トピックス

ハウジングの抽選販売で発生している問題について(4/17):続報②

ファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクターの吉田です。

今朝、続報としてお知らせした『ハウジングの抽選販売で発生している問題について(4/17):続報』にて、吉田の作成したテキストの記述により、一部混乱を招いており申し訳ございません。

『抽選条件には非常に多くのパターンがあり』という記述により、「何か意図的な抽選方法を採用しているのではないか?」というお声などを頂戴しております。できるだけ急ぎ続報を、と考えたため表記の不確かさにより、大変ご迷惑をおかけしております。

結論から申し上げますと、こちらは『応募(条件)には非常に多くのパターンがあり』と書くべきところを、誤って『抽選条件』と書いてしまった吉田の大きなミスになります。パッチ6.1で実装となった土地購入権利の抽選は、単純なランダム関数を用い、『応募条件を問わず』にシンプルな処理にて行われております。

土地抽選の問題について、引き続き開発チームは総力を挙げて調査/検証中ですが、まだ根本の原因にはたどり着けておらず、今しばらくお時間をいただくことになりそうです。

抽選や結果表示が正しく行われている土地と、不具合の発生している土地が混在しており、

  • 内部抽選は正しく行われ、当選者も存在するのに当選番号が0と表示されるケースがある
  • 応募が1件しかないにも関わらず、応募者がいないと表示され当選されないケースがある
  • 複数人でのフレンドやFCメンバーでの応募なのに、当選者が存在しないケースがある

なぜ、このようなケースが発生しているのか、慎重な調査と対応を進めて参ります。なお、応募していただいた際の記録は消えたりしておりませんので、応募の有無は、こちらでデータベースサーバーのログから確認可能です。これらを参照しながら、落選したことにより応募時のギルを返還したかどうかは、その後の対応には影響がでないよう調査を進めております。問題によりご迷惑をおかけしておりますが、その点はご安心ください。

引き続き、調査/対応の続報があり次第、できるだけ速やかにお知らせいたします。ご不便とご迷惑をおかけしておりますが、よろしくお願いいたします。



※以下は長文となります。「表記ミス」の原因などについてご説明しておりますが、複雑ですので読み飛ばしていただいても構いません。

なぜ表記をミスしたのか、その原因や、そもそもの土地抽選の仕組み、そして、『応募(条件)の多くのパターン』とは何かについて、以下にご説明いたします。ただし、非常に複雑な内容となるため、理解しやすくするために、ある程度の例え話を含みます。また、すべての応募条件を列記し、その処理を記載することもできないことをあらかじめご了承ください。

土地購入権利の抽選方法について

土地の購入権利抽選は、例え話となりますが、非常にシンプルで簡単なものです。

  • 抽選される土地ごとに抽選応募用の白い箱が置かれている
  • プレイヤーは抽選に応募する際に番号が書かれたボールを渡される
  • プレイヤーは自分の番号が書かれたボールを白い箱に入れる(数字は他人と重複しない)
  • 応募締め切り後プログラムが白い箱からボールを無作為にひとつ取り出す
  • プログラムが選んだボールに書かれた番号のプレイヤーに土地購入権利が付与される(プログラムはその番号の持ち主がどんなキャラクターかを知りません
応募タイミングによる有利不利はなく、最終的に入れられた玉の数による完全確率抽選です。

『応募(条件)の多くのパターン』とは①(応募するキャラクター側の視点)

パッチ6.1で実装となった「土地購入の抽選処理」には、そもそも「抽選応募が可能かどうかのチェック」というものが多岐に渡って存在します。ざっとその条件パターンの一部を以下に記載します。

応募するキャラクター(A)の応募条件パターン
(同一アカウント内に別キャラBが存在)


  • 自分(A)も別キャラクター(B)も土地を所有していない
    ⇒このケースではAは土地抽選への応募可能
  • 自分(A)は土地を所有していて別キャラクター(B)は土地を所有していない
    ⇒このケースではAは”引越のために”土地抽選へ応募可能
  • 自分(A)は土地を所有しておらず別キャラクター(B)は土地を所有している
    ⇒このケースではAは土地抽選へ応募不可
  • 自分(A)は土地を所有しており別キャラクター(B)も土地を所有している
    ⇒このケースではAは”引越のために“土地抽選へ応募可能(※)

