キャラクター

キャラクター

White Knight

Eris Norris

Titan [Mana]

このキャラクターとの関係はありません。

フォロー申請

このキャラクターをフォローしますか?

  • 0

自分の音楽史、音楽観

公開
どうもどうも

エリスの中の人の蒼武です

今日はFFとはあまーり関係の無い自身の音楽史という話をしていきます

割と長いので、クラシックでも何かのサントラでも聴きながら

つらつらと書いていこうかなと思います



まず、幼少期の頃ですねー

父親の存在が自分の音楽観の地盤を形成したのかなーと思います

家にはキーボードがあり、父親はよく弾きながら歌っていました

学生時代には合唱部や吹奏楽部に所属し、フォークソング世代の父親

知り合いの子どもにピアノを教えたりもしていました

休日にはクラシック、特にオーケストラを聴いていましたし

国内外問わず、流行りの曲も早く取り入れて

よく旅行中には車内で流し、家で弾いて歌っていました

洋画などもよく見ていたので、その頃には洋楽に少しだけ興味を持ちました

たまにゲーム音楽なども弾いてくれたりして嬉しかった記憶があります

父親は邦楽の中ではミスチルが好きだったので他に比べて多めでしたがね

様々な曲に対して抵抗が無かったのは完全に父親の影響を受けたのでしょうね

幼心ながら、そんな父親を見ながら「自分には無理だ」と

完全にその道を諦めたのは早すぎた決断だと今では思いますねぇ。。



さてさて、そうやって色々な音楽に触れる中でも

やはりお気に入りというのは出てくるわけでして

とりわけ気に入ったのは当時「ビーイング系」と呼ばれていたもの

ビーイングという事務所に所属していたグループをそう呼びます

B’zやWANDS、ZARD、DEEN、FIELD OF VIEWなどがそうですね

邦楽の中で今でもよく聴くのはこの辺ですねぇ



そんな幼少期を経て

習い事ばかりの小学時代になると音楽から少し遠ざかります

殆ど休み無く(休日が年に1日だけ)習い事をしていたのと

就寝21時という家の厳格な決まりがあったので

音楽どころか、数年間世間と隔絶された状態

まー・・そういっても過言ではないレベルでした

20時過ぎに帰ってきて、風呂と飯でもう寝る時間だったので

宿題をやる時間とも隔絶されていましたがそれは別の話

とはいえ、このままでは色々とマズいと思ったので

学校で話題に食らいつこうと習い事の準備時間だけ

10分未満という短い時間ですがアニメを見ていました

如何せん、見てる時間が中途半端なので食らいつけなかったですけどもね

アニソンを多少聴くようになったのは、この時代の影響ですね



中学時代になると習い事からも解放されて、さらに解放されたのがこれ

『インターネット時代の到来』遂に来ちゃいましたね

いやはや、良い意味でも悪い意味でもネットから影響を受けました

フラッシュでBUMP OF CHICKENを知りましたね、アカンですけどね

でもまぁ、ビーイング系以外で今でも聴く数少ない邦楽ですねぇ

それに加え、良質なオリジナル曲やゲームのアレンジ曲などが公開されていました

あと、RPGツクール2000向けのMIDIとか一杯あって、漁るのが楽しかったですねぇ

あ、そういや兄貴の影響でゆずやスピッツも聴いていました

しかしまぁ、習い事から解放されたとはいえ剣道部や家庭教師などがあったので

ここまでは程々の距離感で接していられたのですがねぇ



さて、問題ありありの高校時代です

全てから解放されたので、完全に見境が無くなった時代です

インターネット漬けとでもいうのでしょうか

もう昼夜問わず、音楽を聴き漁っていました

muzieというアマチュア音楽家の為の音楽配信サービスサイトに行きついてからは

もう寝る間も惜しんで聴いて聴いて聴きまくっていました

聴いてた中でメジャーデビューした人達もいますね

Aqua Timez、fripSide、志方あきこさん、ヒゲドライバーさん、MintJam

上記の方々は特に聴いてたので、当時本当にビックリしてしまいました

とにかく、この頃に聴いていた音楽の幅は凄まじく

ケルト等の民族系やユーロビートに至るまで多種多様の音楽を聴いていました

アレンジだけでなく、ゲーム音楽の原曲の良さを知ったのもこの頃でしたねぇ

「アレンジから入るってアンタねぇ。。」と怒られそうですねぇ・・



しかし、一方で聴かなくなったジャンルもあります

それはレゲエやヒップホップ等・・まぁ、ラップとか・・ですね

理由は単純な怒りです

友達が後輩と音楽の話をしていたのですけども

その中で「レゲエとかヒップホップ以外は音楽じゃないっすよw」と

後輩に言われててですね、二度と聴かないと誓って現在に至ります

自分にとっては、飯よりも音楽の恨みというのは最上級の重みなのです



さぁ、大学生となってからは県内外の色んな人に出会います

ここでも音楽観を揺さぶられる事となります

その中でも、仲間内のオススメで洋楽と再会したのは大きな出来事でした

メロディーラインもJ-POPとは少し違ってて、すぐに好きになりました

英語は苦手でしたが、インターネットでは翻訳なんて転がってましたし

自分で意味を調べれば、時間は掛かるものの訳す事は出来たわけでして

いざ訳してみるとド直球な歌詞に打ちのめされて更に虜になりました

Daughtry, Simple Plan, NICKELBACK, Melee, Waking Ashlandなど

今でもよく聴く音楽はこの時に知ったのですよねぇ



社会人になって、少しマンネリという壁にぶち当たってしまいます

車の運転中、出張の移動中・・と、聴く時間が急激に増えたからですね

仕事の所為で調べる時間は減っていたので、中々解消されずにいました

色々と試行錯誤を繰り返して、ふと思い立って大学時代に流行っていた

ドラマ「JIN-仁-」のサントラを買って聴いてみたら存外良かったもので

ドラマのサントラに手を出し始めました

「トライアングル」というドラマのサントラは特にオススメですよ

cocoon, tailwind, ocean・・ここら辺りがめちゃんこ好きですねぇ



そして、今はというと・・

今までの総決算ってな感じで音楽を聴き漁っていますねぇ

Youtubeでもですし、購入した音楽でもそうですし

昔、ダウンロードしまくったオリジナル曲もそうですし

何より、FF14内で演奏が聴けるっていうのが楽しみになってますねぇ

きっかけをくださった、Risco and the Rabbits様は勿論の事

最近お邪魔させてもらっているララミス歌劇団様、Snowdrop Earrings様

他演奏者の方々にお礼申し上げます

フラッと現れるかもしれませんので、その時は宜しくお願い致します
コメント(0)
コメント投稿

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数