キャラクター

キャラクター

Hakuro Kaburagi

Valefor (Gaia)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

十六夜の月

公開
『 "ツクヨミ" マジ、パネーっす!! 』

LV70の討滅戦ともなると
いくら制限解除とはいえ、"へっぽこ"2人組では
ヤラレまくり…

削れない 耐えられない ギミックわからない

もう、詰んだね…

って、簡単に諦めてたまるかい!
何十戦しようが、倒すまでヤッてやんよ!
(素直にパテ募集すれば…なんて野暮は無しね)

戦うこと十数戦
"超える力"を有効活用させて頂き、何とかクリア
"邪道"なんて言わせない!これが、俺らのやり方だ!

ホントは体験メンバーさんもお誘いしたかったけど
インのタイミングが合わなかったのは…残念…

クリアタイムは "57:23"
ギリギリだったけど、その切羽詰まった感が好き

スサノオ、神龍、ツクヨミ…
もう、ヤバいくらい強いのばかりで楽しいわ
オラ、ワクワクすっぞ!


倒したあとのムービー
タバコとコーヒー
静かに流れる余韻に浸るのが好き

ヨツユの最期…
散々な悪事をしてきた者が死ぬんだから喜べと言うが…
彼女の悪意も憎しみも
"ツクヨミ"とともに散ってしまったようだった…

「ゴウセツが哀しむ」

そう答えると、白い顔に微かな笑みがよぎったように見えた


静かに時が流れていると感じられるときは
小さな幸せが訪れていると思うべきだ
他人から見れば笑われそうな、ほんの小さな出来事が
自分を、信じられない密度で満たしてくれる
そんなとき、もしも鏡を見れば
きっと自分は素敵な顔をしているのだろう
そして、やさしい目をしているにちがいない
嵐のように過ぎ去った時の流れを思い出しながら
ほんのささやかな小さな幸せを
味わう時間があってもいいんじゃないか
だれも傷つけることなく、慎ましく生きようとしている
自分へのご褒美だと思って…


『嗚呼……あの柿……おいしかった……かな……』

ゴウセツと本当の祖父と孫のように過ごした
短くも幸せの中にいた"ツユ"として彼女は逝った…

タバコを消し、窓から空を見上げた
そこには綺麗な"有明月"が滲んで輝いていた…
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数