このように、FFXIVでは、キャラクター単体だけでなく、「同一アカウント内の別キャラクター」の土地所有状況も判断の上で、そもそも土地の抽選に応募可能かどうか、またそれは土地所有のためのものか、引越のためのものかなどを事前に判断し、これを『応募(条件)のパターン』として仕様化して判断をしております。

実際には、上記に加え所有している土地が、「フリーカンパニー用の土地なのかどうか」なども判断に加わります(権限はあるか等)。この処理は、「抽選をどのように行うか」ではなく、「そもそも抽選に応募できるかどうか」の処理になります。

(※)4月14日に実施した緊急メンテナンスは、このケースの条件にミスがあったため、それを修正するために実施したものです。引越であったとしても、応募できないケースがあることは、プレイヤーの皆さんの不利益が大きいと判断し、緊急メンテナンスをさせていただきました。

『応募(条件)の多くのパターン』とは②(応募される土地側の視点)

「抽選処理そのものには関係が無い」ものの応募される土地側にも、『応募(条件)』に非常に多くのパターンが存在しています。こちらは応募する側ではなく、応募される土地側の視点になります。

応募される土地(a)側から見た多くの「応募(条件)パターン」

  • 土地(a)には抽選応募が0件だった
  • 土地(a)には抽選応募が1件しかなかった
  • 土地(a)には抽選応募が複数件あった
  • 土地(a)には抽選応募が複数件あったがすべて同一フリーカンパニー所属
  • 土地(a)には抽選応募が複数件あったが応募プレイヤーの属性はマチマチである
  • その他多数のケース

お知らせの本文にも記載しましたが、現在発生している不具合は100%発生するものではなく、内部的には正常に抽選され、土地購入権利が正しく付与されている場合と、そうでない場合が混在している状態です。そして、その原因を探る際に、特定の条件が問題を誘発していないかどうか、あらゆるケースや思いもしない要因を、しらみつぶしに調べていく必要があります。上記の条件は、抽選処理上一切関係がないはずの「土地側から見た多くの応募(条件)パターン」です。しかし、不具合特定のための手掛かりになる可能性もあり、プログラムを信じるのではなく、不具合発生の傾向を探りつつ、これらに類似点がないか、問題の箇所を絞り込もうとしています。

この調査や推測、ログデータの分析、ケース分け調査の提案には吉田自身も参加しています。4月14日の緊急メンテナンスの際も、メンテナンスに踏み切るかどうかの判断のため、あらためて応募条件のパターンを確認して判断を行いました。今回の不具合では、処理には関係ないはずの「土地側から見た応募者属性のパターン」にも何か手がかりがないかと、吉田はそちらからのアプローチを行っています(空振りであっても、「関係が無いことが確実になる」ことは問題特定にとって重要だからです)。

不具合要因調査において、吉田は『土地側から応募者の属性を推察する』ことを担当していたため、頭の中が『土地=抽選する側』の思考となっており、急いで文章を書く際に誤って、『抽選条件には非常に多くのパターンが』と、「土地からみた抽選に参加したプレイヤー傾向(条件)」のように記載してしまいました。急いでいたとは言え、問題が発生しているからこそ、特に慎重に言葉を選ぶべきでした。混乱を招く表現となり、誠に申し訳ございません。

いずれにせよ、本件はこれまでに運営を続けてきた中でも、かなり規模の大きく、またプレイヤーの皆さんにとっても、楽しみにしていたハウジング土地追加/抽選システムだけに、特に重大な問題であると強く認識しております。再発防止に努め、その対策は追ってご報告致しますが、今は一刻も早く不具合の原因を特定し、修正/対応に全力を挙げて参ります。

このたびは、多大なるご迷惑をお掛けいたしておりますことを、あらためて深くお詫びいたします。引き続き、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

フォーラムモグステーション公式ブログ

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

表示種別
データセンター / ホームワールド
使用言語
表示件数