OFFICIAL WEB SITE

グループポーズがさらに便利に!

こんにちは!
プロジェクトマネージャーたっくんです。

以前グループポーズについてブログで紹介しましたが、
その機能が、パッチ3.2でさらに便利になります!

というわけで、今日はグループポーズ機能の
パッチ3.2での追加・変更点についての紹介です!

 ※おさらい:グループポーズ機能の使い方
  チャットで「/grouppose」もしくは「/gpose」と入力
  毎回の入力が手間だなぁという方は、
  キーバインド設定も可能!


●その1 注視対象の変更
グループポーズの対象となっている対象をクリック(もしくは方向キーで選択)すると、
その対象をカメラの注視対象にできるようになりました。

複数で写真を撮る際に、
「自分ではなく、○○さんを中心に撮りたいのに......」
と思ったら、その人をクリックするか、方向キーで切り替えることが出来ます!

今までは常に自分中心だったのが......
JP20160216_1.png

自分以外の人を中心にして撮ることが出来るようになりました!
このようにミニオンが中心でもOKです!
JP20160216_2.png

●その2 構図の調整(注視角度の変更)
左スティックで、カメラの向きを変えられるようになりました。

このように、構図を変更することが出来ます。
JP20160216_3.png JP20160216_4.png

あくまでカメラの向きが変わるだけで、位置は変わらないので、
最後の調整などで使ってもらえればと思います。


●その3 ペットのグループポーズ対象化
ペットもグループポーズの対象になりました。

これにより、ペットも......
JP20160216_5.png

カメラ目線!
JP20160216_6.png

●その4 視線送りのON/OFF
グループポーズを使うと、基本的にカメラ目線になりますが、
Spaceキー(もしくは△ボタン)で目線のON/OFFを切り替えられるようになりました。

オフ......。
JP20160216_7.png

オン!!!
JP20160216_8.png

●その5 エモートアジャストへの対応
なでる、ハグなどのエモートをした際、
きちんと対象の位置に合わせるように対応しました。

ミニオンを愛でるような写真もこれでバッチリです!
JP20160216_9.png

以上5点が、パッチ3.2でのグループポーズ機能の追加・変更点です。
大きな変更ではありませんが、さらに使いやすくなったと思いますので、
ぜひぜひ冒険の合間の記念撮影の際にはグループポーズをご活用ください!

プロジェクトマネージャーたっくん

最近の記事