うか選べます♪

ちなみに、素材の絵の左側の数字は、このレシピを作る為の

素材の必要数が書いてあります!

ボイルドエッグだと、鶏卵1・ミネラルウォーター1が必要

数になっていますね!


次は、オレンジの□。

ここは先ほど説明した、素材数選択で、HQ素材を選ぶとここ

の数値が上がります。

今は1つもHQ素材を選んでいないので、0になっていますね!

ここが重要!

スキルで主にHQ率を上げて、HQ品を作っていきますが、レ

ベルや装備等で、HQ率が全然上がらない事や、足りない事も

出てきます><

そういう時は、ここを意識して下さい。

HQ素材を1つでも選べば、ここの数字が増え、最初からHQ

率がある程度ある状態から、レシピ作成が行えます!!

NQ素材しかないレシピもあるので、必ず上がるワケではな

いので、HQ品を作る手の1手段として覚えておいて下さい

(´∀`*)


次は、紫の□。

この部分は、押すとそのレシピをお試しで作ってみる事が

出来ます!

以前はなかった機能なのですが、去年追加された機能で

すね♪

どういう時に使うかというと、これ…今の私のレベル・装

備で、このレシピ作れるのかなぁ…と不安な時や、スキル

回しの練習などで使います!

ここで使う素材は、実際には消費されないので、不安な方

はまずここで練習して行きましょう!


それらが確認出来たら、黄色の□の部分を押して、レシピ

作成開始して行きましょう!(≧ω≦)b








こちらが実際にレシピを作る画面になりますが(この時は

素材を持っていなかったので、練習画面ですw)この画像

の赤い□の部分が、HQ品を作るうえで、重要な部分になり

す。

ここを100%にする事で、HQ品が確実に作れるので、品質

の数字をスキルを使って、どんどん上げましょう!

ボイルドエッグだと、品質が339でHQ品が100%出来ま

すね!

でも、スキル一度押すとどのぐらい数値が上がるか分か

らないですよね?

その為に、緑の□部分を選択してみて下さい!







すると、こういうウィンドが開きます!

こちらは作業関連スキルを使った時に上がる数値が書いて

あるタブ。






こちらは加工関連スキルを使った時に上がる数値が書いて

あるタブですね!


この画面でいうと、私は作業スキルを一度押すと工数が

1237進み、加工スキルを使うと、1174上がる様

に書いてあります(´∀`*)


こうして一目で確認が出来るので、分からない時はこの

画面を開いて確認してみましょう!



さて、品質を上げてHQ品を作るのを実際にやっていくの

ですが、ここからが大事。

作業をするのも加工をするのも、1つスキルを使うと耐

久が10減ります。

実際の画像がこちら。






これは加工スキルを一度使った後になりますが、耐久が

50/60になっていますよね?

こうして、耐久が減って行くのですが、耐久が0になる

と作成失敗になり、素材も失われてしまいます…(′・ω・`)

なので、耐久の残り数値を気を付けながら、加工スキル

を使っていく感じになります。


そしてもう1つ大事なのが、今まで作業スキルしか使っ

ていなかった方は、ここが慣れるまで少し難しいのです

が、加工スキルはCPを消費します。

なので、残りCPにも気を付けないといけません。

ちなみに、加工スキルはCP18消費ですねw

あれ?加工押せない?ってなった時は、CPが足りなく

なっているので、要注意ですよーw


それらを考慮し、今自分が作業を押したらいくつ進む

か確認してから、加工スキルをCPと耐久が許す限り使

って行く形になります♪

例えば、作業押すと10進むとします。

そうすると、ボイルドエッグですと必要工数が20な

ので、作業スキル2回で完成します。

そこから計算すると、耐久60のボイルドエッグでは

、加工スキルは4回までしか使えない という事です♪

でももし、CPが50しかなかった場合、1回で18CP

消費する加工スキルは2回までしか使えない という

事ですね(≧ω≦)b


ちょっとした豆知識として、加工スキルは1回で消費

CP18で、中級加工は32となっていますが、↑の画

像の赤い□は中級加工ですが、数字は18と表示され

ています。

実は加工スキルはコンボが可能で、加工スキルを使う

と、通常32CP消費する中級加工が、なんと!18C

Pに変わるんですよ!ヽ(*´∀`)ノ

加工スキルは効率100に対して、中級加工は125

になっていますので、加工スキル2回押すよりもお得

という事です!同じ消費CPで!

たった25違うだけだろ?と思うかもしれません。

これをあなどってはいけませんw

私のステータスでいうと、ボイルドエッグは加工スキ

ル1回で1174品質が上がりますが、中級加工1回

では、1467も上がります!

こんなに差があるのに、加工2回と、加工1・中級加

工1回の消費CPが同じなら、中級加工をコンボで入れ

る方がお得でしょ~?(´∀`*)

なので、中級加工がある方は、積極的にコンボで使っ

て行きましょうね!



こうして、CPと耐久に気を付けながら、加工スキル

で品質を上げ、HQ率100%を目指してレシピを完

成させて行きましょう!

ちなみに、品質をどのぐらい上げて完成させたかで

、作り終えた時に貰える経験値も変わってきます。

なので、中間素材を作る時なども、時間があれば積

極的にHQ品を狙っていく方がお得です(≧ω≦)b

まぁ~、だんだん面倒になって、簡易製作でまとめ

て自動で作っちゃうんですけどねーw

でも、レベル上げで自分のレベルに近いレシピ作っ

てる時なんかは、HQ品にして完成させた方がイイで

すねーw

その方が、後々作るレシピで、HQ素材として使う事

も可能になり、HQ品が作りやすくなりますしね!




長くなってしまいましたが、これを読んでHQ品が作

れる方が一人でも増える事を祈っています♪


最初に書いた通り、基本のきだからね?w

品質を上げるスキルは、加工以外にもありますが、

まずはこの基本を覚えて頂ければバッチリですb


では、良きクラフターライフをヽ(*´∀`)ノ



☆追記☆





キャラ画面の、このピンクの□で囲った部分がとって

も大事です!

自分のそのクラフターでの、作業精度が低いと、レシピ自

体が製作不可だったり、加工精度だと簡易製作が出来ない

・いくらスキル使っても全然HQ率が上がらない という事

にもなるので、そういう場合は料理などで補う事もある程

度可能です♪

CPが少なすぎる時なんかも、料理やお薬(最初は使わない

ですが、魔匠の水薬というのがあります)で補っていく感

じになります(´∀`*)

料理は経験値も上がるので、積極的に使って行っておけ!

CP・加工精度が上がるモノを選んで行きましょう♪


一番手っ取り早いのは装備ですが、装備更新は最初のう

ちはこまめにするのはきついと思うので、まずはこの基本

から覚えて、足りなくなったら装備見直し・料理仕様を

考えて行きましょうヽ(*´∀`)ノ
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数