ゲームマニュアル

Last Update: 2019/10/29

プラットフォーム
Windows®
PS4
Mac

コンフィグ設定  [NEW]  [Updated]

ファイナルファンタジーXIVでは、コンフィグ設定から画面上の表示や操作、ゲームシステムの設定など細やかなカスタマイズが行えます。

選択したプラットフォームには対応しておりません。

コンフィグ設定とは?  [NEW]  [Updated]

キャラクターコンフィグ  [NEW]  [Updated]

ゲーム内の操作や表示内容など、キャラクターごとに変更が可能な項目の設定が行えます。

設定できる項目
操作モードの切り替え、操作設定、アイテム設定、ユーザーインターフェース設定、ネームプレート編集、ホットバー設定、チャットログ設定

システムコンフィグ  [NEW]  [Updated]

サウンドやディスプレイ設定など、ゲームシステムに関する設定が行えます。

設定できる項目
ディスプレイ設定、サウンド設定、グラフィック設定、マウス設定、ゲームパッド設定、カラーテーマ設定、その他の設定、アクセシビリティ設定

サウンドやディスプレイ設定など、ゲームシステムに関する設定が行えます。

設定できる項目
ディスプレイ設定、サウンド設定、マウス設定、ゲームパッド設定、カラーテーマ設定、その他の設定

コンフィグの確認/変更  [NEW]  [Updated]

コンフィグの表示方法  [NEW]  [Updated]

各種設定の確認や変更はメインコマンドにあるコンフィグ設定で行えます。

コンフィグの設定を変更しよう!
1. メインコマンドからシステムメニューを選択

メインコマンドからシステムメニューを選択します。

2. 「キャラクターコンフィグ」または「システムコンフィグ」を選択

システムメニュー内の「キャラクターコンフィグ」または「システムコンフィグ」を選択します。

3. 表示された「コンフィグ」で内容を確認

コンフィグ画面が表示されます。
必要に応じて設定を行いましょう。

コンフィグのバックアップ  [NEW]  [Updated]

ゲーム内で作成したコンフィグ設定やマクロ/ギアセット/ホットバーなどのデータは、現在ゲームをプレイしているクライアントに保存する為、別のクライアントに替えてゲームを始めたり、ネットカフェなどでプレイしたりすると、データが引き継げずに初期状態になってしまいます。

そこで、あらかじめデータをバックアップすることで、別のクライアントでも状態を復元することができます。
バックアップするには2種類の方法があります。

ゲーム内で作成したコンフィグ設定やマクロ/ギアセット/ホットバーなどのデータは、現在ゲームをプレイしているクライアントに保存する為、別のクライアントに替えてゲームを始めたり、ネットカフェなどでプレイしたりすると、データが引き継げずに初期状態になってしまいます。

そこで、あらかじめデータをバックアップすることで、別のクライアントでも状態を復元することができます。

ランチャーを使う  [NEW]  [Updated]

メインコマンドから「システムメニュー」を選択、もしくは[Esc]キーを押して「システム」メニューを呼び出し、「キャラクターコンフィグ」から変更することができます。

Windows®版、Mac版では、ランチャーをつかって設定データをバックアップすることができます。
バックアップしたデータはWindows®版、Mac版のどちらでも読み込みが可能です。これを利用して、Windows®版、Mac版で同じデータを移動することもできます。
※PlayStation®4版へのデータの移動はできません。

バックアップされる内容 ・パソコン上に保存された、全キャラクターのキャラクターコンフィグ
・パソコン上に保存された、全キャラクターのHUDレイアウト
・パソコン上に保存された、全キャラクターのホットバー/クロスホットバー
・パソコン上に保存された、全キャラクターのギアセット
・パソコン上に保存された、全キャラクターのマクロ(共通マクロを含む)
・パソコン上に保存された、全キャラクターのログフィルター
・パソコン上に保存された、全キャラクターのログカラー
バックアップ対象外 ・パソコン上に保存された、システムコンフィグ
・パソコン上に保存された、スクリーンショット
・パソコン上に保存された、キャラクターの外見データ
保存データのバックアップ
1. ランチャー上の「CONFIG」ボタンをクリック

ランチャー上の「CONFIG」から「保存データのバックアップ/復元」の起動ボタンをクリックします。

2. 「保存データのバックアップ/復元」の起動ボタンをクリック

「保存データのバックアップ/復元」の起動ボタンをクリックします。

3. 「バックアップ」ボタンを押し、バックアップデータを作成

「バックアップ」ボタンをクリックして、ファイルの保存先を選択してください。

バックアップデータを保存すると「FFXIVconfig.fea」というファイルが作成されます。

バックアップしたデータの復元

「復元」ボタンをクリックして、バックアップ時に作成した「FFXIVconfig.fea」を選択してください。

なお、「バックアップしたデータの方が古い場合は上書きしない」のチェックボックスでは、復元先のパソコンに保存しているデータよりも、バックアップしたデータが古い場合、古いバックアップデータが上書きすることを防止します。

もし、古いバックアップデータですべてのデータを上書きしたい場合は、チェックボックスをオフにしてください。

サーバーバックアップ機能を使う  [NEW]  [Updated]

サーバーバックアップ機能では、クライアントに保存されている設定データをバックアップサーバーに保存します。
この機能を利用した場合、Windows®版とMac版、PlayStation®4版での設定データの相互利用が可能になります。
サーバーバックアップ機能は、キャラクター選択画面から利用することができます。

1. クライアント共通設定データのバックアップ

UIの表示サイズやサウンド設定といったシステムコンフィグや共通マクロなどの「クライアント共通の設定データ」をバックアップサーバーに保存します。

バックアップされる内容 ・ディスプレイ設定
・サウンド設定
・入力デバイス設定
・アクセシビリティ設定
・共通マクロ
・その他(ムービー/カットシーンの各種設定情報)
バックアップ対象外 ・プレイ環境に依存する解像度やグラフィック設定、入力デバイスの設定など
2. キャラクター設定データのバックアップ

キャラクターコンフィグやHUDレイアウト情報、ホットバーやギアセットなどの「キャラクター固有の設定データ」をバックアップサーバーに保存します。

バックアップされる内容 ・キャラクターコンフィグ
・HUDレイアウト
・ホットバー/クロスホットバー
・ギアセット
・キーバインド
・ログフィルター
・ログカラー
・キャラクター固有マクロ
・ソーシャル(フレンドリストのグループ名称やコンタクトリストなどの情報)
・その他(トリプルトライアドやLoVMなどの設定情報)
バックアップ対象外 ・パソコン上に保存された、システムコンフィグ
・パソコン上に保存された、スクリーンショット
・パソコン上に保存された、キャラクターの外見データ
NVIDIA Corporation
Havok