キャラクター

キャラクター

Ritzhu Nortivli

Ridill (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

レベル別モンクのスキル回しメモ(パッチ5.5用) ~漆黒編~

公開
~目次~
0章 サスタシャに出かけるまで ~モンクの基本的なメカニクスと方向指定~
1章 新生編① 格闘士編

2章 新生編② モンク編
3章 新生編まとめ ~Lv50のスキル回しを考える~
閑話休題 ~モンクのLv50でのスキルまわしを追求してみる~
4章 蒼天編
5章 紅蓮編
6章 漆黒編(この日記)
おまけ スキルまわしまとめ画像


さてLv80までのラストスパート、Lv71~Lv80、漆黒のヴィランズでのレベル帯で習得するスキル、アビリティをふまえたスキルまわしです。
といってもほぼなにもかわらんのですけどね。

では早速いってみましょう!

5-1 Lv71~73(ホルミンスター、ドォーヌ・メグ)
クリックして表示クリックして隠す
●Lv72
紅蓮の構え効果アップを習得します。
これで紅蓮の構えでの与ダメアップ効果が5%から10%に上昇します。まあ火力が高まるだけでスキルまわしには一切影響しないです。

紅蓮の構え使い忘れ、ダメ。ゼッタイ。
(再生編N4層でいつもより討伐時間かかってんなって思ったら紅蓮の構えをし忘れてることに残り8%で気が付いた時のやるせなさはすごかった)

5-2 Lv74~79(ドォーヌ・メグ~グルグ)
クリックして表示クリックして隠す
一気に行くんですがスキルまわしに組み込むスキル、アビリティが増えるのは1個だけなのでガっといきます。

●Lv74
万象闘気圏を習得します。
またファンキットツールにアイコンがないよ~~~公式~~~!!
陰陽闘気斬と同じ闘気シンボル5つを消費して使用するアビリティで、モンクのもつウェポンスキルとアビリティの中で唯一『前方直線範囲』を攻撃する範囲アビリティです。

自分とターゲットしている敵を結んだ直線方向に飛んでいくので、自分のすぐそばにいる敵に向けて撃つとしばしば明後日の方向に飛んで行ったりするのはご愛敬。ぶっちゃけAA入るようにターゲットしつつ円形範囲使ってるときにこれだけ直線範囲でうまく巻き込むの難しい。

射程10mはほかの範囲攻撃と比べて倍の射程になるのでしばらくボスから離れ続けるときは闘気連打して5個たまったら万象闘気圏、を繰り返したりするときもあります。
ちなみに陰陽闘気斬と同様に戦闘状態に入ってないと使用できないので釣り出しには使えないぞ! 不便!!

●Lv74
じつはLv74でもうひとつ習得するものがあります。
特性の闘気充填アップⅡです。

これで自分のウェポンスキルがクリティカルヒットした時に必ず闘気が1つチャージされます。これで戦闘中かなりの頻度で陰陽闘気斬を放てるようになります!

●Lv76
疾風迅雷効果アップⅢを習得します。
オートアタックの間隔とGCDがさらに短縮され、元の数値から20%短縮されるようになります。スキルまわしは変わりませんがより忙しなくなるので木人を叩いたりして感覚をつかみましょう。

●Lv78
無我を習得します。
またファンキットツールに(ry

効果は
「自身に付与されている「型」と「双掌打」の効果時間を最大まで延長し、かつ効果時間の経過を停止させる。
効果時間中にアクションの実行や移動・ターンを行うと、無我を終了する。
実行後にオートアタックを停止する。
効果時間:30秒
このアビリティには固有のリキャストタイムに加えて、ウェポンスキルと同様のリキャストタイムも発生する。」

型は1GCD分だけ時間を確保できるなら演武を1回実行するだけでどこからでも始められるので実質双掌打バフ延長・維持用アビリティと考えていいと思います。ID道中で次のグループまで移動している間に一瞬はさむことで、次のグループとの戦闘時に最初から範囲攻撃だけで続けられたりしますがほぼ誤差だと思いますリキャスト60秒で微妙に長いし

5-3 Lv80(各種Lv80コンテンツ)
クリックして表示クリックして隠す
●Lv80
六合星導脚を習得します。
また(ry

効果は
「対象に物理攻撃。
威力:540
追加効果:自身の移動速度を上昇させる。
効果時間:5秒
このウェポンスキルは固有のリキャストタイマーを持ち、実行すると他のウェポンスキルと魔法にこのアクションと同じリキャストタイムが発生する。」
です。そう実はここで突然またウェポンスキルを習得します。ただ、普段のスキルまわしには組み込まないウェポンスキルになります。

