キャラクター

キャラクター

A'arc Okuy

the Blood Dragoon

Mandragora (Mana)

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローするには本人の承認が必要です。
フォロー申請をしますか?

  • 0

【ちょい読み!】私的プレイヤースタイル【プレイヤーについて】

公開
細々と続いているこの記事を見てくださっている貴方!
長く付き合ってくださってありがとうございます。


初めて私の記事を見る貴方!
ここが一区切りとなるので少し前の興味のある記事を見ていただけると嬉しいです。

今回触れるのはプレイヤーについて。
プレイヤーについて?どういうこと?と思われる方もいるかと思いますが、ロールプレイをやる上でプレイヤーについて知っておくことはかなり大事な部分になります。

この記事を読み終えた頃に、貴方の中に自身のプレイヤーとしての形が少しでも認識できれば成功です。

プレイヤーとは

プレイヤーとは、基本的にリアルの私達のことを指します。
アバターをプレイヤーキャラクターと呼ぶように、私達はFF14の世界にキャラクターを通して存在しているとも言えますね。

ですが、ロールプレイにおいてプレイヤーとは幾つかのスタイルを持つ者として認識されます。
今回はそれを見てゆきましょう。

プレイヤースタイル

プレイヤースタイル、これは最初の記事でロールプレイスタイルをご紹介しましたが、似て非なるものである事をまずは頭の隅に置いた状態でいてください。
ここで紹介するのは主にロールプレイに大きく関わる可能性の高いスタイルを3つほど紹介します。

ひとつめは『プレイヤーキャラクターは自分である』というスタイルです。

これはわかりやすく言うとプレイヤーキャラクターをそのまま自分の分身として認識している人です。
一般的なプレイヤーにも多く見られる傾向であり、うちの子やなりきりスタイルのロールプレイヤーから見ると相容れない存在です。
その理由については後ほど触れることにしましょう。

ふたつめは『PCは理想の自分である』というスタイルです。

これはプレイヤーキャラクターを理想の自分として作り、リアルの自分と可能な限り切り離している人が多いスタイルです。
ロールプレイヤーの中でも拘りのスタイルを持つプレイヤーに多く見られると私は認識しています。

みっつめは『プレイヤーキャラクターとプレイヤーは別人である』というスタイルです。

これはロールプレイヤーでもうちの子やなりきりスタイルのプレイヤーに多く見られるスタイルです。
リアルにある自分とプレイヤーキャラクターを切り離しているので、キャラクターとプレイヤーは等しい存在になりません。

ひとつめで触れた『プレイヤーキャラクターは自分である』のスタイルと非常に相性の悪いスタイルです。
理由としては『PC=自分』の考えと、『PC≠自分』の考えになりますので、根本的な部分で相容れない存在なのです。

このスタイルが会話をすると、かなりの混沌とした空間が出来上がるのはロールプレイに慣れていない方だとよく見られます。

こうなると相手に悪意がなくともお互いに認識の違いが大きすぎるので喧嘩や争いなどに発展することも聞く人に聞けばよくある話として出てきます。

しかし、手慣れたうちの子やなりきりロールプレイヤーであるとその場その場でプレイヤーとして話すか、キャラクターとして話すかを使い分けることが出来るので問題になることは少ないです。

余談となりますが『PCは理想の自分である』というスタイルはどちらに思考が近いかによってだいぶ形が変わります。
一概に合う合わないとは言えないので、その人の考え方を聞いた上で会話をするようにしましょう。




さて、何やら長くなりましたがいかがでしたでしょうか?
貴方の中にプレイヤーとしての形が少しでも出来ていたら最初に上げたとおり、この記事は成功と言っていいでしょう。

そういえば私のロールプレイスタイルはうちの子といったスタイルになります。
考え方としては『プレイヤーキャラクターとプレイヤーは別人である』の考え方になりますね。

このスタイルは生み出したキャラクターに深入りしすぎず、現実と夢の境目をしっかりと保つために私は必要なものだと思っています。
あとはうちのこやなりきりロールプレイヤーの中では一般的な考え方だと私は認識していますね。

ここまで幾つか私の持つ知識を記事にしてきましたが、これらの記事の最終目的は私達のようなロールプレイヤーを増やすこと。
つまり、一緒に遊べる仲間や友達が増えたらいいなという願望から書いてきたということです。


ただし、ロールプレイという遊びはネットの普及に伴い危険も伴う遊びになってきていると私は認識しています。
そのために少しばかり触れるとやけどしそうな部分もあえて記事にしました。

ロールプレイとは以前お話したとおり人と人のコミュニケーションにより成り立つ遊びです。
ですが、人というものは全員が全員善人と呼べるほど綺麗なものではありません。
私も含め絶対に信頼できるという保証はどこにもないのです。


もし、これらの記事を見て貴方がロールプレイに興味を持ち、ロールプレイを始めようと思ったのであれば私はそんな貴方に3つの言葉を贈ります。

アイディアはなにか形に残しなさい、メモでも何でもいい、形に残らなければそれは妄想でしか無い。

許せることは許しなさい、許せる範囲を広げれば、大抵はどうでもいい事だと気づける。
しかし、許さないことも時には大事な選択だ。


誰かの当たり前が自身の当たり前ではないように、自身の当たり前も誰かの当たり前ではない、常識を疑え。


では、よきロールプレイライフを。
コメント(0)
コメント投稿
フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数