キャラクター

キャラクター

Zhloe's Friend

Ruka Stlfgel

Mandragora [Meteor]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 6

1-9)脱初心者!それっぽく忍者を使う方法(1)

公開
こんばんは。ルカです。


今回の記事は忍者の使い方講座になるんですが…実は前々から書こうと思っていた記事です。が…ちょっとした目標があって保留していました。



煉獄零式一層クリア!!

これを書きたくて頑張った。
最新の零式一層をクリアしていると、説得力が違うかな?という事で。と言っても、8人中僕以外がクリア者だったんで、出荷に近いですけどね(笑)。

という訳で、実績的なものを書きますと…

・【幻】アルテマウェポン(天文RE装備)
・【極】バルバリシア(リナシータ装備、マテリア禁断無し)
・【零式】パンデモニウム辺獄一層(天文RE装備)
・【零式】パンデモニウム煉獄一層(因果装備、IL619)
※木人:煉獄4級:20秒残し、煉獄1級:36秒残し


 この辺りが、僕がクリア出来ている、「高難易度」て言われるようなコンテンツです。「ガチ勢」ほどは使いこなせていません。が、「一通りの使い方は把握している」てのと、周りのサポートをもらいつつも「一応の火力貢献は出来る」という感じかな?と思います。

 忍者はメレー5種の中だと、使い易さの中では3番目とか2番目って言われる事が多いです。「印」の所為でとっつきにくい印象を持つ方も多いですが、慣れれば火力を出しやすく、かつ扱いやすいジョブかなと思います。
 今回は、いわゆる「色」や「最高DPS」を意識したものではなく、「IDやレイド等でロール相応に使いこなす」ことを目標にまとめてみました。(2)が有るかは分からないし、詳しいスキル回しは各種サイトを参照されたし!!


1)DPSの基本

【結論】
・まず死なない事を意識しろ
・アクションは落ち着いて押せ、特に「印」は落ち着いて押せ

クリックして表示クリックして隠す
1-1)まず死なないようにしろ!

 DPSはダメージを稼いでなんぼ…の存在ですが、それは特にメレー(近接物理)に任されています。そして、メレーは多くの場合、初期配置やギミック処理担当は、割と簡単な位置(=移動が少ない)に置かれる事が多いです。

 ですがDPS…に限らず、各ロールの第一の役目は「死なない」ことです。死ぬ事によるデメリットを整理しておきます。

・ヒーラーの負担が増える
・衰弱デバフが付く

 前者は単に「迷惑をかけるな」という話ではなく、「パーティをヒールする時間が減る(安定感が減る)→「ヒーラーが攻撃する時間が減る(倒す速度が減る)」→「ヒーラー自身がギミック処理をする時に負担になる(ミス原因になる)」→「ヒーラーLBが必要になる(時間切れの危険性が増す)」という、一連の連鎖を回避するためです。
 
 そして「衰弱」デバフですが、一度死ぬと攻撃力や防御力が低下するデバフが付与されちゃいます。「防御力低下」は、ヒーラーが全力でカバーしてくれる事が多いですが、「攻撃力低下」はどうにもならない。「時間切れ」が発生する高難易度において、メレーの衰弱は命取りになる場合があります。

 どうすれば死なないかと言うと、キチンと攻撃避けてギミックを処理しよう!って事なんですが…まずは見えている攻撃に当たらないようにしましょう。特に、明らかにAoEが見ているのに回避しない人は、とーーっても嫌がられます(笑)。
 戦闘は長引けば長引くだけミスの機会が増えます。攻撃を追求し過ぎて、AoEに被弾したり死ぬくらいなら、ギミック回避をする事を優先しましょう。ノーマルのIDやレイドなら、それだけでも十分です。「攻撃を突き詰める」のは、高難易度になってからでOK。

1-2)落ち着いて操作を

 忍者の場合、「印」を覚えるのが難しいと聞きますが、これは「慣れれば覚える」と思います。ホットバー的には、上から「天→地→人」みたく、順番に並べると覚えやすいかも?