特徴は
・モンクの持つウェポンスキル単体としては最高威力をもつ
・使用後5秒間、疾風の構えと同等(移動速度10%アップ)の移動速度になる
・ほかのウェポンスキルと比べてGCDが倍になる


というものです。正直ノーマルコンテンツでこれ使って火力詰めないといけないのってなくない??
高難易度コンテンツで火力を極限まで高めようと思うと使える場面がいくつか出てくるんですが、それでも
・2倍のGCDがあるのでそれが終わるまで闘気が使えない
・多少移動が速くなるとはいえ10%だけなので思ったより離脱がおそい
・状況次第ではこれを使わずに闘気貯め切って陰陽入れて離脱中に闘気貯めて……の方がよかったりする
・といった理由から絶対にココ! という場面がものすごく限られる

正直ま~使いづらいです。まあ使った方がよさそうな場面が出てきただけよくなってきていますが。
ただ確定でこのタイミングでは使っていいっていうのがあって、それは

『リミットブレイクを使用する直前』

になります。どうせリミットブレイク中は動けなくなるので、六合星導脚の長いGCDがロスにならないんですね。まあそれだと移動速度アップが死んでるじゃんっていうのはあるんですが。

5-4 Lv80でのスキルまわしまとめ
クリックして表示クリックして隠す
さあ総まとめ。私はdiscordサーバー「Balance」で考案されたスキルまわしを使用しているのでそれを紹介します。なんとか8さんとこのとは違いますが1GCD1アビリティの方が使い勝手がいいので私はこれでやってます。

といってもスキルスピード(≒GCDの短さ)がいくつなのかを書いておかないと説明と違うじゃん!! ってなったりするのでまずそこから。

現状、Lv80での装備はIL510~530あたりだと黙示装備(クリプトラーカーシリーズ)とそのRE、新式装備(エクサークシリーズ)とそのRE、エデンモーン装備、ヨルハレイド塔装備あたりが候補だと思います。多分。そして全身新式や黙示装備だとめちゃくちゃスキルスピード盛られます。GCD1.92とか1.93あたりまで短縮されます。そのくらいなら余裕です。ただ、もっとスキルスピード少なくても大丈夫です。具体的にはGCD1.96秒、スキルスピードのステが761~913の範囲の時のステータスからならこれから紹介するスキル回しでいけます。

☆戦闘開始前の準備
紅蓮の構え
闘気を使って闘気ゲージを最大に
演舞で零の型付与
・(カウントがあれば)開始前1~2秒でトゥルーノース
羅刹衝を構える(カウント0で羅刹衝を使って一気に敵のところまで行く)

ええもう何も変わりません。いつも通りいきましょう。

☆基本のスキルまわし
これも今までと変わりません。ただLv76以降でGCDがさらに短くなっているので使用感が変わるというか、前以上に忙しなさは感じると思います。

双竜脚双掌打破砕拳
連撃正拳突き崩拳
双竜脚双掌打崩拳
連撃正拳突き破砕拳
双竜脚双掌打崩拳
連撃正拳突き崩拳


☆開幕~最初のバースト~基本のスキルまわしへ
※開幕に薬を割るなら一番最初の陰陽闘気斬のタイミングで薬を割って、代わりに陰陽闘気斬は最初の破砕衝→連撃の間に挟み込みます

双竜脚 →(陰陽闘気斬)→ 双掌打 →(紅蓮の極意)→ 破砕拳
連撃 →(踏鳴
双竜脚 →(桃園結義)→ 連撃 →(蒼気砲)→ 双竜脚 →(闘魂旋風脚)→ 連撃 →(羅刹衝)→ 双竜脚 →(陰陽闘気斬*)→ 連撃
~ここから基本のスキルまわしへ~
双竜脚 →()→ 双掌打 →()→ 破砕拳
→ ……


☆Point 紅蓮編の4-5では触れてなかったところ、変わったところは[New!]をつけてます
陰陽闘気斬は溜まったらどんどん使う
上のスキルまわし例で*をつけた陰陽闘気斬は運次第でもっと早く使えるようになります(自分のウェポンスキルがクリティカルしたときに確率で1たまる+桃園の効果を受けている味方がウェポンスキルや魔法を使うたびに確率で1たまる)。つまり、陰陽闘気斬を使える状態なのに使わないでいるとためることができたはずの闘気が無駄になってしまいます。
闘魂旋風脚や蒼気砲、羅刹衝よりも優先して使ってかまわないので、闘気のたまり具合に合わせて()の部分は入れ替えてください。

