キャラクター

キャラクター

Piiefu Smalin

Alexander (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

エオルゼア新入生の7日目

公開
こんにちは。今日も変わらずプレイメモ、感想です。
当面はストーリーメインで進めるので日記は更新頻度高めになりそう。終わった後はわかんないです。それこそ今より日記っぽくなるかな?多分。

ネタバレ普通に含むので注意です。

7日目
6日目の続きからストーリーです。前回は白い衣のアシエン・エリディブスさんが砂の家にいらっしゃったので歓迎()したところで終わりました。

エリディブスさん。あなたFFTのディープダンジョンにもいましたヨネ。

7度のアーダーをヒトが乗り越えて、あーだこーだって話だけど。これは霊災のことを言ってんのかな?まだこの時点じゃなんとも言えないですね。アーダ―といえば魔法の方を思い浮かびますけど。

それからストーリーは進んで炭鉱夫のヤシュトラ姐さん

キレイダナー。ギャップっていいですよね。


んで、それからはサハギン族の蛮神リヴァイアサン討伐。サハギン族の司祭のいってた「不滅なる者」もFF12プレイヤーなら聞き覚えのあるワードですよね。この辺は記憶が曖昧だけどオキューリアとかの話だったような。



それからウルダハの難民騒動とかあって、シルフ族のラムウに実力を計られることに。このおじいちゃんは流石というべきか、これまでの蛮神とは違ってお話の通じる爺さまでしたね。
 ウルダハの話で出てきた「フロンティア計画」の所でシリーズを代表する裏ボスの一角である「オメガ」も話題にでました。ロボ?なんだろうけどこのハイパー高性能マシンは「バハムートを捕らえるもの」と呼称されるそうな。ってことは今作ではバハムート=神龍…?


ラムウ撃破後のシーンではアシエンの方々勢ぞろいでなにやら会議中でした。なんか中央の物体が「戒律王ゾディアーク」っぽい。これだけ見ると永遠の闇っぽいビジュアルですねー。

最後のワンシーンについてちょっと考察。 
 エリディブスによると
「7度の次元圧壊を生き延びた人は人ならざる者へ」
「だが、アーダ―によるゾディアーク再生。最後の欠片は覚醒せし人の人たる者への進化」
原文ママではないけど重要な部分だよねココ。
 ここから考えるに、先ほどまでアーダ―=霊災と考えていたけど、どうもそうでないかもしれない。
アーダー、霊災、次元圧壊のワードの関係性がまだこの段階では確定しきれない。

 それにアーダ―はエリディブスさんがミンフィリア姐さんに会ったときに彼女にぶっぱしても「超える力」を持つものには効かない的なことも言ってた。アーダ―は人の生命力か何かをぶっこ抜く魔法か何かなんじゃないか?それで抜き取った力をゾディアークに捧げる的な。そして、そのアーダーはミンフィリアや主人公をはじめとする「超える力」を持つ者には通用しない。

個人的な予想(妄想)としては
アーダー=人から生命力的な何か(エーテル)を引っこ抜いて、ゾディアークに捧げること
霊災=次元圧壊
だと現段階では思ってます。
ひょっとしたらアシエン達は霊災を引き起こしてそれで大量に死んだ人達のエネルギーをアーダーによって集めて回ってるのかも。

想像ばっかりの妄想になるけど、話の流れとしては
7度の霊災とアーダーが過去に起こる。が、人はそれらを耐え抜く。

通算7度の霊災を経て人は人ならざる者(「超える力」を持つ)に進化しつつある。

だが、アシエンにしてみればゾディアーク再生のためにはアーダ―によるヒトの生命力(?)を確保が不可欠であり、それには人が人ならざる者(アーダー効かない)への進化ではなく、人たる者(アーダー効く)への進化が望ましい。

故に、ミンフィリアや主人公のような「超える力」を持つ者が増えないように暗躍する。

みたいな感じなのではないかと想像してます。

実際現段階では分からないことだらけだし、ただの妄想垂れ流し考察になっちゃいました。でもこういうのも書いてて楽しいですね。
とりあえずはガンガン進めてこの辺の話を明らかにしたいと思います。

ネタバレだけは踏まないように気を付けます(笑)
では今回もこの辺で例の如く推敲せずおしまいです。

ノシ
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数