 ですが、一番の注意は「焦って連打しない」事。回線状況などによっては、ラグが出る事がありますので、慣れない内は確実に「カン・カン・カン!」と落ち着いて順番を辿りましょう。焦ると「カン・カカン・カン!」と2つ連打しちゃったり「…カン!カン…」と1回目の入力が無効になったりしちゃいます。


2)忍者の基本

【結論】
・「風遁→隠れる→水遁→(活殺自在)→(ぶんどる)→だまし討ち」がスタート
・「土遁」はザコ戦用と割り切る
・「月影雷獣」は「牙」がお勧め。「爪でのクーリッシュ移動」は止めておこう

https://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/ninja/

クリックして表示クリックして隠す
2-1)「風遁→隠れる」が開幕基本

 忍者の最も基本的な行動は、「風遁」。この「風遁を切らさない」というのが基本になります。が、これ自体は決して難しい事ではありません。特に、レベルが上がると「強甲破点突き」や「風来刃」といったアクションで、風遁更新が楽になるからです。

 ただ、使い始めの人が知らないのは「隠れる」の効果。「隠れる」の一番の効果は「忍術ゲージの回復」です。忍術は2回撃ってしまうとゲージが空になってしまうので、風遁を撃つと1回分が使ってしまうのですが、「隠れる」事で、それを帳消しにできます。

 ですので、戦闘開始前は「風遁→隠れる」でスタート。これが基本です。IDや通常のレイドではタンクさんが開幕直ぐに挑発などで戦闘開始してしまう事が多いので、行動できるようになったら、すぐ「風遁→隠れる」を実行するようにしましょう。雑魚なら接敵する時(=攻撃前)に、ボスならボスエリアに入る前に、Nレイドなら、8人の輪っかが消えた頃ですね。

2-2)忍者はバーストにすべてを合わせる

 忍者は典型的なバーストジョブです。「バースト」と呼ばれる、「一番火力が出るタイミングにすべての行動を合わせる」…というのが基本行動。そこで重要なのが「活殺自在」「ぶんどる」「水遁→だまし討ち」という流れです。

 結論から言うと「ぶんどる」「だまし討ち」の後に「氷晶乱流の術」や「天地人」を始めとする強いスキルを全部固める、というのを守れば、火力はそれっぽく出ます。

 水遁は「だまし討ち」を撃つための条件、と覚えて下さい。そして、パッチ6.0で効果が入れ替わった「だまし討ち」と「ぶんどる」ですが、「だまし討ち」は自身に与ダメUPのバフ、「ぶんどる」は敵に被ダメアップのデバフ、を付与する効果です。

 これを踏まえて「水遁→(活殺自在)→(ぶんどる)→だまし討ち」の順番に撃つのが定番です。この間に基本コンボや薬を入れる事がありますが、まずは「だまし討ち」の後に入れるべきスキルを整理しておきます。

 一つは「活殺自在」からの忍術。これを「水遁の後」に発動しておきます。「活殺自在」は「忍術ゲージ消費無しかつ威力UPした忍術を発動できる」効果があります。順番を間違うと「パワーアップした水遁を無駄に撃つ」事になるので、「水遁→活殺」の順序は間違わないように練習!
 活殺自在の後に「氷遁」を発動すると「氷晶乱流の術」(Lv76~)という、威力1300のぶっ飛んだ高威力のスキルが撃てます。全ジョブ中でも屈指の火力が発揮できるタイミングですので、これだけは間違わない!というつもりで練習しましょう。ノーマルの氷遁?使いません。

 あと「天地人」という、忍術を3連発出来るスキル。これも重要ですが、天地人は「全部発動し切る前に移動するとキャンセルされる」という極悪仕様で、かつ、絶妙に移動が必要な時に使用タイミングが回ってきます。これを無駄なく、いつ発動させれば良いかは、実践でしか練習できません。順番は「手裏剣→雷遁→水遁」で発動させるのがほとんどです。

 「雷遁→月影雷獣牙/爪」と「六道輪廻」、分身後に使える「残影鎌鼬」も、一回でも多く、ぶんどるやだまし討ちの効果中に使います。「残影鎌鼬」は効果時間が長いので、上手く温存しても良いのですが、威力のあるスキルなので、個人的にはさっさと撃ってしまう方が良いと思います。


2-3)「土遁」は複数雑魚相手のみ

「土遁」というDot攻撃がありますが…これはボス戦相手には不要、というのが定説です。通常のジョブでは「黙っていてもダメージが入るDotは切らさない」のが定番ですが、忍者の場合は「貴重な忍術ゲージを消費してまで撃つのは勿体ない」と言われています。雑魚…特に、まとめ狩りの終点で撃ちましょう。

