OFFICIAL WEB SITE

「ファイナルファンタジーXIV 必勝だるま」製造の裏側

こんにちは、宣伝のはまです。

「ファイナルファンタジーXIV 必勝だるま」をご予約・お迎えくださった皆さん、誠にありがとうございます!

販売前は「売れなかったら社内で売り歩くしかない!」と思っていましたが、予想以上の反響をいただき大変ありがたいです......! 3/18(金)から再販を開始し、「ナマズオバージョン」は上限数に達したため受付を終了させていただきました。(買えなかった方、申し訳ございません!)

「リミットブレイクバージョン 」は現在も予約受付中です。

本ブログでは感謝の気持ちを込めて、製造の様子や開発秘話をお届けします。
JP20220330_he_01.png
■■■制作の風景■■■

こちらは今回、製造をお願いしている「吉田だるま店」さん。
高崎で120年以上続く、歴史あるだるま屋さんです。(名前は偶然の一致です!)
JP20220330_he_02.png

だるまは、紙製の生地(ベース)を作ってから、一度全体を染め、さらに顔の部分に色を重ねて作られます。
JP20220330_he_03.png JP20220330_he_04.png

塗っては乾かし、塗っては乾かし...... という丁寧かつ時間のかかる作業。
なんと、ナマズオの顔はこちらの職人さんがひとりで担当してくださっています!
JP20220330_he_05.png

決して少なくない注文数、素人の私は想像しただけで気がふれそう......! 
しかし、さすがプロの職人さん。1つ1つに真心を込めて、的確にナマズオを生み出していきます。
JP20220330_he_06.png JP20220330_he_07.png

乾かして、描いて、乾かして。
最後に「一攫千金」の文字をもらって完成です!

■■■制作の裏側■■■

休日に図書館でだるまの歴史を勉強して「いざ、だるまを作らん!」と息巻いたものの、その後の道のりは険しいものでした......。

今だからお見せできる、監修第一ラウンド。
JP20220330_he_10.png

これはこれで、可愛い気がする...... けど、明らかに何かが違う...?!

悩んだ末に、ナマズオの生みの親・コンセプトアーティストの長嶺さんに相談したところ、「ナマズオがだるまの着ぐるみを被っているようなデザインにすればよいのでは」というアドバイスが。目からウロコとは、このことです。

そこからだるまの形や描き方について、半年くらい試行錯誤していました。
ナマズオの絶妙な顔の立体感や目鼻のバランスは難しい!

こちらはほぼ最終ですが、口角が下がりすぎで修正が必要だったバージョンです。
JP20220330_he_08.png (ある時から、監修写真にネコが映り込むように...... 癒し!!)

辛抱強く調整にご対応くださった「吉田だるま店」さんにも感謝です。

さらに、FFXIVの文字を冠したオシャレなだるまも作りたい、という気持ちからもう一種類デザインしていただきました。私が色について迷走していたところ、「黒地に金文字」とアドバイスしてくれたのは吉田Pです。

こちらは試作もスムーズで、イイかんじに仕上げていただきました!
JP20220330_he_09.png (ネコ様も満足げ)

ちなみに、全国でいろいろなだるまが作られていますが、両肩に文字が入っているのは「高崎だるま」の特徴といえるでしょう。「一攫千金」「限界突破」は宣伝チームでアイディアを募って決めましたが、他にも「安全第一」とか「生涯課金」とか、色々な案がありましたね......。

さらに、特設サイトのテキスト はリードストーリーデザイナーの織田さんに書いてもらいました。まだ見ていない人は、ぜひ読んでみてください!
JP20220330_he_11.png

***************

いろんな人に協力してもらって形になった本製品が、沢山のヒカセンの皆さんお迎えいただけて嬉しいです。

「リミットブレイクバージョン」のご予約受付は4/1(金)23:59までなので、ご検討中の方はお忘れなく!
※予約数が予定している製造数に達した段階で受付終了となります。追加製造が決定した際に、追加予約を行う場合があります。

今回ご注文くださった方には、FFXIVが新生9周年を迎える8/27頃にお届け予定です。いましばらくお待ちください。

宣伝 はま

最近の記事