OFFICIAL WEB SITE

FF14バックステージ調査隊 第6回~第10回の振り返り

20221003_mm_01.png

20221003_mm_02.png20221003_mm_03.png  

こんにちは。宣伝チームのはまみやみやです!

  

20221003_mm_03.png  

この「バックステージ調査隊」の活動開始から早2年......見逃している回がある人もいるかも?ということで、私たちと一緒に振り返っていきましょー!

  

20221003_mm_02.png  

第1回から第5回までの振り返りはこちらをご覧くださいね。

  

  

★第6回:コミュニティチーム 加藤岳志さん

20221003_mm_04.jpg

20221003_mm_03.png  

加藤さんの調査では2021年に実施した「デジタルファンフェスティバル」のことを中心に、普段のコミュニティチームのお仕事についてや、去年の「14時間生放送」のこともお話ししてもらったよ。

  

20221003_mm_05.jpg  
20221003_mm_02.png  

コロナ禍で初のデジタル開催になったわけだけど、あらためて「ファンフェスとはどうあるべきか?」というところに立ち返って、新しい形のイベントを実現させるまでの奮闘が伺えたわね。

  

20221003_mm_03.png  

10月8日(土)の「14時間生放送」も詳細が発表されたし、今年もとっても楽しみだねっ!!

  

  

★第7回:リードテクニカルアーティスト 岡久達哉さん

20221003_mm_06.png

20221003_mm_02.png  

岡久さんからは、アーティストのための作業効率化や仕様づくりをしている「テクニカルアーティスト」のお仕事についてお話を伺ったわね。

  

20221003_mm_03.png  

例えば防具の種族変形を自動で行えるツールを用意することで、ベース作業を効率的に済ませられるようにしていることとか、FFXIVが定期的なアップデートを続けるうえですごく大事なコトをしてくれてることが分かったよ!

  

20221003_mm_02.png  

FFXIVのように限られた時間のなかで新しい挑戦を続けていくチームにとって、開発環境を相談できる頼もしい存在ね。他にも水中アクションの仕様づくりのお話も興味深かったわ。
  

20221003_mm_0708.png

20221003_mm_03.png  

TAさんたちがいなければ海の底にある集落に行くことも、無人島で珊瑚や海水魚を採ることもなかった......ってコト!?

  

  

★第8回:VFXアーティスト 石井隆康さん

20221003_mm_09.png

20221003_mm_02.png

  

石井さんからはエフェクト、特にプレイヤーやモンスターまわりのエフェクト=バトルVFXについて詳しく伺ったわね。

濃厚なゲーム体験をお届けするために欠かせない要素の一つであることを、あらためて再認識したわ。

20221003_mm_03.png  

数あるバトルアクションのエフェクトも、ジョブの個性を出せるよう考え抜かれていたね!

あとは、蛮神武器や絶武器のキラキラエフェクトとかもっ!最近追加された「万魔殿パンデモニウム:煉獄編」の装備とか、「ティターニア」の武器とかもとっても綺麗だよね!素敵なのが多くて迷っちゃう♪

20221003_mm_10.png

20221003_mm_02.png  

ふふ、魅力的なデザインのおかげで、クラフター的には"光る蛮神武器"にだいぶ稼がせてもらったわ(ニッコリ)。

  

20221003_mm_03.png  

(自分が持ってるフェアリーキングコーデックスを見る)はっ......はまさんの銘やぁぁ!

  

  

★第9回:ローカライズチーム 前編後編

20221003_mm_11.png

20221003_mm_12.png

20221003_mm_13.png

20221003_mm_02.png  

第9回ではローカライズチームから、英語リードのポールさん、ドイツ語リードのパメラさん、フランス語リードのオディロンさんにそれぞれお話を伺ったわね。

自己紹介としてFFXIVのお仕事に就くまでの経緯を聞いたのだけど、とても面白かったわ!

20221003_mm_03.png  

ゲーム内テキストの翻訳以外にも、カットシーンのアフレコに使用する台本の翻訳、世界設定本、グッズのネーミングなどなど、幅広く担当されているんだよね!

20221003_mm_14.pngモノによって翻訳の書き口も変えていたりと、目的に応じてアプローチの使い分けをしていることにも驚いたよぉ。

20221003_mm_02.png  

後編では皆さんのお気に入りのシーンについても伺ったの。ぜひ一緒に想い出を振り返りながらご覧くださいね。

  

    

★第10回:キャラクターコンセプトアーティスト 塚本哲さん

20221003_mm_15.png

20221003_mm_03.png  

塚本さんは、まず代表作を絞るのがツラかった!!!と言うくらい、これまでに素敵なデザインをたくさん手掛けられていて。泣きながら、そしてヨダレを垂らしながらチョイスしたよぉ~。

20221003_mm_16.png※画像をクリックすることで拡大できます

20221003_mm_02.png  

それはたくさん水分が出たわね。これまでのデザインの裏話がおもしろかったのはもちろん、発想の方法もすごく勉強になったわ。

  

20221003_mm_03.png  

あとは「輝ける神域 アグライア」に登場した「商神ナルザル」様の設定画も初公開させてもらったよ!まだ見てないよーって方は、ぜひ記事をチェックしてみてくださいね(≧▽≦)

  

*****

20221003_mm_02.png  

今回の振り返りも盛りだくさんだったわね。光の戦士の皆さんにも楽しんでいただけていたら嬉しいわ。

  

20221003_mm_03.png  

引き続き、感想やFFXIV開発/運営チームに関して興味のあることなど、ぜひぜひ教えてくださいね!

  

宣伝チーム はま、みやみや

最近の記事