 地味な効果として、土遁には「ヘヴィ」という、敵の移動速度を落とす効果が付与されます。まとめ途中に撃ってしまうと、まとめたいのに敵がノロノロ動く…と、支障をきたすので、「土遁はタンクが立ち止まってから」が良いです。具体的には…

・ヒーラーがアサイラム等の陣を置いたタイミングで発動する
・暗黒騎士がソルトアースを置いた場所に被せる

 などを目安に置くと良いです。土遁自体は、「天地人」(手裏剣→火遁→土遁)の中で敷いても良いですが、慣れない内は「天地人」はボス戦に温存しておきましょう。

 ちなみに、土遁を使うボス戦はほとんど無いと思って良いと思います。最新だと「トロイアコート」の1ボス開幕に使ってみた事がありますが、「2回目以降の雑魚出現時にヘイトを取ってしまう」とか「ヘヴィ」が邪魔になってタンクが誘導しずらくなる」とか、弊害が多いです。

2-4)「牙」と「爪」どっちが良い?

 Lv90で習得する「月影雷獣牙/爪」。現行パッチ6.2では「爪には移動効果が付く」だけで効果は変わりません。正直、どっちでも良いんですが…

 個人的に「牙」使用をお勧めします。移動しない方。「爪」を使うと、せっかく安置に移動したのに「爪」を撃つことで位置がズレたりする事故を防ぐためです。また、「爪」を移動手段に使う…といったトリッキーな事は、あまりお勧めしません。


3)DPSを使いこなすために



木人を叩け!

とにかく叩け!特に手癖でスキルを回している人は、木人を叩く事で矯正をしろ!
日々のルレ(特にエキルレ/90ルレ)は全部、スキル回しの練習だと思って取り組め!

クリックして表示クリックして隠す
 おおよそのスキル回しは、先人によって研究され尽くしていますが、それぞれやり易い・やりにくいがありますし、立ち回りによっては「模範通り」に行かない事もあります。
 そんな時、木人なら「ここはこうした方が良いな…」と微修正しながらやり直す事が出来るし、ルレならスキル回しのミスくらいでは致命傷になりません
 
 いきなり完璧な回しをしようとするのではなく、まずは真似をしてみる。忍者ならまず、「風遁→隠れる、でボス戦を開始してみる」とか「活殺の後に強いスキルを入れる」程度からスタート。スモールスタートです。
 出来る事を増やしていけば、その「先人のスキル回し」が、どういう意図で構成されているのか、少しずつ分かるようになります。

 そして特に、「高難易度では理想の7割くらいでしか回せない」とした想定した上で、木人相手に理想の回しが出来るように練習しておきましょう。

 あ。木人討滅戦について一言。「高難易度コンテンツでは木人討滅戦クリアはほぼ必須」と想定した方が良いです。特にDPSは最低条件。タンクやヒラは事情が異なりますが、「静止している木人が倒せないなら、まだ高難易度に行けるレベルではない」程度の認識はしておいた方が良いです。

 ただ、上記は「高難易度をクリア/周回する」事に関してですので、「ちょっと見学してみたいなー」程度であれば、木人破壊はマストではありません。そこは自分の遊び方に従いましょう。

 キレイにスキル回しが出来るようになると、目に見えて火力が変わってきますし、上手い立ち回りが出来るようになれば、日々のコンテンツが楽しくなります。 



それでは、楽しい忍者ライフを!!
コメント(6)

Mon Goo

Mandragora [Meteor]

印を組む時は右手を上にすると魅力が!左手を上にすると社交性が上がるらしいぞ!

Mon Goo

Mandragora [Meteor]

おめでとういうの忘れてたw

クリアおめでとう!!

Sophia Lotus

Mandragora [Meteor]

雷遁は肩コリに効くそうです

Ruka Stlfgel

Mandragora [Meteor]

> Monさん
なるほど…印の組み方にも工夫があるんですね…でも戦闘関係無いですね!

> Sophiaさん
なんと…最近肩もなんですが、腕も凝るんですよ…戦闘全く関係無いですね!

Mitsuba Wistaria

Mandragora [Meteor]

え、風遁って戦闘開始前に使えるんですか???
(忍者Lv90)

Ruka Stlfgel

Mandragora [Meteor]

> Mitsubaさん
うん、むしろ戦闘前に使う忍術ですね。戦闘中に使うのは強甲取得前まで…これは戦闘関係ありますね!
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数