OFFICIAL WEB SITE

ジョブHUDのシンプル版実装!


こんにちは。プロジェクトマネージャーUです。

プレイヤーのみなさんのかゆいところに手を届かせるべく
UI班一同が日々改修を続けているユーザーインターフェース(UI)ですが、
4.1からジョブHUDのシンプル版が実装されます!

■ジョブHUDシンプル版の基本情報
現在実装されている各ジョブのジョブHUDからデザイン性を極限まで減らし、
個数表記や数字表記に特化したシンプルなバージョンです。

・表示する項目はノーマル版/シンプル版で同じです。
・ジョブHUDのシンプル版は、蓄積するバフや効果の使用法ごとに
 以下3種である程度統一された見た目になっています。
  ▽各種ゲージ
  ▽最大まで貯めて使うタイプのもの
  ▽管理しながら戦うタイプのもの
・色は基本的にノーマル版を踏襲しています。

▽ゲージタイプの例:ナイトのオウスゲージ
20171004_yn_1.jpgHPやMPと同じ見た目のゲージバーで、
色は基本的にノーマル版を踏襲しています。
タンク3ジョブは、スタンスに応じてゲージの色が変わります。

▽蓄積数を管理しながら戦うタイプの例:モンクの疾風迅雷シンボル
▽蓄積物を最大まで貯めて使うタイプの例:モンクの闘気シンボル
20171004_yn_2.jpg

■ノーマル版/シンプル版の切り替え方法
HUDレイアウト画面>ジョブHUDの「個別HUD設定」から
表示の切り替えが行えます。
※表示切り替えを行いたいジョブにジョブチェンジしておく必要があります。

20171004_yn_3.jpg
切り替えは、テキストコマンド
/jobhudmode
でも行えます。
ジョブHUDが2種類あるジョブの場合、
/jobhudmode [番号]
と入力することで、どちらのHUDの表示を切り替えるか選択可能です。

20171004_yn_4.jpg召喚士の場合は、
/jobhudmode 1:エーテルフローシンボルの表示切り替え
/jobhudmode 2:トランスゲージの表示切り替え となります。

20171004_yn_5.jpgちなみに、学者の場合は
ジョブHUD1がエーテルフローシンボル、
ジョブHUD2がエーテルゲージ です!


■ジョブHUDの設定、レイアウトについて
ノーマル/シンプルの切り替えは、ジョブHUDごとに保存が可能です。
黒魔道士のときはノーマル版、占星術師のときはシンプル版......
というようにジョブ別に使い分けることはもちろん、
HUDが2種類あるジョブの場合はそれも別々に設定できます。
20171004_yn_7b.jpgたとえば機工士なら、このスクリーンショットのように
ヒートゲージはシンプル版、特殊弾シンボルはノーマル版、
というような設定が可能です。

20171004_yn_6.jpg機工士のヒートゲージには、
4.1からホットショット効果時間が表示されるようになります。
こちらもノーマル版/シンプル版の両方で表示されます。

侍、モンクなど、2種のジョブHUDがあるものはすべて別設定可能です!

ノーマル版/シンプル版の設定は
HUDレイアウト1~4でもそれぞれ別に保存可能なので、
用途に合わせて使い分けてみてもいいかもしれませんね。

シンプル版ジョブHUDはもちろん全ジョブに実装されます!
シンプル版ジョブHUDの全貌は、ぜひ4.1リリース後にその目でお確かめください!


プロジェクトマネージャーU

最近の記事