闘魂旋風脚蒼気砲は使えるようになったらすぐ使う
45秒ごとに使える闘魂旋風脚と、30秒ごとに使える蒼気砲は毎回すぐに使えば2回、もしくは3回に1回はリキャストタイムが90秒の紅蓮の極意・桃園結義・踏鳴を使ったバースト中に使うことが出来ます。使えるようになったらすぐ使っていきましょう。
[New!]アビリティが複数同時に使える状態での優先度は陰陽闘気斬>蒼気砲>闘魂旋風脚>羅刹衝です

羅刹衝は状況次第で1回分残しておく
羅刹衝はモンクの貴重な移動手段です。もちろんバースト中に2回使えればそこでのダメージは稼げますが、そのあと敵から離れて、また元に戻って……をすべてそのまま走り回るとその分攻撃できない時間が増えてしまいます。また、AoEを避ける方向を間違えたりしたときにこれで敵の足元まで一気に移動したら助かった、なんてことがあったりなかったり。

・次のバーストも開幕とおなじウェポンスキル、アビリティの順番で
[New!]スキル回しを順調に続けていければ、次に紅蓮の極意が使えるようになるタイミングがちょうど双掌打→破砕衝、の双掌打を打つ前のタイミングで使えるようになると思います。そのまま開幕と同じバーストまわしでバーストに入りましょう。
GCDが1.92とかになってくるとずれます!!

紅蓮の極意にはできればディレイをかけて
ディレイとは「アビリティを使えるようになったらすぐ使うのではなく、ちょっとだけ遅らせて使う」ことです。ここでいう使えるようになったら、というのはウェポンスキルを使った後のタイミングの事です。
ここでほんのりと紅蓮の極意を使うタイミングを遅らせることで紅蓮の極意の効果が乗った攻撃をより多く使えるようになります。具体的にはウェポンスキルのアイコンに表示されているGCDの時計表示が7時~8時あたりを指したところで使いましょう。このあたりで入れられるとグッド。

[New!]これができると踏鳴バーストが終わった後の破砕衝に紅蓮の極意と桃園結義の効果が両方かかったすごく強い破砕衝を使うことができます。ディレイをかける目的はこれなのでした。

☆tips
踏鳴効果中のウェポンスキルでは型バフが付与されないので、最大効率を目指すならバースト後は双竜脚→双掌打→破砕衝、と入れた後に基本のスキルまわしでの双竜脚と連撃を入れ替えたものにつなげていくのがいいです。ただ高難易度コンテンツ行ったりして最強のモンクを目指すんでもなければ誤差みたいなものなのでそのまま基本のスキルまわしにつなげてしまってそのスキルまわしと方向指定を安定させる方がいいです。

はい、じつはですね、『Lv70のスキルまわしと順番は何も変わらない』んです。ただスピードと陰陽闘気斬の手数が変わるだけなんですね。

ということで字数の都合で省略しますが妥協の6ウェポンスキルで1周にするとかでも基本的にここに書いていることと同じでできます。


正直、漆黒帯でのモンクは「6.0前に大改修を入れた分のしわ寄せでちぐはぐなスキルばっかりだなぁ」っていうのが私の印象です。良くも悪くもそのおかげでスキルまわしが大幅に変わって大変! といったことはないのですが。

それと、確実に5.2、5.3のモンクと比べて使っていてものすごくストレスフリーになり、疾風迅雷ゲージに振り回されなくなったのでリミットブレイクも柔軟に打っていけるようになり使い勝手はめちゃくちゃよくなっています。まあきっと6.0実装時の調整で漆黒帯のスキルもてこ入れが入るでしょう。きっと。

☆おまけ☆
スキルまわしとバーストを画像にまとめました。
・6ウェポンスキルで1セット
基本のスキルまわし


バースト


・18ウェポンスキルで1セット
基本のスキルまわし


バースト


~さいごに~
長々と読んでくださった方、ありがとうございました。
モンクとっつきづらいよ~、っていうのはよくわかるんですけど、一方でモンクのスキルまわしって本当にやることがほんとにかっちり決まっているので、一度身についてしまえばかなり無心でスキルを回せるジョブです。
これからモンクに手を出す人の助けになれば幸いです。

~編集履歴~
210611 作成・公開
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数