キャラクター

キャラクター

Kyt Jin

Aegis (Elemental)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

初心者だけの・・・

公開
ゲーム時間を確保するため若い時の感覚で「寝る時間を削るしかねぇ!」といきまいてましたが、気が付くと壁に向かって永遠に走り続けてるお父さん光の戦士ことジンです。
(昔、親父が眠気に勝てんと言ってたことがようやく分かった)


さて、今回はプレイ日数1ヶ月半という初心者中の初心者である私、ジンが初心者について語ります。
初心者の方に是非、読んで頂きたいです。
(さて初心者と何回言ったでしょう)


初心者の特権

『初心者』(FF14でいうところの若葉)と聞いて皆さんはどのように捉えますか?
自分自身が『初心者』だったらどお感じますか?

「遊べるコンテンツが限られる退屈な時間だ」

「ワクワクしかない」

「仲間に迷惑をかけてしまうかもという不安感がある」

というように『初心者』というステータスをどお捉えるかは、人それぞれ分かれるのではないでしょうか。
僕は、この『初心者』というステータスは、ある種の特権だと思ってます。
なぜなら、初心者という時間や感情は、今この瞬間しか味わえないからです。
ゲーム習熟速度は人それぞれですが、いずれにしても長くプレイすれば知識や経験が身に付き初体験といえるコンテンツが少なくなりますよね。
どんなに初心者ぶってもコンテンツを初体験した瞬間の感覚は、同じコンテンツでは味わえないんです。
決してソレが悪いという話でなく、初心者でしか味わえないモノがあるよねって話です。
これって実は、原体験なんですが、昔あるMMORPGにどハマりして生活の大半を費やした時期あったんですね。(家庭崩壊の危機になり引退したことは別のお話)
僕にとって初めてのMMORPGだったそのゲームをより楽しむために僕が取った行動は、プレイ開始1ヶ月でギルドを設立して〔始まりの街〕的な場所でアカウント作りたてホヤホヤのプレイヤーを勧誘しまくって初心者だけのギルドを作りました。

初心者がギルドを設立した理由
①1人でゲームをお進める事が難しいと分かったから
②既存のギルドに加入して効率重視で初期コンテンツをサクサク進めたくなかった&既存のコミュニティに入っていけない天性のコミュ障

簡単にいうと僕のワガママギルドを作りたかったんです。
結果集まったのは、僕を含めて5人でした。
そんな初心者ギルドから得たことは、皆がサクッと通り過ぎるような初期コンテンツも初心者だけでやると無茶苦茶楽しかった!って体験です。

若葉(初心者)というコンテンツは、どんなにステータスが上がっても、どれだけ課金しても手に入らない今だけの特別なコンテンツなのではないでしょうか。というお話でした。

ココからは下心全開ですよ
さあ、皆さんココからはお察しの通りですよ。
勿論、この話をしたからにはFCしちゃいます。
初心者だけの名前も決まってないメンバーも居ない今から創るフリーカンパニー。

【募集要項】
・我こそは初心者だって方
以上
細かいルールは、おいおい考えればイイかなっておもってます。
(そんなユルくて大丈夫か?)

【こんな方にオススメ】
・上手い人と一緒だと迷惑かけちゃいそうで気が引ける
(むしろ僕方が迷惑かけるんで大丈夫です…大丈夫とは)

・じっくりプレイしたい
(一個一個ググりながら進めてるんでサクサク進められないんで大丈夫です)

・プライベートが忙しくてあまりログインできない
(僕も同じなんで大丈夫です)

わぁーなんて魅力的な募集なんでしょう(棒)
今回の募集で仲間が増えるかもだし、全く無反応で終わるかもしれない。
正直、めちゃくちゃビビってます。
でも、せっかくならFF14をより楽しみたいのでノミのような勇気を振り絞って「この指と〜まれ!」と言ってみました。
もし集まらない場合は、メンタルが耐えれる限り募集を続けようと思います。

共感いただけた方は、是非コメントまで。
(他の募集方法があるのかもしれないけど、それすら知りませんのでご容赦ください)

コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数